2021注目の捕手

田近介人(大阪桐蔭)は強肩強打|中学は東海ボーイズで中日本選抜

中学では東海ボーイズでプレーし、2019春から大阪桐蔭に進路を決めた田近介人選手。

安定したスローイングとインサイドワークに定評があり、強肩強打の捕手として注目を集めています。

中学時代は東海ボーイズの主力で全国大会出場を果たし、鶴岡一人大会の中日本選抜メンバーにも選出されていました。

大阪桐蔭でも期待が高まる正捕手候補・田近介人選手を特集していきましょう。

参考:大阪桐蔭の2019新入生は?メンバーはドラフト候補ズラリの豪華布陣

田近介人の中学時代は東海ボーイズ出身

主力で全国出場

右投げ右打ちの田近介人選手は中学時代、硬式野球チームの東海ボーイズに所属していました。

東海ボーイズでは2年時から主力で活躍し、中日スポーツ杯の優勝に貢献。個人でも優秀選手賞を受賞するなど、存在感を発揮していました。

また中学3年時にはジャイアンツカップで全国大会出場も果たしていますし、東海屈指の強肩強打の捕手として当時から注目を集めていた選手です。

中日本選抜のメンバーにも選出

東海ボーイズの主力でチームを牽引していた田近介人選手は、チームでの活躍から鶴岡一人大会の中日本選抜にも選ばれました。

各チームの主力選手が集まる中日本ブロック代表でも中心となって活躍し、チームの優勝に貢献していましたね!

また選抜では、智弁学園で1年から四番を打って注目されたドラフト注目・前川右京選手ともチームメイト。

智弁学園も関西の強豪ですから激突も楽しみですし、田近介人選手がどうやって強力打線を相手にリードしていくのかにも注目していきたいですね!

Sponsored Link

大阪桐蔭・田近介人は強肩捕手として期待

スローイングの良さ

大阪桐蔭の正捕手候補として期待されている田近介人選手ですが、まず守備面ではスローイングの良さに定評があります。

東海ボーイズ時代から際立っていた強肩を武器に、全国大会出場にも大きく貢献していましたね。

肩の強さもさることながら送球の安定感も抜群で、ブレがないスローイングは見もの。

盗塁阻止率も高いキャッチャーですから、田近介人選手のセカンド送球は大阪桐蔭の武器になってくるでしょうね!

優れたインサイドワーク

またスローイングの良さにくわえて、優れたインサイドワークでも高い能力を見せている田近介人選手。

2020秋の大阪大会5回戦・箕面学園戦でもスタメンマスクをかぶり、松浦慶斗投手をはじめ4投手を巧みにリード。

8回を1失点に抑えてチームのコールド勝ちに貢献していました。

配球の組み立てもしっかりできる頭脳派の捕手ですし、大阪桐蔭の投手陣を引っ張っていく姿をぜひ甲子園で観たいものです…!

参考:松浦慶斗(大阪桐蔭)はドラフト期待|中学日本代表は球速150キロ

Sponsored Link

田近介人はバッティングも大阪桐蔭の武器

強肩をいかしたスローイングや優れたインサイドワークなど、守備面で注目されている田近介人選手ですが、力強いバッティングも見逃せません。

東海ボーイズ時代は一番を任されるなどミート力にも定評があり、ホームランが打てるパンチ力も兼ね備えています。

ジャイアンツカップ予選のSASUKE名古屋ヤング戦では、ドラフト候補の畔柳亨丞投手(中京大中京)ら好投手を相手に計4安打を放つ活躍を見せていました。

大阪桐蔭では下位打線を務める田近介人選手ですが、こういう打者がいると打線にも厚みが出てきますよね…!

大舞台の「ここぞという場面」での、勝負強い一打に期待したい右打者です。

Sponsored Link

田近介人は大阪桐蔭でも正捕手争いに注目

東海ボーイズでは全国大会出場にも大きく貢献し、大阪桐蔭でも正捕手候補に挙げられている田近介人選手。

強肩をいかしたスローイングの安定度は抜群ですし、インサイドワークも含めた総合力の高い捕手として注目です。

坂玲哉選手らとの正捕手争いの中で、どこまで進化を遂げるかは本当に楽しみですね…!

打撃でも中軸を務めてもおかしくないだけのポテンシャルは秘めてますから、勝負強いバッティングに期待していきましょう!

大阪桐蔭を支える田近介人選手の活躍を、これからも追いかけていきたいと思います!

参考:坂玲哉(大阪桐蔭)は中学日本代表|二塁送球タイムと強打が凄すぎる

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック