2020注目の内野手

功刀史也(山梨学院)は攻守に存在感|中学日本代表の俊足巧打

全国的にも強豪として知られる山梨学院で、1年の2018秋からベンチ入りを果たしている功刀史也(読み方は「くぬぎ ふみや」)選手。

安定感抜群の守備と巧みなバットコントロールを武器に、2019秋の関東大会準優勝に大きく貢献しました。

中学時代は軟式野球チームの山梨クラブに所属し、U15日本代表にも選出された経験を持っているんですよね…!

この記事では山梨学院の主将としてもチームを引っ張る、功刀史也選手について特集してみました。

功刀史也は中学時代に日本代表でMVPの逸材

功刀史也選手は南アルプス市立白根東小学校の出身で、小学時代に地元の少年野球チーム・白根あずま野球スポーツ少年団で野球を始めました。

その後、白根巨摩中学に進学後は、軟式の山梨クラブに入団。当時は外野手として主に試合に出場しており、チームの中心で輝きを放っていましたね!

中学3年時には実力が高く評価されてU15日本代表として、「BFA U15アジア選手権」に出場しています。


日本代表として臨んだこの大会では5割8分8厘の高打率を残して首位打者を獲得。ベストナインにも選ばれ、日本代表の優勝に大きく貢献しました…!

一番打者で出場したパキスタンとの一戦でも初回の打席で三塁打を放っていますし、まさに大車輪の活躍だったと言えるでしょう。

このときの中学日本代表にはドラフト注目の星稜・内山壮真選手や仙台育英・宮本拓実選手らがいましたから、甲子園での対決にも期待したいですね!

参考:内山壮真(星稜)はドラフト確定の逸材|俊足強打で小園超えなるか

Sponsored Link

功刀史也は好守で山梨学院を支える

まず功刀史也選手の魅力として、安定した動きを見せている守備には注目したいところです。

山梨学院で1年の2018夏からベンチ入りを果たしている、小吹悠人選手との二遊間コンビは鉄壁ですね!


新チームになってからセカンドを守っている功刀史也選手ですが、中学時代から2019夏までは主に外野手を務めていました。

俊足を生かした守備範囲の広さも見ものですし、これから内野の守備がさらに板に付いてくることを考えると将来も楽しみです。

センターを守る渡邉嵩馬選手も50m5秒9の俊足で広い守備範囲が魅力の選手ですし、山梨学院のセンターラインは相手チームにとっても脅威になりますね!

参考:渡邉嵩馬(山梨学院)の俊足は全国上位|西武ジュニア出身のスピードスター

Sponsored Link

山梨学院・功刀史也はバッティングにも期待

守備だけでなく、巧みなバットコントロールを活かしたバッティングでもチームに貢献している功刀史也選手。

2019秋の山梨大会準々決勝・東海大甲府戦でも2安打4打点の活躍を見せ、チームの勝利に大きく貢献しました。

その後の関東大会では不振が続いたものの、巧みなバットコントロールは素晴らしいものを持っている選手だけに2020年の戦いも楽しみですね…!


主に二番の打順に入る功刀史也選手は山梨学院打線においてもキーマンとなる選手の一人だと思いますし、主軸を務める栗田勇雅選手らと共に暴れまわってほしいものです!

参考:栗田勇雅(山梨学院)はドラフト期待|中学は東北選抜の強打の捕手

Sponsored Link

山梨学院・功刀史也は主将としても注目

攻守に期待の功刀史也選手ですが、プレーはもとより、主将としての取り組みも見逃せません。

2019秋の山梨大会では東海大甲府戦との一戦を前に、チーム全員が毎日500本以上のスイングをしており、その練習を引っ張っていたのが功刀史也選手だったんですよね…!

練習の成果もあり、東海大甲府戦では1点差の9回に打者15人の猛攻で10安打12得点のビックイニングを作りましたが、まさにこれも練習の賜物と言えるでしょう。


2019秋の関東大会決勝で健大高崎に敗れた際にも「キャプテンの自分が打って、もっとチームを引っ張らないといけなかった」と語っていますし、言葉の節々にもキャプテンとしての責任感の強さが滲みでていますよね。

身長167cm・体重64kgと大柄ではないものの、存在感が非常に大きな選手であることはグラウンドでのプレーからひしひしと伝わってきます。

山梨学院の甲子園での躍進にも期待しつつ、功刀史也選手の成長を楽しみに追いかけて行きましょう。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック