2020世代で強豪校の注目選手

大分商業の2020メンバー|注目選手はバッテリー以外にもズラリ

2019秋の九州大会で準優勝を果たし、センバツ甲子園出場を決めた大分商業。

高い実力を誇るバッテリーに注目が集まる一方で、ポテンシャルの高いメンバーが多く、2020シーズンの戦いは見ものです。

この記事では、大分商業の注目選手をピックアップしてみました。

参考:智弁和歌山の2020注目選手|メンバーの総合力は全国トップクラス

2020大分商業を引っ張るドラフト注目のメンバー

まず大分商業の注目選手として欠かせないのが、ドラフト注目のエース右腕・川瀬堅斗投手です。

最速147キロを誇る本格派で、ストレートの球速が大台を突破するのも時間の問題ではないかと見られていますね!

ソフトバンクの川瀬晃選手が兄ということで話題性もありますし、全国区の投手として高校野球ファンに知れ渡ってほしい逸材です。

球速100キロ台のカーブを駆使したピッチングも必見と言えるでしょう。

そして川瀬堅斗投手とバッテリーを組むのが強肩捕手の末田龍祐選手です。

遠投120メートルの強肩は高校野球界でもトップクラスで、甲子園球場を沸かせられるだけのインパクトは十分。

2019秋には練習試合も含めてチームトップの打点を叩き出している主砲でもありますし、攻守の軸としての活躍は見逃せません。

Sponsored Link

2020大分商業メンバーで抜群の能力を誇る注目選手

ドラフト注目のバッテリーに注目が集まる一方で、大分商業の注目選手は二人だけではありません。

まず注目したいのが、ずば抜けた身体能力の高さで魅せる渡邊温人選手

50メートル5秒7の俊足を誇るリードオフマンで、攻守に光るスピードは間違いなく全国トップクラスです。

2019秋の九州大会ではホームランを叩き込むパンチ力も見せつけていますし、走攻守三拍子揃った外野手だけにこれから急加速的に有名になっていくでしょう。

その渡邊温人選手と共に一・二番を務めた井田航太選手も抜群の打撃センスが光ります

渡邉正雄監督が「ウチで一番いい打者」と語る左打者で、左右に打ち分けるバットコントロールは見もの。

50メートル6秒2と井田航太選手も俊足が光るだけに、一・二番コンビが初回から畳み掛けると一気に主導権を握るでしょうね…!

Sponsored Link

2020大分商業の打線で注目のメンバー

大分商業の2020世代で打力に注目したい選手はまだいます。

打線の中心で力を見せるのが、前チームからスタメンに名を連ねていた岩崎竜也選手

主に三番・ショートで出場した2019秋の公式戦では、4割8分6厘とチームトップの高打率をマークしているんですよね…!

守備面での粗さがやや目立ったものの、50メートル6秒0の俊足も兼ね備えている身体能力の高さは非常に楽しみです。

また、下級生ながらチームトップクラスの飛距離を誇るのが三代祥貴選手

身長180cm・体重88kgのどっしりとした体格で、右打席での迫力は見逃せません。

2019秋には調子を崩して苦しんだものの主役になれるポテンシャルは秘めていますから、注目選手の一人として2020シーズンでの本領発揮に期待しています!

参考:明豊の2020メンバー|注目選手が攻守に勢揃いで甲子園優勝なるか

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック