2022注目の内野手

黒川凱星(学法石川)はセンス抜群|京葉ボーイズ出身の鉄壁野手

強豪・京葉ボーイズの主力で活躍し、2020春からは福島の学法石川に進路を決めた黒川凱星(読み方は「くろかわ かいせい」)選手。

抜群の安定感を誇る鉄壁の守備と、シャープなバッティングで注目を集めている内野手です。

小学時代は千葉ロッテマリーンズジュニアにも選出され、中学では全国優勝の京葉ボーイズで主将も務めていましたね!

学法石川でもチームの中心選手への成長が期待される、黒川凱星選手を特集していきましょう。

参考:学法石川の2020新入生は?攻守に粒ぞろいで福島を沸かせる!

黒川凱星は小学で千葉ロッテマリーンズジュニア出身

右投げ右打ちの黒川凱星選手は小学生の頃、軟式野球チームの検見川クラブで野球を始めました。

当時から野球センスは光るものがあり、小学6年時には千葉ロッテマリーンズジュニアに選出。背番号13を背負い、千葉ロッテマリーンズジュニアのベスト4に貢献しました。

このときのチームメイトには中学でも共に戦った、常総学院の伊藤地宏投手もいましたね!

高校でもそれぞれ強豪に進んでいるだけに、甲子園での再会には注目したいところです。

Sponsored Link

黒川凱星の中学時代は京葉ボーイズで全国優勝

主将で全国制覇

黒川凱星選手は中学への進学後には、中学野球の強豪・京葉ボーイズに所属していました。

京葉ボーイズでも早い時期から頭角を現し、中学3年時には主将としてチームを牽引。

全国大会で春夏連覇を果たしたほかジャイアンツカップにも出場するなど、世代屈指の強豪チームをまとめていたのは見事ですよね…!

学法石川ではプレーではもちろんのこと、強豪チームを引っ張っていたリーダーシップにも期待です!

東日本選抜にも選出

京葉ボーイズの主将として活躍していた黒川凱星選手は、高い実力が評価されて、鶴岡一人大会の東日本選抜にも選出されています。

攻守におけるセンスの良さは抜群で、グラウンド上で華があるプレイヤーなんですよね…!

京葉ボーイズでともに中心選手として活躍した海老根優大選手は大阪桐蔭へ進路を決めていますから、この二人は高校でも全国でぜひ競演してほしいです。

参考:海老根優大(大阪桐蔭)は中学日本代表|ホームランに期待の怪物野手

Sponsored Link

学法石川・黒川凱星は鉄壁の守備力に注目

学法石川でも内野の要として期待が高まる黒川凱星選手ですが、ショートで見せる鉄壁の守備には注目です。

守備の中でも光っているのが巧みなグラブさばきで、難しい打球でも難なく処理するプレーは圧巻でした。

また、京葉ボーイズでは投手も務めており、肩の強さを活かしたスローイングは高校でもさらに磨きがかかるでしょう。

中学時代に東日本選抜でチームメイトだった前橋育英・横倉拓実選手らと並び、世代トップクラスの守備力には大いに期待したいところ。

即戦力として起用されるだけの実力は十分に秘めていますから、学法石川でも早い時期から試合経験を積み、自慢の守備力で高校野球ファンを沸かせてくれるのが楽しみです!

参考:横倉拓実(前橋育英)は守備で魅了|桐生ボーイズの逸材は攻守に注目

Sponsored Link

黒川凱星は打撃でも学法石川の武器になる

ミート力の高さ

世代トップクラスの守備力に注目が集まる黒川凱星選手ですが、打撃面での能力の高さも見逃せません。

左右に打ち分ける優れたミート力の持ち主で、中学時代には五番を任されていたことも。

身長175cm・体重64kgと体格的にはまだまだ伸びしろがありますし、高校で身体ができてくれば長打もさらに増えることは間違いありません。

学法石川でも打線の中心になれるだけの実力は秘めている右打者ですから、バットでも存在感を示してほしいものです。

俊足で盗塁も

高いミート力にくわえ、俊足も大きな武器になっている黒川凱星選手。

京葉ボーイズでも出塁時には高い確率で盗塁を決めており、俊足はもちろん、投手のモーションを盗む能力にも長けています。

さらに守備でも広い守備範囲や、弱い当たりへのチャージなど、随所にスピード感溢れるプレーを見せてくれる選手ですね!

同世代にはヤングリーグで東日本選抜だった上野洸明選手もいますし、学法石川はこれから更に楽しみなチームになりそうです…!

黒川凱星選手には東北から高校野球を盛り上げてくれる活躍に期待して、今後の成長も応援していきたいと思います。

参考:上野洸明(学法石川)はホームラン期待|中学で東日本選抜の長距離砲

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック