2020ドラフト野手

栗田勇雅(山梨学院)はドラフト期待|中学は東北選抜の強打の捕手

山梨の強豪・山梨学院で1年春からベンチ入りを果たし、出場を果たしていた栗田勇雅選手。

中学時代はいわきボーイズで活躍して東北選抜に選ばれるなど、当時から進路が注目されていた選手の一人でした。

2018夏の甲子園でもスタメン出場を果たしており、強打の1年生として話題になりましたね!

パンチ力のある捕手として2020ドラフトでも注目の、山梨学院・栗田勇雅選手について特集していきましょう。

栗田勇雅の中学時代はいわきボーイズ出身

栗田勇雅選手は福島県いわき市の出身で、小学3年から地元の少年野球チームである平少年野球教室で野球を始めました。

いわき市立平第一中学への進学後は、野球では硬式のいわきボーイズに所属。

捕手としてチームを引っ張り全国大会も経験したほか、中学3年時には東日本報知オールスターの東北選抜に選ばれるなど当時から有名な選手でしたね!


ちなみに山梨学院の小吹悠人選手とはいわきボーイズでバッテリーを組んでいましたが、二人はともに高校でもドラフト期待の存在として注目を浴びていくでしょう。

参考:山梨学院・小吹悠人は中学日本代表|強肩ショートの原動力は1年の夏

Sponsored Link

山梨学院・栗田勇雅はドラフト期待の強打者

1年からスタメンでホームラン

山梨学院で1年春の大会でいきなりベンチ入りを果たし、正捕手の座をつかんだ栗田勇雅選手。

その2018夏の山梨大会準決勝・甲府工業戦では同点ホームランも放ち、実力の高さを見せつけましたね!


高めのボールにも力負けすることなくしっかりと上から叩けていますし、豪快なバッティングはこれからも主砲として力を発揮するでしょう。

身長172cm・体重79kgと上背はさほどないものの打席での威圧感は十分ですから、甲子園での猛打にも期待したいところです!

スイングスピードが凄い

ホームランを打てるパンチ力を持っている栗田勇雅選手ですが、その飛距離を生み出すスイングスピードは目を見張るものがあります。

栗田勇雅選手が出身のいわきボーイズで中学時代に記録したスイングスピードは140.8キロ。

社会人野球の平均が140キロとも言われていますから、中学の時点でそれに匹敵するスイングをしていたと考えると驚きですよね…!


ちなみに、高校野球のホームラン記録を持っている現日本ハムの清宮幸太郎選手が、高校時代に記録したのが143キロ。

この先でも更に成長した姿を見せてくれると思いますし、ドラフト注目の花咲徳栄・井上朋也選手らと並んで、右の強打者として存在感を示してほしいものです!

参考:井上朋也(花咲徳栄)はドラフト注目|ホームランに期待の長距離砲

Sponsored Link

ドラフト期待の栗田勇雅は守備でも存在感

パンチ力のあるバッティングに注目が集まる一方で、栗田勇雅選手は1年春から正捕手の座を勝ち取った守備力も侮れません。

特に強気のリードには定評があり、守備の要としてもチームを引っ張っています。


2018夏・2019春・2019夏と3季連続の甲子園でマスクを被っていますし、2020春のセンバツ甲子園出場も濃厚です。

その豊富な経験を活かした守備での活躍にも注目して、山梨学院の栗田勇雅選手を応援していきたいですね!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック