2022注目の外野手

倉田春也(学法石川)は安打製造機|八王子シニア出身の逸材に注目

福島の学法石川で、1年の2020秋からレギュラーの座を掴んでいる倉田春也(くらた はるや)選手。

ヒットを量産するミート力の高さが光る右の巧打者で、広角に長打を打てるパンチ力も兼ね備えています。

中学時代は八王子シニアでプレーしており、ジャイアンツカップのベスト4を経験するなど高校でも成長が楽しみな外野手ですね!

学法石川でもクリーンナップでの活躍が楽しみな、倉田春也選手を特集していきましょう。

参考:学法石川の2020新入生は?メンバーから注目選手をピックアップ!

倉田春也の中学は八王子シニア出身で全国も経験

右投げ右打ちの倉田春也選手は、小学2年時に軟式野球チームのつくしシャークスで野球を始めました。

中学への進学後には、硬式野球チームの強豪・八王子シニアでプレー。

その八王子シニアでも活躍を見せており、中学3年時にはジャイアンツカップでのベスト4も経験しています。

ちなみに八王子シニアでチームメイトだった保科寛大選手と共に「聖光学院の連覇を止める」と意気込んで学法石川に進路を決めた倉田春也選手。

高校でも全国区の打者になる可能性は十分だけに、これから先の進化が本当に楽しみです!

Sponsored Link

学法石川・倉田春也はミート力抜群の打撃に注目

倉田春也選手の大きな武器になっているのが、どんなボールにも対応できる抜群のミート力です。

リストの使い方はヤクルト・山田哲人選手を参考にしているとのことで、学法石川の伊東美明部長も「リストが凄い」と倉田春也選手のバッティングを絶賛しています。

1年の2020秋・福島県南支部予選では3試合連続でマルチ安打を記録したほか、清陵情報・長沼線では3安打3打点、準決勝の修明戦では2安打2打点、決勝の光南線でも3安打1打点の大暴れ。

打順も三番を任されるなど学法石川でも早々にクリーンナップを担っていますし、持ち前のバッティングで今後さらに注目度を上げるのは間違いないでしょう。

1年からリードオフマンを務める権守玲皇選手をはじめ、学法石川は戦力が充実しているだけに甲子園でもぜひ観たいですね…!

参考:権守玲皇(学法石川)の俊足に注目|中学は東関東選抜の外野手が凄い

Sponsored Link

学法石川・倉田春也は広角にも長打

ヒットを量産するミート力に注目が集まる一方で、倉田春也選手は広角に長打が打てるパンチ力も見逃せません。

2020の福島秋季大会・日大東北戦では、4回2死満塁で走者一掃の中越え三塁打を放ち、チームの逆転勝利に貢献。

打ったボールは初球のスライダーでしたが、初球から変化球をジャストミートできている点も素晴らしいですよね!

身長168cm・体重79kgとがっちりした体格も魅力の倉田春也選手。

インタビューでは「本塁打は狙っていない。強い打球の延長で入れば」と語ってるものの、これからさらに身体が大きくなってくればホームランも自然と増えてくるでしょう。

得点圏にランナーがいる場面でも勝負強さを発揮していますし、同世代の上野洸明選手らと並んで倉田春也選手には学法石川の打線を牽引してほしいものです!

参考:上野洸明(学法石川)はホームラン期待|中学で東日本選抜の長距離砲

Sponsored Link

倉田春也は学法石川から全国区になる

中学時代は八王子シニアでジャイアンツカップベスト4を経験し、学法石川でも1年の2020秋からクリーンナップを任されている倉田春也選手。

毎試合のようにヒットを量産するミート力は同世代の中でもトップクラスですし、学法石川の安打製造機として打撃センスは目を見張るものがあります。

申し分ない打撃センスの持ち主だけに、高校でどこまで進化を遂げるかが本当に楽しみな右打者。

中学時代に全国制覇を経験している京葉ボーイズ出身の黒川凱星選手ら、攻守でハイレベルな選手が揃いますから、学法石川で黄金世代を築いてくれることにも期待です。

倉田春也選手の打力はチーム内でも随一ですし、チャンスの場面でのバッティングには大いに注目していきましょう!

学法石川打線の中核としての活躍に期待しつつ、全国区のプレイヤーへの成長にも期待を込めながら応援していきたいと思います!

参考:黒川凱星(学法石川)はセンス抜群|京葉ボーイズ出身の鉄壁野手

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック