2021注目選手

神戸国際大付の2021メンバーは?注目選手がずらりで兵庫を牽引

毎年レベルの高いチームを仕上げ、兵庫でも優勝争いを繰り広げている神戸国際大付。

2021世代の野球部メンバーも投手陣・打撃陣ともに注目選手が並び、2020秋の兵庫大会を制するなど今後の躍進にも期待がかかります。

この記事では、神戸国際大付の2021野球部メンバーから注目選手をピックアップしてみました。

参考:神戸国際大付の2020新入生は?メンバーは粒ぞろいで躍進に期待

神戸国際大付の2021メンバーの注目選手【投手】

右腕の注目選手

攻守に楽しみな選手が多い神戸国際大付ですが、まずは投手陣の注目選手から見ていきましょう。

神戸国際大付ではじめに注目したいのは、2021ドラフト候補にも名前が挙がっている阪上翔也投手です。

最速145キロのストレートを軸に、カーブ・スライダー・スプリットなど多彩な変化球も操る本格派右腕。

2020秋の近畿大会1回戦・近江戦では、9回を投げて3安打2失点8奪三振のピッチングでチームの勝利に貢献していました。

身長180cm・体重77kgの体格もまだ厚みが増すでしょうし、神戸国際大付の投手陣を牽引するメンバーであることは間違いありません。

また、右腕でもう一人注目したいのが、1年生ながら2020秋の近畿大会に背番号10でベンチ入りした中辻優斗投手です。

2020秋の兵庫大会準決勝・村野工戦では、6回を3安打無失点に抑える見事な投球を披露。

ピッチングの軸となる球速140キロに迫るストレートは球威があり、高校での成長が楽しみな本格派ですね!

左腕の注目選手

続いて2021世代の左腕で注目したいのが、2020秋の兵庫大会ではリリーフで活躍した加門虎太朗投手です。

身長172cmと大柄ではないものの、直球・変化球ともにキレのあるボールを武器にしています。

リリーフからでも試合にしっかり入っていける左腕は貴重な存在ですし、安定感のある投球で今後も神戸国際大付の投手陣を支えてほしいメンバーと言えるでしょう。

Sponsored Link

神戸国際大付の2021メンバーの注目選手【野手】

捕手の注目選手

続いて、神戸国際大付の2021世代メンバーから野手陣の注目選手を紹介していきましょう。

チームの躍進の鍵を握るといっても過言ではない注目選手が、四番を務める西川侑志選手です。

2020秋の近畿大会一回戦・近江戦では、8回と9回にタイムリーを放ち、チームの逆転勝利に貢献しました。

どっしりとした体格を誇り右打席で勝負強いバッティングを見せる一方、守備でも投手陣を巧みにリードする、神戸国際大付の中心メンバーのひとりです。

内野手の注目選手

そして内野手の注目選手も見ていきましょう。

まず注目選手に挙げたいのが、クリーンナップを務める武本琉聖選手です。

前チームからスタメンに名を連ねていた左の強打者で、三番・ファーストで自慢の打力に期待が高まります。

パンチ力と勝負強さを兼ね備えたバッティングは神戸国際大付の大きな武器になっていますし、打線の中心としてチームを引っ張ってほしいですね!

外野手の注目選手

最後は神戸国際大付野球部の2021世代のメンバーから、外野手の注目選手を見ていきましょう。

まず楽しみなのが、リードオフマンを務める関悠人選手です。

一番を務める左打者は俊足も魅力で、三塁打を多く記録しているバッティングはスピード感にも期待です。

センターの守備では広い守備範囲でセンターラインを担っており、攻守においてキーマンになる選手のひとりといえるでしょう。

また、打力で魅せる夜久彪真選手も注目です。

2020秋の兵庫大会準決勝・村野工戦では、5回に公式戦初となるホームランを放つなど、3安打3打点と活躍。

ホームランを打てるパンチ力はやはり魅力ですし、豪快なバッティングで神戸国際大付の得点力を底上げしてくれるでしょう。

Sponsored Link

神戸国際大付野球部の2021メンバーは優勝期待

神戸国際大付2021メンバーを見てきましたが、攻守に注目選手が揃うだけに兵庫大会で優勝争いに食い込んでくることは間違いないでしょう。

阪上翔也投手は野手としても評価が高く、2021ドラフトでも話題になりそうな選手。

激戦区の兵庫を盛り上げてくれるチームですから、高校野球ファンを沸かせる熱いプレーにも期待しつつ応援していきたいと思います。

参考:【近畿大会】2020秋の高校野球|優勝候補と注目選手まとめ!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック