2020新入生特集

下関国際の2020新入生は?野球センス抜群のメンバーが集結!

山口では甲子園の常連として知られ、毎年レベルの高い選手が集う下関国際。

2020春に野球部へ加入した新入生も攻守にポテンシャルンの高い選手が揃っていて、高校野球ファンを沸かせてくれそうなメンバーが多くなっています。

この記事では、下関国際の2020新入生のメンバーから注目選手をピックアップしていきたいと思います!

参考:高校野球の2020新入生を特集【最新】全国の注目選手を高校別まとめ

下関国際の2020新入生メンバーの注目選手【投手】

まずは下関国際の2020新入生から注目の投手陣を見ていきたいと思います。

はじめに注目選手として挙げたいのが、兵庫北播シニア出身の仲井慎選手です。

1年の2020夏からショートのスタメンで出場している一方で、投手のポジションでも最速140キロに迫るストレートを投げ込む本格派右腕。

制球力の高さも兼ね備えており、中学時代には全国大会出場にも貢献しています。

下関国際でも攻守において中心メンバーになることは間違いなく、全国区のプレイヤーとして知られるのも時間の問題でしょう。

また、ヤング北九州若松アンビシャス出身の古賀康誠投手注目です。

中学時代は下級生から投手陣の一角で活躍し、中学2年時にはジャイアンツカップ出場にも大きく貢献。

また3年時にはエースを任されて、チームを全国大会ベスト8に導きました。

2020秋の山口大会では1年生ながら決勝の先発も託されている投手ですから、今後も投手陣を引っ張るメンバーになっていくでしょうね!

続いて注目したいのが、東広島シニアで活躍した染川歓多投手です。

中学3年時にはエースとしてチームを牽引して、ジャイアンツカップ出場に大きく貢献。

その実力が高く評価された染川歓多投手は、MCYSA全米選手権の日本代表メンバーにも選出され、日本の大会6連覇にも貢献してました。

2020秋の山口大会では打撃でも存在感を見せている選手ですから、投打にわたる活躍に期待していきましょう!

Sponsored Link

下関国際の2020新入生メンバーの注目選手【野手】

内野手の注目選手

続いて下関国際の2020新入生メンバーから、野手陣の注目選手をピックアップしていきましょう。

まず内野手で注目選手として挙げたいのが、八幡西ボーイズ出身の西原豪希選手です。

身長180cm・体重90kgの恵まれた体格をいかしたパワーは群を抜いており、中学時代は鶴岡一人大会の九州選抜メンバーとしても活躍していた右の強打者です。

ホームランの量産にも期待が高まるスラッガーですし、下関国際でも打線の中軸へと成長してほしい選手ですね!

また、和歌山北ボーイズ出身の山下世虎選手も注目です。

中学時代は下級生から主力で活躍し、和歌山県選抜のメンバーにも名を連ねていました。

野球センスは素晴らしいものがあり、特に守備力の高さがずば抜けているだけに、下関国際でも内野の要となってチームを引っ張ってくれるでしょう。

そして2020秋の山口大会から一番を任されている、呉中央シニア出身の賀谷勇斗選手も見逃せません。

山口大会決勝・桜が丘戦では同点となるタイムリー二塁打を放つなど、1年生ながらリードオフマンとしてチームを牽引しています。

広角にヒットを打てるバットコントロールは見ものですし、全国の舞台で躍動してほしいメンバーのひとりですね!

外野手の注目選手

最後は下関国際の2020新入生から、注目の外野手を見ていきましょう。

外野手の注目として挙げたいのは、羽曳野ボーイズ出身の赤瀬健心選手です。

中学時代は一番・センターを主に任されていて、持ち味の俊足とバットコントロールをいかしたプレーに定評のある外野手。

下関国際でも主力になれるポテンシャルは十分だけに、試合経験を積んで上位打線を任せられるような選手へと成長してくれることに期待しています!

Sponsored Link

下関国際の2020新入部員は攻守に野球センスが光る

下関国際の2020新入部員は、1年の2020秋からスタメンで出場しているメンバーも多く、これからの活躍が楽しみなチームになっています。

攻守にハイレベルな選手が並んでいるだけに、これからも山口の高校野球をリードしていく存在であることは間違いないでしょうね…!

山口の強豪・下関国際に引き続き注目しつつ、2020新入部員にはドラフト候補への成長も期待しながら応援していきたいと思います。

参考:広陵の2020新入生は?野球センス抜群のメンバーは全国トップクラス

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック