2020世代で強豪校の注目選手

明豊の2020メンバー|注目選手が攻守に勢揃いで甲子園優勝なるか

甲子園常連の強豪校として、高校野球ファンからの人気も高い大分の明豊高校。

2020世代も攻守にタレントが揃い、甲子園での優勝を狙っているという心意気も現実味を帯びています。

この記事では、例年にも増してポテンシャルの高い選手が揃う明豊の注目選手を特集してみました。

参考:明豊の2020新入生は?野球センスに注目のメンバーが集結で期待大

明豊の2020メンバーを引っ張る主将

明豊でまず注目したいのが、大黒柱とも言えるエース左腕の若杉晟汰投手です。

最速142キロのストレートを軸としたピッチングに期待がかかるのはもちろんのこと、主将も務める精神的支柱でもあるんですよね…!

視野の広さや分析力、ハートの強さを買われて主将に抜擢されていますが、責任感が強い選手だけに、粋に感じてパフォーマンスがさらに上がりそうです。

2019春のセンバツでも2年生ながら好投を見せたものの、秋には右足薬指を疲労骨折した影響もあって不完全燃焼に終わっている点も見逃せません。

ラストシーズンに懸ける想いは人一倍あるでしょうから、ドラフト注目の左腕としても2020年の戦いには注目したい選手です。

Sponsored Link

明豊の2020世代で攻守に期待の注目選手

明豊の強力打線は2020世代も健在ですが、その中心となるのが右の強打者・布施心海選手です。

2019秋の時点で高校通算22本のホームランを放っており、チーム屈指の打撃センスは川崎絢平監督も太鼓判を押しています。

身長171cm・体重68kgと大柄ではないものの飛距離も十分に出せる打者ですし、経験豊富な好打者がクリーンナップに座るのは相手チームとしても脅威でしょう。

50メートル6秒2の俊足の持ち主でもありますから、ドラフト候補として注目を浴びても不思議ではありません。

また投打にポテンシャルの高さを示しているのが、二刀流で期待の狭間大暉選手

最速143キロのストレートを投げ込む右腕としてマウンドを任されるほか、四番としても期待がかかる選手なんですよね…!

長打力を兼ね備えた強打者だけに、甲子園でも暴れまわってほしいところ。

150キロの大台を狙えるポテンシャルも秘めていますから、高校野球ファンの間では一気に有名な選手になるかもしれません。

Sponsored Link

2020明豊のメンバーは選手層の厚さにも注目

攻守にタレントが揃う明豊ですが、上記3人以外にも期待の選手が並びます。

先頭打者を務める中村洸斗選手は、2019秋に練習試合を含め7本のホームランを放ち、布施心海選手と並んでチームトップの数字を残した右打者。

思い切りの良いバッティングでチームに勢いを与える選手ですね!

捕手を務める居谷匠真選手は二塁打を11本、ショートの宮川雄基選手は三塁打を8本とそれぞれチームトップの数字ですし、下位打線にも力がある打線は見ものです。

投手では永見星直投手は2年生ながら安定感があり、2019秋にはチーム最多の8試合に登板したサウスポー。

同じく2年生の187cm右腕・京本真投手も角度のあるストレートを投げ込む本格派ですし、層が厚い明豊投手陣の継投にも注目していきましょう。

怪我で離脱していた野上真叶選手が2020シーズンに戻ってくることで、打線はさらに活発になるでしょうから、明豊打線の打棒からは目が離せません!

参考:大分商業の2020メンバー|注目選手はバッテリー以外にもズラリ

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック