2019夏の甲子園見どころ

誉は甲子園でも勝てるか【1日目】注目選手と見どころを分析

いよいよ8月6日から開幕する2019夏の甲子園。

当サイトでは日程ごとに、各チームの注目選手と見どころを紹介していこうと思う。

大会1日目のスケジュールは以下の通り。

10:30~第1試合 八戸学院光星×誉
13:00~第2試合 佐賀北×神村学園
15:30~第3試合 高岡商×石見智翠館

強打の八戸学院光星や好打者が揃う高岡商などは注目度が高く、初戦から楽しみな好カードが多い。

中でも高校野球ファンが気になっているのは、激戦区の愛知で次々と強豪を撃破してきて誉(ほまれ)ではないだろうか。

各カードについて、参考になるものがあれば嬉しい。

参考:2019夏の甲子園出場校と注目選手【最新版】全地区の一覧まとめ
参考:夏の甲子園2019【組み合わせ】日程ごとの見どころも紹介します

第1試合:八戸学院光星VS誉の見どころと注目選手

誉は全国最多188校が参加した愛知を制してノーシードから初出場を決めた。

その躍進を支えたのが左腕・杉本恭一投手とエース右腕・山口怜生投手の二枚看板で、この投手陣が八戸学院光星をいかに抑えるかがこの試合の見どころになる。

誉の注目ポイント

杉本恭一投手は中学時代に全国大会の経験もある投手で、スリークォーターから繰り出すボールは速球・変化球ともにコントロールが良い。

杉本恭一投手が試合を作り、最速139キロのエース右腕・山口怜生投手に繋ぐリレーで勝ち上がってきたチームだ。

二人で愛工大名電打線を4安打に抑えるなど、その実力は見逃せない。

打線は派手さこそないものの三番・沢野聖悠遊撃手が3割6分4厘、主将の五番・林山侑樹捕手が3割7分5厘と当たっている。

四番の吉田卓矢一塁手もホームランを放っており、いかに得点圏にランナーを置いてクリーンナップに回せるか。

二番に入るスタメン唯一の2年生・手塚陸斗二塁手は8つの犠打を決めるなど良い働きが出来るだけに、先頭の左打者・内田力斗三塁手のバッティングにも期待がかかる。

中京大中京や、東邦を倒した星城など強豪を下しての初出場で、さらに林山侑樹主将が選手宣誓を務めた上に開幕試合。

接戦に持ち込めば、ジャイアントキリングを期待する球場の空気が誉に傾く可能性は十分にある。

八戸学院光星の注目ポイント

八戸学院光星は何と言っても1試合平均12得点をマークした強力打線に注目が集まる。

ドラフト注目のショート・武岡龍世主将とチームトップの6本塁打を記録した近藤遼一選手は、共に6割近い打率を残した。

一方で、6試合で2失策にまとめた守備にも注目したい。

八戸学院光星と言えば例年も強力打線のイメージが強いが、悪い言い方をするとやや「野球が粗かった」。

2019年のチームでは走塁も含め、そういった雑味がなくなっていることも見逃せない。

誉も二枚看板はいずれも好投手だけに、青森大会と同じような猛打を見せられるか。

参考:八戸学院光星の注目選手【2019夏】予選で15ホームランの強力打線

Sponsored Link

第2試合:佐賀北×神村学園の見どころと注目選手

九州勢同士の戦いとなった1日目の第2試合は、好調な佐賀北打線に対し「守りのチーム」と語る神村学園の守備がどんな対応を見せるかに注目が集まる。

佐賀北の注目ポイント

佐賀大会でチーム打率3割7分1厘を残した佐賀北は、好打者が並ぶ。

一番・中村一翔左翼手に三番・古川隼遊撃手、五番・江藤謙伸選手の左打者3人はいずれも打率が4割を超えている。

中村一翔選手が1年生、江藤謙伸選手が2年生と下級生が好調だけに、3年生も含め甲子園でもいつも通りのプレーを見せられるか。

全5試合のうち4試合で完投したエース・川崎大輝投手も防御率1点台と安定しているだけに、好調な打線への期待が高まる。

参考:佐賀北の注目選手を紹介|エース川崎と好調の打線で再び旋風を起こすか

神村学園の注目ポイント

2018夏の鹿児島大会で初戦敗退を喫したところからスタートした神村学園。

守備からリズムを作るチームで、鹿児島大会で3点以上を奪われた試合は無かった。

その中心となるエース右腕・田中瞬太朗投手は2年生ながら最速140キロ近いストレートを軸に、全6試合に登板して6失点と抜群の安定感を見せる。

ちなみに田中瞬太朗投手は、九番打者ながらホームランも放った。

打線も下位までそつなく得点できるのが印象的なチームだが、特に粘り強い戦いは素晴らしかった。

準々決勝の大島との対戦では、0対3と劣勢の状況から九回に集中打で逆転サヨナラ勝ちを収めるなど、先行された局面でも強さを見せている。

予選で3本の二塁打を放つなど、前チームからスタメンに名を連ねていたリードオフマン・森口修矢選手のバッティングにも注目したい。

Sponsored Link

第3試合:高岡商×石見智翠館の見どころと注目選手

強打の高岡商打線を粘り強さで勝ち上がった石見智翠館がどう抑えるか。

高岡商の注目ポイント

高岡商は2018甲子園でもそのバッティングが話題になった、井林泰雅三塁手にまず注目したい。

打率4割5分5厘のミート力に加え満塁ホームランも放っており、この二番打者を抑えないことには勝機が見えてこない。

投手陣はエース右腕の荒井大地投手が中心で、6試合中5試合に登板している。

右横手から投げ込むストレートはキレがあり、変化球も良いものを持っている投手。

守備陣も失策3と堅く、1年生ショートの石黒和弥選手には注目したい。

参考:高岡商の注目選手【2019甲子園】堀裕貴・井林泰雅が打線の中心

石見智翠館の注目ポイント

ノーシードから粘り強い戦いで甲子園出場を決めた石見智翠館。

決勝の開星との延長13回に及ぶ激戦は鳥肌ものだった。サヨナラの押し出しで勝利したあの場面は相当なインパクトがあった。

投手陣はエース左腕の迫広佳祐投手が軸となり、最速140キロを超えるストレートを持つ2年生右腕・佐藤辰憲投手らも控える。

兄・関山愛瑠斗(あると)二塁手と、弟・関山和(なごみ)遊撃手の兄弟二遊間にも注目したいところ。

その関山愛瑠斗選手は主将も務め、リードオフマンとして5割4分2厘の高打率を残した。

2本のホームランを放っている河本響中堅手との一・二番コンビが実力通りのバッティングを見せられるか。

四番を打つ2年生・名田泰基右翼手も3割9分1厘と当たっているだけに、高岡商・荒井大地投手の出来次第では打撃戦もあり得るだろう。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック