2020注目の投手

秋田駿樹(広島新庄)は球速以上|完成度の高さが光る岡山出身の左腕

広島の強豪・広島新庄で2年の2019秋からエースナンバーを背負っている秋田駿樹(読み方は「あきた しゅんき」)投手。

キレのあるストレートと変化球の緩急で、球速以上にピッチングの巧さが光るサウスポーです。

2019秋の広島大会決勝でも持ち前のコントロールが冴え渡り、チームの優勝に大きく貢献しました。

2020広島新庄の投手陣で大黒柱として活躍が期待される、秋田駿樹投手について特集していきましょう。

秋田駿樹の中学時代は倉敷ビガーズ出身

左投げ左打ちの秋田駿樹投手は岡山県の出身で、浅口市立金光中学では硬式野球チームの倉敷ビガーズに所属していました。

倉敷ビガーズでは全国大会など目立った成績こそなかったものの、当時から投手として活躍していましたね。

ちなみに倉敷ビガーズの1学年下には大阪桐蔭に進んだ竹中勇登投手がいました。

互いに強豪校で実力を示していますから、甲子園の舞台での激突が観られることに期待したいですね…!

参考:竹中勇登(大阪桐蔭)は中学日本代表|球速だけじゃないエース候補

Sponsored Link

広島新庄・秋田駿樹は球速以上に素晴らしい

制球力の高さ

広島新庄のエースとして活躍する秋田駿樹投手の強みの1つが、抜群の制球力です。

与四死球が少なくテンポも良いですし、変化球でカウントを整えられる安定感も見逃せません。

2019秋の広島大会決勝・尾道商業戦では無四球での完投勝利を飾り、広島大会優勝に大きく貢献しましたね!

特に秋田駿樹投手の能力の高さを感じるのが、左右の打者に対する内角のストレート。

左投手といえば右打者へのクロスファイヤーをイメージしがちですが、左打者の内角へ投げ込むストレートも非常に精度が高いんですよね…!

抜群のコントロールから大崩れすることは考えにくいですし、全国の舞台で強豪を相手にどんなピッチングを披露するかが非常に楽しみです。

Sponsored Link

緩急の使い方が上手い

秋田駿樹投手が広島新庄のエースとして君臨している理由のもう1つが、絶妙な緩急を使える点でしょう。

ストレートと同じフォームから繰り出す変化球で打者のタイミングを崩し、2019秋の大会でも多くの三振を奪っていました。

完投勝利を収めた2019秋の広島大会決勝・尾道商業戦では10個の三振を奪っていますし、相手打者が自分のスイングを出来ない場面も珍しくありません。

広島大会の注目選手の一人だった尾道商業の主砲・松井健選手からは4つの三振を奪うなど、このときにもポテンシャルの高さを見せつけましたね!

秋田駿樹投手は身長170cm・体重56kgと細身のため、これから体重が乗ってくるとさらに球速も伸びるでしょう。

1学年下の秋山恭平投手も中国地区を代表する左腕に成長しつつありますし、広島新庄の投手陣は必見。

秋田駿樹投手もストレートの球速が140キロを超えてくれば、さらに投球の幅も広がりますから、2020シーズンでの成長は目が離せません。

参考:秋山恭平(広島新庄)は球速以上の凄み|ドラフト期待の中学日本代表

Sponsored Link

秋田駿樹は広島新庄のエースとして期待

2019秋の大会でも投手陣の軸として存在感を見せた秋田駿樹投手。

広島新庄は野手陣を見ても瀬尾秀太選手大可尭明選手らポテンシャルの高い選手が揃うだけに、投手力が充実してくると全国的にも非常に面白い存在になると思います。

打線の軸として存在感を放つ下志音選手と共に、最上級生として2020シーズンの活躍には大いに期待していきましょう。

また秋田駿樹投手も全国区の選手になれる実力は十分に持っている投手ですから、今後の成長にも期待しつつ応援していきたいと思います。

参考:下志音(広島新庄)はドラフト期待|ずば抜けた身体能力は全国上位

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック