2022ドラフト野手

賀谷勇斗(下関国際)は強打に注目|ドラフト期待の打撃センス

呉中央シニアの主力で活躍し、2020春から下関国際でプレーしている賀谷勇斗選手。

鋭い打球を連発する左の強打者で、抜群の打撃センスは高校でも早くから存在感を発揮しています。

ホームランを打てる長打力も秘めていますし、中国屈指の強打者としてドラフト候補になって高校野球ファンを沸かせるのも時間の問題ではないでしょうか…!

下関国際の中心選手として注目の、賀谷勇斗選手を特集していきましょう。

参考:下関国際の2020新入生は?野球センス抜群のメンバーが集結!

賀谷勇斗の中学時代は呉中央シニア出身

右投げ左打ちの賀谷勇斗選手は中学時代、呉中央シニアでプレーしていました。

当時からどっしりとした下半身でスイングスピードの速さは群を抜いており、中学生離れした打球を飛ばしていましたね!

中学3年時にはALLシニアEASTのメンバーとして「津田恒美杯」にも出場しており、二番・サードで出場するなど精鋭が集うなかでも主力で活躍しています。

打力の高さは際立つものがあり、高校でも自慢のバッティングがどこまで進化を遂げるかが楽しみで仕方ありません。

Sponsored Link

下関国際・賀谷勇斗は抜群の打撃センスに注目

優れたミート力

賀谷勇斗選手はバッティングに注目したい左打者で、打率を残せるバッティングは素晴らしいものがあります。

スイングスピードが速いため手元まで呼び込んで打つことが出来ますし、左右に鋭い打球を飛ばせるセンスは見もの。

1年の2020夏から下関国際の五番でスタメン出場していたのも納得です。

当てる技術があるため難しいボールにも対応できますが、選球眼が磨かれると更に恐い打者になってくるでしょうね…!

ホームランも打てるパンチ力

また賀谷勇斗選手のバッティングは長打力も見逃せません。

一番・サードで出場した2020秋の中国大会準決勝・米子東戦では、第1打席でライトスタンドに先頭打者ホームランを叩き込みました。

1年時から下関国際打線を引っ張る活躍を見せていますから、同じく野球センスが光る仲井慎選手らと共に今後もチームの中心で暴れまわってほしいですね!

身長167cm・74kgのどっしりとした体格もこれから厚みが増しそうですし、軽々と外野へ運んでいく技術があるため全国区の強打者としてぜひ注目してほしい選手です。

Sponsored Link

賀谷勇斗は下関国際からドラフトも期待

下関国際の中心選手として期待がかかる賀谷勇斗選手。

これから全国区の選手になるであろうプレイヤーですし、ポテンシャルの高さが際立つだけに2022ドラフト候補として話題になっても不思議ではありません。

どっしりとした下半身を軸にしたスイングスピードの速さはもとより、崩されても外野の深いところまで運べるセンスは天性のものを感じさせます。

古賀康誠投手をはじめピッチャーにもレベルの高いメンバーが揃うだけに、賀谷勇斗選手には打力で下関国際を引っ張る活躍に期待したいところ。

全国の高校野球ファンにぜひチェックしてほしい逸材ですから、この先も成長に期待して追いかけていきたいと思います!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック