2022注目の投手

橘本直汰(智弁和歌山)はキレが凄い|中百舌鳥ボーイズ出身の注目左腕

2020春から名門・智弁和歌山に進路をとった、中百舌鳥ボーイズ出身の橘本直汰(読み方は「きつもと なおた」)投手。

直球・変化球ともに抜群のキレを誇る期待のサウスポーで、完成度の高さが光ります。

中学時代から多彩な球種を操っていましたが、小学では阪神タイガースジュニアも経験している投手なんですよね…!

智弁和歌山で高校での快投にも注目の、橘本直汰投手を特集していきましょう。

橘本直汰は小学で阪神タイガースジュニアのエース

左投げ左打ちの橘本直汰投手は小学時代、高石スワローズで野球を始めました。

この頃からストレートが注目される好投手でしたが、小学6年時には阪神タイガースジュニアに選出。

地区の逸材が集う阪神タイガースジュニアで背番号1をつけて、全国の舞台で好投を見せていましたね!※当時の動画はこちら

惜しくも決勝では敗れてしまったものの準優勝に大きく貢献しており、橘本直汰投手のキレのあるストレートは健在だったと言えるでしょう。

ちなみに阪神タイガースジュニアでチームメイトだった沖寛太選手も智弁和歌山に進路を決めていますから、二人の高校でのプレーには注目したいですね!

参考:沖寛太(智弁和歌山)は阪神Jr出身|紀州ボーイズでも主軸の和歌山選抜

Sponsored Link

橘本直汰の中学時代は中百舌鳥ボーイズで全国へ

橘本直汰投手は中学への進学後、野球では強豪・中百舌鳥(なかもず)ボーイズに所属していました。

中百舌鳥ボーイズではボールが硬式に変わったことにより球が浮き、当初は与四死球が多くなるなど戸惑いもあったと語っていましたね。

しかし股関節周りのストレッチを重点的におこなうなど、持ち前のキレを取り戻し、中学でもチームの全国大会出場に貢献しています!

特に全国大会出場を懸けた2019春の大阪阪南支部予選決勝でのピッチングは圧巻でしたね!

初回から2者連続三振を奪ったのを皮切りに、被安打4で堺初芝ボーイズを完封。

完成度が高い実力派左腕として絶大な存在感を示しました…!

同じく中百舌鳥ボーイズでプレーしていた山口滉起選手らも進路は智弁和歌山ですから、高校でも甲子園の舞台で大いに暴れ回ってほしいものです!

Sponsored Link

智弁和歌山・橘本直汰は球種と抜群のキレに注目

貴重な左腕として期待がかかる橘本直汰投手は、ボールのキレに注目したいサウスポーです。

身長172cm・体重68kgの体格から繰り出すストレートは球速以上のスピードを感じさせますし、驚くようなスピードではないものの打者を差し込む場面は珍しくありません。

また橘本直汰投手は変化球も見もので、球種としては中百舌鳥ボーイズの中学時代にはカーブ・ツーシームを主に投げ分けていました。

特に落差のあるカーブは空振りを奪える決め球としても威力を発揮していましたね!

いずれも精度が高く、変化球でもカウントを整えることが出来る投手ですし、ボールのキレは智弁和歌山でもさらに磨きがかかるでしょう。

球速に注目が集まる本格派右腕・武元一輝投手らと共に、強力な投手陣を形成していくのが本当に楽しみです…!

参考:武元一輝(智弁和歌山)は球速に期待|藤井寺ボーイズ出身右腕は大物の予感

Sponsored Link

橘本直汰は智弁和歌山でもエース候補として期待

出身の中百舌鳥ボーイズでも好投手として注目を集めていた橘本直汰投手。

インコースへの制球力など完成度の高さは素晴らしいものがありますから、高校で力強さが増してくると智弁和歌山のエースになれる可能性は十分に秘めている投手と言えるでしょう。

矢田真那斗投手をはじめ智弁和歌山にはハイレベルなサウスポーがいますから、橘本直汰投手もたくさん吸収して飛躍を遂げてほしいですね…!

前述の武元一輝投手に奪三振率が高い塩路柊季投手ら、同世代も好投手が多く揃いますから、刺激を与え合いながら高校トップクラスの投手陣に成長してほしいものです!

参考:塩路柊季(智弁和歌山)は主戦候補|中学で日本代表も経験のMVP右腕

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック