2022注目選手

大井太陽(木更津総合)は打撃に期待|千葉西シニア出身の注目野手

千葉西シニアの主力でプレーし、2020春から木更津総合に進路を決めた大井太陽選手。

優れたミート力が魅力の右打者で、ライナー性の打球を連発するバッティングはこれからも注目を集めるでしょう。

中学時代には主に一番打者として全国大会出場も経験しており、高校でも1年の2020秋からクリーンナップを務めているんですよね…!

木更津総合で打線の核として期待が膨らむ、大井太陽選手を特集していきましょう。

参考:木更津総合の2020新入生は?投打に野球センス抜群のメンバーが集結

大井太陽の中学時代は千葉西シニアで全国出場

右投げ右打ちの大井太陽選手は中学時代、千葉西シニアでプレーしていました。

一番・キャッチャーでチームを引っ張る活躍を見せていて、中学3年時には全国大会にも出場。

大井太陽選手はマリーンズカップでもレフトオーバーの三塁打を放つなど、チームの決勝進出の立役者となっていましたね。

惜しくも決勝では八千代ボーイズに1対2で敗れたものの、強豪チームを攻守において引っ張る選手であったことは間違いありません。

ちなみに木更津総合でリードオフマンを務める秋元俊太選手は中学時代の先輩にあたりますから、千葉西シニア出身の二人の活躍は楽しみですね!

参考:秋元俊太(木更津総合)の打撃センスに注目|左の俊足巧打は千葉西出身

Sponsored Link

木更津総合・大井太陽は打撃センスに注目

優れたミート力で高打率

木更津総合でも持ち前のバッティングに期待が高まる大井太陽選手。

ミート力の高さは素晴らしいものがあり、ライナー性の打球を連発する打撃センスは見ものです。

2020秋の千葉大会でも綺麗なタイムリーヒットを放っていましたね…!

変化球への対応力にも優れ、1打席目から自分のスイングができる右打者だけに、1年の秋から木更津総合のクリーンナップを任されているのも納得です。

チャンスでの勝負強さ

さらに大井太陽選手は、得点圏にランナーを置いた場面でも勝負強さを発揮しています。

2020秋の千葉大会決勝・東京学館戦では、4対4の九回裏二死三塁の場面でレフト前に弾き返すサヨナラタイムリーを放って木更津総合の5年ぶりの優勝に大きく貢献。

身長174cm・体重73kgと均整のとれた体格は高校でまだまだ厚みが増すでしょうし、1学年上の山中海斗選手らと共に、打線の核となってチームを引っ張ってほしい選手ですね…!

参考:山中海斗(木更津総合)は中学でベストナイン|父兄も話題の逸材に注目

Sponsored Link

大井太陽は身体能力の高さも木更津総合の武器

右打席での打撃センスが光る一方で、大井太陽選手は身体能力の高さも見逃せません。

木更津総合では主に外野手としてスタメン出場していますが、中学時代には捕手のポジションで活躍していた強肩は健在。

キャッチャーとして培ったスローイングの良さは大井太陽選手の魅力と言えるでしょう。

また俊敏性の高さも攻守で見せていて、三拍子揃った野手として今後もチームを牽引する活躍に期待していところです…!

同世代には越井颯一郎投手をはじめ好投手が揃うだけに、打線の中心になれる大井太陽選手の存在は非常に大きいと思います。

力強さが増してくると県内屈指の打者として注目を集める可能性も十分ですから、木更津総合での進化も楽しみにしつつ追いかけていきましょう!

参考:越井颯一郎(木更津総合)は球速に注目|中学日本代表のエース候補

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック