2021注目の内野手

増田凜之介(春日部共栄)は中学日本代表|友部シニア出身のイケメン野手

春日部共栄で1年の2019夏からスタメンに名を連ねていた増田凜之介(ますだ りんのすけ)選手。

中学時代には日本代表にも選出された内野手で、攻守に突出したセンスがあるプレイヤーであることは一目でわかります。

2019秋からの新チームでは早速クリーンナップに座るなど、春日部共栄の中心選手としての成長が楽しみですね!

友部シニア出身のイケメン内野手、春日部共栄の増田凜之介選手を特集してみました。

参考:春日部共栄の2020新入生は?メンバーは攻守にハイレベルで期待大!

増田凜之介は小学時代にヤクルトスワローズジュニア

増田凜之介選手は茨城県の出身で、小学時代には上中妻ニューフレンズに所属していました。

県代表として「第38回関東学童軟式野球大会」に出場するなど、チームの主力で攻守に活躍。

小学6年時にはヤクルトスワローズジュニアにも選出された実力の持ち主です。

このときは背番号15で、登録は「投手・内野手・外野手」と、ポジションを問わずユーティリティープレイヤーとして才能を発揮していたことがわかります。

ちなみに2015ヤクルトスワローズジュニアのメンバーには東海大相模・大塚瑠晏選手や日大三・星憂芽選手ら、世代トップクラスの逸材が揃っていましたね…!

関東大会や甲子園の舞台での対戦にも期待です!

参考:星憂芽(日大三)の身体能力が凄すぎる|中学日本代表の俊足強打

Sponsored Link

増田凜之介は出身の友部シニアで中学日本代表

中学では友部シニアに所属していた右投げ右打ちの増田凜之介選手は、ここでもチームの中心選手に成長。

主にショートのポジションでプレーするようになり、中学3年時には中学日本代表としてMCYSA全米選手権大会にも出場を果たしました。


友部シニア出身の選手として大いに活躍を見せ、日本代表の優勝に大きく貢献していますね!

このとき増田凜之介選手は日本代表では一番・ショートで出場しており、全7試合で5割近い打率を残すなどポテンシャルの高さを見せつけました。

2019夏の甲子園で登板を果たし1年生投手で話題になった関東一・市川祐投手は日本代表でのチームメイトですから、春日部共栄でも負けない活躍を見せてほしいところです!

参考:市川祐(関東一高)は中学日本代表|ドラフト期待の次世代エース

Sponsored Link

春日部共栄・増田凛之介は抜群の打撃センス

中学時代に日本代表の主力としてプレーした実力はダテではなく、増田凜之介選手は春日部共栄でも1年夏からスタメンに名を連ねていました。

持ち前の打撃センスは素晴らしいものがあり、新チームになった2019秋に三番に座ってからも、外野の間を抜く打球を連発していますね…!


身長166cm・体重68kgと小柄ながらがっしりとした体格で、三塁打が多いことも増田凜之介選手の特徴ですね。

ミート力の高さに加えて俊足も兼ね備えた好打者ですから、卓越したバットコントロールを見せる平尾柊翔選手と並んで春日部共栄の顔になってくれることに期待しています!

参考:春日部共栄・平尾柊翔は日本代表の四番|中学通算30本の強打に注目

Sponsored Link

春日部共栄・増田凜之介のイケメンぶりにも注目

守備でも軽快な動きを見せる増田凜之介選手ですが、プレーと同時に端正な顔立ちも見逃せません。

実力は申し分なくプレーにも華がある選手ですし、甲子園に出場してイケメン選手としてもブレイクしてほしいですね…!


全国区の選手として名が知れ渡るべきだと思いますし、 これからの成長が本当に楽しみです。

2019夏にはサードで出場していた守備位置も秋からはショートに変わっていますし、春日部共栄のキーマンとなる内野手になっていくでしょう。

三番・ショートでプレーもイケメンな「魅せる選手」だけに、今後も追い掛けていきたいと思います!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック