2020世代で強豪校の注目選手

白樺学園の2020メンバー|注目選手はドラフト期待のエースだけじゃない

2019秋の北海道大会を制し、2020選抜高校野球への出場を決めた白樺学園。

十勝地区で安定した強さを誇る強豪ですが、2020世代も攻守にメンバーの充実ぶりが光ります。

この記事では、白樺学園の注目選手を特集していきましょう。

参考:大阪桐蔭の2020注目選手|メンバーは投打に充実で優勝候補筆頭

白樺学園の2020世代を引っ張る投打の軸

白樺学園の注目選手として、まずエース右腕の片山楽生投手は欠かせません。

最速142キロのストレートは球速以上のキレを感じさせる投手で、強気で真っ直ぐを投げ込んでいく姿には頼もしさを覚えます。

遠投110メートルを記録する地肩の強さもありますから、2020シーズンでは更に球速も伸びてくるでしょうね…!

2019秋の神宮大会でも国士舘打線を相手に九回途中2失点と、全国の強豪を相手にも十分に通用する力を示しました。

また打っては四番に座る左打者で、ドラフトに期待する声が多いのも納得の逸材です。

Sponsored Link

白樺学園の強力打線を引っ張るメンバーにも注目

片山楽生投手に注目が集まる一方で、白樺学園の2020世代はエース一人だけが注目選手ではありません。

特に先頭打者として猛打を奮っている川波瑛平選手は、北北海道屈指の左打者と言えるでしょう。

身長182cm・体重78kgとバランスの取れた体格から、広角に打ち分ける打撃技術は素晴らしいものを持っています。

2019秋の北海道大会では5割7分1厘の高打率を残したうえに、バックスクリーンに放り込んだホームランは見事の一言でした…!

50メートル6秒1の俊足を兼ね備える選手でもありますし、これから全国区の選手になる可能性も十分です。

Sponsored Link

白樺学園の2020世代メンバーで注目の野手陣

攻守の軸となる二人に加えて、野手陣を牽引するメンバーにも注目です。

まずは三番・セカンドで白樺学園の中心選手として活躍する右投げ右打ちの宮浦柚基選手

2019秋にはチームトップの4割4分4厘の打率を残しており、神宮大会でも7打数4安打と大舞台の強さも見せました。

50メートル6秒3、遠投100メートルと身体能力も高く、今後もチームの核となることは間違いありません。

その宮浦柚基選手と二遊間を組むのが、勝負強いバッティングで魅せる二ツ森学選手です。

4割を超える打率を残したほか、チーム最多となる10打点を叩き出し、クリーンナップで素晴らしい働きを見せました。

センターを守る玉置健士郎選手も6秒1の俊足を誇るなど、ポテンシャルの高い選手が多く非常に楽しみです…!

Sponsored Link

白樺学園の2020メンバーは守備力にも期待

打力が光る一方で、白樺学園は守備力の面でも期待したいメンバーが並びます。

その筆頭が、扇の要としてチームを支える捕手の業天汰成選手です。

二塁送球タイムは1秒94と強肩で、主将として声を張り上げる姿はチームに力を与えるでしょう。

そして、投手陣で片山楽生投手と並び注目したいのが坂本武紗士投手

右のサイドハンドから緩急を操るピッチングは見もので、マウンド度胸も満点なんですよね…!

7試合に登板して防御率2.66と上々の数字を残していますし、2020シーズンでも投手陣の一角として注目したいところです。

また、ずば抜けたポテンシャルを見せる大型右腕の奥村柊斗投手にも期待。

公式戦で目立った活躍こそないものの、身長191cm・体重78kgの体格で投打にパワフルなプレーは目が離せません。

甲子園での躍進にも期待がかかるチームですから、白樺学園の2020シーズンには大いに期待して応援しましょう!

参考:帯広農業の2020メンバー|打率4割超の注目選手がズラリ

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック