2022ドラフト投手

渡辺夏一(霞ヶ浦)は球速に注目|北海道選抜も経験の本格派右腕

北海道の強豪・札幌北シニアのエースで活躍し、2020春からの進路を霞ヶ浦に決めた渡辺夏一(読み方は「わたなべ かいち」)投手。

球速140キロに迫るストレートを武器にする本格派右腕で、力強いスイングを見せるバッティングにも注目です。

札幌北シニアでは日本選手権の北海道大会でチームを3位に導き、北海道選抜にも選出されていましたね!

霞ヶ浦でもエース候補として期待される、渡辺夏一投手を特集していきましょう。

渡辺夏一の中学時代は札幌北シニアで北海道選抜

右投げ右打ちの渡辺夏一投手は札幌市立星置東小学校の出身で、小学2年のときに少年野球チーム・星置レッドソックスで野球を始めました。

当時から抜群の野球センスでエースを任されるなどチームを牽引し、6年時にはホクレン石狩支部予選・準優勝の成績を残していますね。

また中学への進学後には硬式野球チームの札幌北シニアに所属。

札幌北シニアでも恵まれた体格を活かした本格派の投手として活躍し、日台親善野球大会の北海道選抜にも選出されていました…!

中学時代の北海道選抜では花咲徳栄に進路を決めた前田空選手とチームメイトでしたから、関東大会や甲子園で、北海道出身同士の激突が観られるかもしれません。

Sponsored Link

霞ヶ浦・渡辺夏一は球速に注目の本格派

霞ヶ浦でも投手陣の柱への成長が楽しみな渡辺夏一投手ですが、強みであるストレートの球速に注目です。

中学時代にすでに最速138キロをマークしており、高校でも早い段階で球速140キロを超えてくるでしょうね…!

渡辺夏一投手は中学3年のシーズン終了から高校入学前の3月前までに「質の高い140キロ」を目標にしてトレーニングに取り組んでいました。

身長180cm・体重82kgと体格的にも今後の伸びしろは十分で、「高校卒業までに球速150キロ」を目標に掲げているあたりも頼もしい限りです。

霞ヶ浦の同世代には赤羽蓮投手ら好投手が揃うため、切磋琢磨してステージを上げていってほしいところ。

スケールの大きな投手ですから、高校での伸びしろにも期待していきましょう。

参考:赤羽蓮(霞ヶ浦)は球速に期待|中学全国ベスト4右腕は将来性抜群

Sponsored Link

渡辺夏一はバッティングでも霞ヶ浦の戦力に

中学時代に北海道屈指の右腕として注目を集めていた渡辺夏一投手は、一方でバッティングの良さも見逃せません。

プロ野球選手のスイングスピードの平均が140キロと言われている中で、中学時代で147キロを計測。

マウンドで見せる馬力はもちろんのこと、打席でも存在感を放ってくれそうですよね…!

霞ヶ浦には1年の2019夏に甲子園出場を果たした飯塚恒介選手など巧打者が揃っていますから、渡辺夏一投手には打撃でもチームに貢献してほしいところです。

恵まれた体格で将来性を感じさせる選手だけに、投打で霞ヶ浦の軸に成長してくれることに期待しています!

参考:飯塚恒介(霞ヶ浦)は中学で東日本選抜|抜群の打撃センスは既に全国区

Sponsored Link

渡辺夏一は霞ヶ浦からドラフトにも期待

札幌北シニアではエースを任されるなど主力で活躍し、北海道選抜にも選出された渡辺夏一投手。

投打にパワフルなプレーは見もので、高校でも早くから茨城のファンを沸かせてくれるのではないでしょうか。

2019ドラフトで3位指名を受けてプロ入りした鈴木寛人投手に続いて、高卒でのドラフトも楽しみな本格派ですから、霞ヶ浦での飛躍も見守っていきましょう。

同じく茨城の常総学院には好左腕・伊藤地宏投手がいるため、左右の注目投手の投げ合いにも大いに期待したいと思います!

参考:伊藤地宏(常総学院)は投球術に注目|京葉ボーイズの左腕は全国屈指

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック