2022注目の投手

赤羽蓮(霞ヶ浦)は球速に期待|中学全国ベスト4右腕は将来性抜群

中学時代には江戸崎ボーイズの主力として活躍し、2020春からは霞ヶ浦に進路を決めた赤羽蓮投手。

180cmを超える長身から投げ下ろすストレートは威力抜群で、将来が楽しみな本格派右腕です。

江戸崎ボーイズではエースを務め、全国大会ベスト4にも貢献。ボーイズ北関東選抜にも選出されていましたね!

球速140キロに迫るストレートを武器に霞ヶ浦でも投手陣の一角として期待されている、赤羽蓮投手を特集していきましょう。

参考:霞ヶ浦の2020新入生は?投打に充実で茨城の優勝争いに大注目!

赤羽蓮は中学の江戸崎ボーイズでも注目選手

全国大会ベスト4に貢献

右投げ右打ちの赤羽蓮投手は小学生の頃、硬式野球チームの竜ヶ崎リトルで野球を始めました。

中学への進学後は強豪の江戸崎ボーイズに所属して、早い時期から投手陣の一角に成長。

中学3年時にはエースを任され、江戸崎ボーイズの全国ベスト4にも大きく貢献していました。

ちなみに全国大会の準決勝で敗れた相手は千葉の京葉ボーイズで、常総学院に進路をとった好左腕・伊藤地宏投手がいたチームです。

高校でも共に勝ち進めば、茨城で投げ合う機会も出てくるでしょうね…!

北関東選抜にも選出

江戸崎ボーイズの主力で活躍していた赤羽蓮投手は実力が高く評価され、ボーイズの北関東選抜にも選出されていました。

北関東選抜では江戸崎ボーイズのチームメイトだった、石川大翔選手らと共に主力で活躍していましたね!

前述の伊藤地宏投手同様、石川大翔選手は常総学院へ進路を決めていて、高校ではライバルとして甲子園を争うことになります。

赤羽蓮投手は県内でも屈指の右腕に成長するでしょうから、今後も茨城の高校野球は熱くなりそうですね…!

参考:石川大翔(常総学院)は俊足巧打|中学の江戸崎ボーイズでは関東選抜

Sponsored Link

霞ヶ浦・赤羽蓮は球速に注目の本格派

江戸崎ボーイズのエースだった赤羽蓮投手の武器は、やはり力のあるストレートでしょう。

186cmの長身から投げ下ろす角度のある直球は抜群の威力を誇っていて、中学時代に最速138キロをマークしています。

中学時代はそのストレートを軸に相手を圧倒し、世界大会のトライアウトにも推薦されるなど進路が話題になる投手の一人でした。

赤羽蓮投手は長身である一方で線が細く、体格的にもまだまだ伸びしろを感じさせますね…!

同世代には北海道選抜の本格派・渡辺夏一投手もいますし、霞ヶ浦のエース争いからも目が離せません。

参考:渡辺夏一(霞ヶ浦)は球速に注目|北海道選抜も経験の本格派右腕

Sponsored Link

霞ヶ浦・赤羽蓮は縦の変化球も見もの

球速140キロに迫るストレートを投げる一方で、落差のある変化球でも打者を翻弄している赤羽蓮投手。

主な球種はカーブとフォークを投げ分けていて、特に低めのフォークは打者としても非常に厄介なボールと言えるでしょう。

ストライクゾーンの高低が使えるのは大きな魅力ですし、角度のあるストレートとの相性も抜群ですね…!

打者の目線を変えるカーブも非常に有効なボールですから、緩急が使えるようになると、よりピッチングの幅も広くなりそうです。

Sponsored Link

赤羽蓮は霞ヶ浦でも投手陣の軸として期待

江戸崎ボーイズではエースを務めて全国ベスト4に貢献し、霞ヶ浦でも投手陣の中心を担うであろう存在として注目されている赤羽蓮投手。

186cmの長身はマウンドでの大きな武器になっていますし、角度のあるストレートは高校でも十分に通用するでしょうね!

高校でさらに覚醒する可能性も十分ですから、将来を楽しみにしてこの先も追いかけていきましょう。

赤羽蓮投手が球速150キロの大台を突破してくれることにも期待しつつ、霞ヶ浦での飛躍に注目です!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック