<2019注目選手>

根本翔吾(習志野)は俊足強打|外野からのレーザービームも話題に

習志野打線の中心としてチームを引っ張る根本翔吾選手は、左投げ左打ちの好打者です。

2019夏の千葉大会では決勝で先頭打者ホームランを記録するなど、甲子園出場に大きく貢献しましたね!

持ち前の俊足に加えて強肩も兼ね備えているほか強いリーダーシップも見せており、甲子園でもその活躍に期待がかかります。

習志野の主力として活躍する、根本翔吾選手を特集していきましょう。

 

習志野・根本翔吾は俊足強打で打線を引っ張る

決勝で先頭打者ホームラン

習志野の根本翔吾選手は左の好打者として習志野の中心で活躍する打者ですが、2019夏の千葉大会決勝で見せたホームランは優れた打撃センスを証明するものでした。


元々思いきりの良さがあるバッティングをする打者ですが、ファーストストライクを一振りで仕留めるあたりさすがですよね!

外野の間を抜く打球が多いため長距離ヒッターではないものの、十分にスタンドに叩き込める力をこの一打で示したと言えます。

Wキャプテンの一人としてチームに勢いを与える選手だけに、甲子園でも習志野のキーマンになってくるでしょう。

俊足を活かした積極的な走塁も

打撃センスが光る一方で根本翔吾選手は俊足にも期待がかかります。

50メートル6秒1の足を武器に盗塁も成功させる選手ですし、相手バッテリーとしては塁に出したくない打者であることは間違いありません。

2019春のセンバツ甲子園で見せた積極的な走塁は球場の度肝を抜きましたよね…!

打順としては角田勇斗選手と入れ替えで一番、あるいは三番に入ることが多いですが、スピード感のあるプレーにも注目していきたいところです。

参考:角田勇斗(習志野)にスカウトも熱視線|勝負強さ光る打撃の強肩ショート

Sponsored Link

習志野をセンバツに導いた根本翔吾のレーザービーム

2019春のセンバツ甲子園で準優勝を果たして一躍人気になった習志野ですが、その選考基準となる2018秋の関東大会で根本翔吾選手が魅せました。

群馬・桐生第一との一戦、同点で迎えた13回裏・一死三塁のピンチに飛球はセンターへ。

このとき根本翔吾選手はセンターから見事なバックホームを見せ、サヨナラの危機を凌いだのです…!

このプレーは球場でのインパクトも大きく、実際にこのバックホームで根本翔吾選手の名前を覚えた高校野球ファンも少なくありません。

最速150キロのエース右腕・飯塚脩人投手は「根本なら大丈夫だと思った」と語っており、普段の練習から強肩ぶりは光るものがあるのでしょうね…!

攻守に観客を沸かせることができる素晴らしいプレイヤーですから、夏の甲子園でも根本翔吾選手の活躍にはぜひ注目していきましょう。

参考:習志野・飯塚脩人は中学で3番手|ドラフト右腕の球速が20キロ伸びた理由

Sponsored Link

習志野における根本翔吾の存在はとてつもなく大きい

春夏連続の甲子園出場を決めた2019年の習志野は強豪であることは言うまでもないですが、その中心として根本翔吾選手の存在は非常に大きいと感じます。

四番の櫻井享佑一塁手や投打にセンスが光る山内翔太選手らスタメンには2年生も多く、ともすれば脆さを見せかねません。

しかし実際のところ習志野は驚異的な粘り強さを見せており、劣勢の場面でもベンチの雰囲気が異様に良いんですよね…!

これは井上恵輔主将が中心となっている東海大相模も同じことが言えますが、やはり才能のある2年生と経験豊富な3年生が上手く融合しているチームは強いです。

そういう意味でも、精神的な柱となる根本翔吾選手の働きには大いに注目していきましょう!

参考:山内翔太(習志野)は投打に注目|野球センス抜群のイケメンサウスポー

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック