2020ドラフト投手

田代涼太(帝京)は将来性に期待|球速以上の大型左腕はドラフトなるか

東京の強豪・帝京で1年秋からエースナンバーを背負っていた田代涼太投手。

スリークォーター気味のフォームから投げ込む伸びのあるストレートと、キレのあるスライダーを武器とする、身長188cmの大型左腕です。

2019夏には2試合連続の完封を記録するなどエース級の活躍を見せましたし、伸びしろを感じる将来が楽しみな投手なんですよね!

さらなる覚醒にも期待がかかる、帝京の田代涼太投手について特集してみました。

帝京・田代涼太の球速はまだまだ伸びる

田代涼太投手は江戸川区立松江第二中学の出身で、中学時代には硬式の墨田ポニーに所属していました。

当時は主に一塁手としてプレーしており、高校入学後に身長188cm・体重94kgの体格と柔らかい腕の振りを見込まれて投手に転向しています。

その田代涼太投手の魅力の1つがストレートで、急成長ぶりが凄いんですよね…!

2019春の段階では120キロ前半の球速が多かったところから、2019夏には常時130キロ台中盤をマークするまでに至りました。


春から夏にかけての短期間で平均球速が10キロもアップするという、脅威的な進化を遂げたのは驚きですよね!

体格的にもポテンシャルは十分ですし、今後も更に球速が伸びていくことは間違いないでしょう。

関西では大阪桐蔭の松浦慶斗投手が大型サウスポーとして注目を集めていますが、田代涼太投手の急成長からも目が離せません。

球速は140キロを超えてくるでしょうし、更にスケールの大きさを感じる投手に成長していくことが本当に楽しみです。

参考:松浦慶斗(大阪桐蔭)は中学日本代表|球速160キロ左腕とは従兄弟

Sponsored Link

田代涼太は帝京投手陣の柱として期待

変化球もキレる

急激に伸びている球速だけでなく、田代涼太投手は変化球のキレにも定評があります。

球種は主にスライダーとツーシームで、特に抜群のキレを誇るスライダーは見もの。

曲がり幅も大きく、決め球として十分な威力があるんですよね!

2019秋の東東京大会では、その変化球も冴えて3試合で20個の奪三振を記録していますね!

存在感も以前と比べて格段に大きくなっていますし、今後も帝京投手陣を支える一人となることは間違いありません。

安定感も抜群

また田代涼太投手は、しっかり試合を作れる安定感に長けている点も魅力です。

与四死球も少ない投手ですし、2019秋の東京大会でも星憂芽選手ら好打者が並ぶ日大三との一戦で先発マウンドを任されていました。

特にイニングの先頭打者を出さないことを意識しているようで、この辺りは百戦錬磨の前田三夫監督からも指導されていることでしょう。

2019春以降にも冬場と同様のウエイトトレーニングを行うなど精力的な姿勢も光りますし、長身の投手だけに下半身がより安定してくると更に楽しみですね…!

参考:星憂芽(日大三)の身体能力が凄すぎる|中学日本代表の俊足強打

Sponsored Link

帝京・田代涼太はさらなる覚醒に期待

マウンドで見せるスケールの大きさや急成長ぶりなど、ポテンシャルの高さを感じさせる田代涼太投手。

すでに東京屈指の投手として活躍を見せていますが、まだまだ化ける可能性を秘めているように感じます。

投手に転向した際には2019ドラフトでも指名を受けた横浜のエース左腕・及川雅貴投手のフォームを参考にするなど、研究熱心な一面も。

こうした地道な努力を続けられる選手は何かのきっかけで一気に伸びますからね…!

今後の成長次第ではドラフト候補になる可能性も十分に秘めていると思いますし、帝京の躍進において不可欠な存在でもある田代涼太投手。

小松涼馬選手武藤闘夢選手の二遊間も全国区ですから、どこまで強いチームになるのかが非常に楽しみです。

これからの帝京を引っ張る一人として、応援していきたいと思います。

参考:帝京・武藤闘夢に感じる大物の予感|中学では全国の舞台でホームランも

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック