2020新入生特集

帝京の2020新入生は?メンバーは打力に優れて豪快野球に期待!

全国的な名門として高校野球ファン以外にも広く知られている帝京高校。

2020春に野球部に加入したメンバーもセンスがあふれる選手が並び、これからの活躍が楽しみな顔ぶれが揃っています。

特に打撃面では中学時代から強豪チームの中軸を任されていた選手も多く、早くからスタメンで活躍する新入生も出てくるでしょうね…!

熾烈な代表争いが繰り広げられる東京でも注目の帝京高校の、2020新入部員から注目選手をピックアップしていきましょう。

参考:関東一の2020新入生は?メンバーは投打に充実で将来にも期待!

帝京の2020新入生メンバーの注目選手【捕手】

帝京野球部の2020新入生ですが、まずは捕手のメンバーから見ていきましょう。

はじめに注目選手として挙げたいのが、志村ボーイズ出身の鵜飼陽太選手です。

中学3年時にはチームの主力でプレーして、春の全国大会でチームのベスト16に大きく貢献。

個人でも東日本報知オールスター東東京選抜に選出されるなど、強肩捕手として期待のメンバーですね!

そしてもうひとり期待したいメンバーが、東練馬シニア出身の廣田陸選手です。

中学時代にはジャイアンツカップでの準優勝を経験するなど、強豪チームでプレーしていた選手のひとり。

U15日本代表にも選出された慶應義塾・宮原慶太郎選手ともチームメイトで、正捕手の座を争っていましたね。

巧みなインサイドワークも光るキャッチャーですから、帝京でも正捕手候補として期待したいメンバーと言えるでしょう。

Sponsored Link

帝京の2020新入生メンバーの注目選手【内野手①】

次は帝京の内野手陣からも注目選手を紹介していきましょう。

まず注目したいのが、武蔵府中シニア出身の渡邊礼選手です。

長打力に期待のかかる右の強打者で、中学3年の2019春には関東ボーイズ大会にて準決勝・決勝と2戦連発でホームランを放っていました。

チェンジアップにもしっかり合わせてホームランにしていましたし、鋭いスイングにくわえて配球を読んで打つこともできるバッターなんですよね…!

2020秋の大会では1年生ながら四番・サードでスタメン出場も果たしており、これから帝京打線の軸となっていくメンバーであることは間違いありません。

さらに、東練馬シニア出身の小島慎也選手も見逃せません。

2019ジャイアンツカップでは三番を任されていて、4打数4安打2打点とチームの決勝進出に大きく貢献していました。

広角に鋭い打球を放つミート力は大きな魅力ですし、帝京でも上位打線を打つメンバーになるでしょう。

続いて、所沢中央シニアの伊藤翔太選手にも注目したいところ。

日台国際野球大会の北関東選抜メンバーにも選ばれていた選手で、センスの光るバッティングには期待です。

打力を買われてポジションを移す可能性もあるかもしれませんが、帝京高校でいかにして頭角を現すかは本当に楽しみですね…!

Sponsored Link

帝京の2020新入部員メンバーの注目選手【内野手②】

くわえて帝京高校の2020新入部員は、軟式出身の選手たちもハイレベルなメンバーが揃っています。

まず注目したいのが、駿台学園中学出身の高橋竜哉選手です。

身長177cm・体重88㎏の恵まれた体格をいかしたバッティングが持ち味の左スラッガーで、駿台学園中学では四番としてチームを牽引。

オール東東京のメンバーにも選ばれたほか、第71回東京都中学校野球秋季大会の優勝にも貢献していました。

また、軟式野球の名門・足立ブラックキラーズ出身の中西謙太選手も楽しみです。

中学時代にはクリーンナップを任され、アンダーアーマートーナメント2019・青戸中学校ではレフトオーバーのランニングホームを放つなど、長打力と俊足を武器にする選手。

中学では主将も任されていましたから、帝京高校でもリーダーシップも発揮してメンバーを引っ張ってほしいですね!

Sponsored Link

帝京の2020新入部員は野球センス抜群

2020帝京の新入生で注目の選手をピックアップしましたが、やはり打力が高い選手が多く揃っています。

1学年上には植草翔太投手武藤闘夢選手らドラフト期待のメンバーもいますから、レギュラー争いはますます熾烈になりそうですね…!

毎年レベルの高いチームを仕上げてくる帝京ですから、今後も高校野球ファンを沸かせてくれることでしょう。

参考:日大三の2020新入生を特集!メンバーの顔ぶれは全国トップクラス

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック