2021注目の外野手

千田光一郎(東海大菅生)はセンス抜群|白山シニア出身の俊足巧打

石川の白山シニアの主力で活躍し、東海大菅生でも1年の2019秋からスタメンで活躍している千田光一郎選手。

鋭いスイングが魅力の右打者でチャンスに強く、高校でも一番・センターを務める俊足巧打の外野手として注目を集めています。

中学時代は投手でも実力を示しており、全国大会でも輝きを放っていたプレイヤーなんですよね…!

東海大菅生の中心選手として期待が膨らむ、千田光一郎選手を特集していきましょう。

参考:東海大菅生の2021メンバーは?注目選手が揃う打線の破壊力は随一

千田光一郎の中学時代は白山シニアで全国出場

右投げ右打ちの千田光一郎選手は中学時代、硬式野球チームの白山シニアに所属していました。

中学時代は投手でも活躍を見せていて、下級生から抜群の野球センスで主力の一人となって活躍していました。

中学2年の夏に出場した日本選手権大会1回戦・浦和戦では、リリーフで登板してチームの勝利に貢献。

また中学3年時にも全国大会に出場していて、このときにもクリーンナップの一角を担うなど、攻守で中心となるメンバーであったことは間違いありません。

東海大菅生でも1年の2019秋からスタメンを掴んでいますし、今後の活躍からも目が離せない選手ですね!

Sponsored Link

東海大菅生・千田光一郎は打撃センス抜群

優れたミート力

千田光一郎選手のバッティングでまず注目してたいのが、ヒットを量産するミート力の高さです。

2020夏の東京大会・日大二戦では5打数3安打3打点の活躍を見せるなど、前チームからリードオフマンとしてチームを牽引していた右打者。

また、2020秋の東京大会一次予選・小川戦では右中間に先制となる先頭打者ホームランを放つなど、逆後方へも飛距離を出せるパンチ力を見せていましたね!

身長175cm・体重70kgと体格的にはやや細身ですから、これから一回り大きくなれば長打も自然と増えてくるでしょう。

チャンスでの勝負強さ

また千田光一郎選手はミート力に加え、チャンスでの勝負強さも見逃せません。

2020夏の西東京大会準々決勝・日大二戦では、7回にコールド勝ちを決める2点タイムリーを放ちチームの勝利に貢献。

さらに決勝の佼成学園戦では9回裏二死三塁の場面で同点タイムリーを放ち、10回裏のサヨナラ勝ちにつなげるバッティングを見せていました。

一番打者ながら得点圏にランナーを置いた場面でも強く、状況に応じたバッティングができることも千田光一郎選手大きな強みです。

福原聖矢選手との一・二番コンビは東京でも屈指のレベルだと思いますし、東海大菅生の躍進に欠かせないメンバーと言えます。

参考:福原聖矢(東海大菅生)はドラフト期待|中学日本代表は異次元レベル

Sponsored Link

千田光一郎は守備でも東海大菅生を支える

バッティングで非凡なセンスを見せている一方で、千田光一郎選手はセンターの守備でも東海大菅生を支える活躍を見せています。

前チームからセンターのスタメンを掴んでいたポテンシャルは健在で、俊足をいかした広い守備範囲は外野手としてもかなり魅力ですね…!

2020秋の東京大会・日大二戦では左中間へのフライをスライディングキャッチ。一歩目のスタートも素晴らしいですし、打球判断からもセンスを感じさせます。

同学年でエースを務める本田峻也投手をはじめ、東海大菅生の投手陣としてもセンターラインが堅いのは心強いでしょう。

参考:東海大菅生・本田峻也は中学日本代表|変則左腕が操る球種に注目

Sponsored Link

千田光一郎は東海大菅生の中心選手として期待

中学時代は白山シニアの主力で全国を経験し、東海大菅生でも1年秋からスタメンを掴んでいる千田光一郎選手。

パンチ力のあるバッティングは大きな魅力ですし、東海大菅生打線のキーマンとなる選手であることは間違いありません。

守備でも俊足をいかした広い守備範囲を誇りますし、走攻守三拍子そろった外野手として全国区の選手になれるポテンシャルは十分に秘めているプレイヤー。

小山凌暉選手らと共に、鉄壁の外野陣としても今後さらに注目度を上げるはずです。

東海大菅生の中心メンバーの一人として注目しつつ、2021ドラフト候補への成長も期待して追いかけて行きたいと思います!

参考:小山凌暉(東海大菅生)は将来性抜群|兄弟でドラフト期待の身体能力

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック