2021ドラフト野手

宮下隼輔(大阪桐蔭)は強打に注目|中学日本代表の次期主軸候補

2019春に大阪桐蔭に入学し、次世代の四番候補として注目を集めている宮下隼輔(みやした しゅんすけ)選手。

抜群の長打力にくわえて、広角に鋭い打球が打てる技術も兼ね備えた右の長距離砲です。

小学時代は中日ドラゴンズジュニアで、中学時代はボーイズ日本代表で四番を務めるなど、申し分ない実績を残してきた世代屈指のスラッガーですね!

次世代の大阪桐蔭を引っ張っていく存在としても注目の宮下隼輔選手を特集していきましょう。

参考:大阪桐蔭の2020新入生は?メンバーは逸材揃いで過去最強との声も

宮下隼輔の小学時代は中日ドラゴンズジュニア出身

右投げ右打ちの宮下隼輔選手は小学生の頃、地元の少年野球チーム・東海オーシャンで野球を始めました。

小学時代からチームの中心で活躍しており、6年時には中日ドラゴンズジュニアのメンバーにも選出されています。

マリーンズジュニア戦では左中間を破るタイムリーを放つなど、中日ドラゴンズジュニアの四番として活躍。

中日ドラゴンズジュニアの7年ぶり2度目の優勝に大きく貢献しましたね!

当時から小学生とは思えない長打力を発揮し、大きな注目を集めていた宮下隼輔選手。

中日ドラゴンズジュニアでは横浜高校で活躍を見せる強肩捕手・立花祥希選手ともチームメイトでしたし、全国の舞台での対戦にも期待したいところです!

Sponsored Link

宮下隼輔は東海中央ボーイズで中学日本代表

宮下隼輔選手は中学への進学後、硬式野球の強豪・東海中央ボーイズでプレーしていました。

東海中央ボーイズでも早くから頭角を現し、中学2年時には主力として全国大会出場に貢献。中学3年時にも全国大会に出場するなど、四番としてチームを牽引していました。

さらに2018夏にはポテンシャルが高く評価され、ボーイズ日本代表にも選出。

オーストラリアで行われた世界少年野球大会に出場し、ハワイ戦では2本の二塁打を放つなど、日本代表の四番で準優勝を果たしています。

1学年上でドラフト注目の中京大中京・印出太一選手らとは中学時代に強力打線を組んでいましたから、甲子園での激突もぜひ観たいものです…!

Sponsored Link

大阪桐蔭・宮下隼輔は豪快なバッティングに注目

大阪桐蔭の主軸候補として期待がかかる宮下隼輔選手ですが、長打力が魅力のバッティングは見ものです。

ガッチリした体格から繰り出すスイングは力強さがあり、中学時代から打球速度は群を抜いていました。

一部では中日に2019ドラフト1位で入団した石川昂弥選手(東邦)を上回るとの声もありますし、右打席での威圧感は圧倒的なんですよね…!

宮下隼輔選手は中学時代から全国大会や日本代表を含め、大舞台も数多く経験していて、勝負強いバッティングも光ります。

ドラフト期待の池田陵真選手らと共に大阪桐蔭の次世代を担う打者であることは間違いないですから、今後の飛躍には大いに期待していきましょう。

参考:大阪桐蔭・池田陵真は右の森友哉|中学日本代表の四番は主軸に座るか

Sponsored Link

宮下隼輔は大阪桐蔭からドラフトにも期待

小学時代は中日ドラゴンズジュニアで、中学時代はボーイズ日本代表の四番を務め、大阪桐蔭の主軸候補としても大きな期待を背負っている宮下隼輔選手。

世代トップクラスの打力を誇ることは間違いなく、これから確実に頭角を現してくるでしょうね…!

前田健伸選手らと共に2021ドラフトも期待の逸材だけに、高校野球ファンを大いに沸かせてほしいところ。

甲子園のスターになれる可能性は十分に秘めている選手ですから、注目の右スラッガーとして今後も追い掛けていきたいと思います!

参考:前田健伸(大阪桐蔭)は中学通算30発|スポーツ大将も出演の大砲に注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック