2022注目の外野手

権守玲皇(学法石川)の俊足に注目|中学は東関東選抜の外野手が凄い

中学時代は水戸シニアの主力で活躍し、2020春からは福島の学法石川に進路を決めた権守玲皇(読み方は「ごんのかみ れお」)選手。

持ち前の俊足が魅力の外野手で、攻守にわたりスピード感溢れるプレーが非常に楽しみです。

出身の東茨城リトルでは全国大会出場を果たし、水戸シニアでも東関東選抜のメンバーに選出されるなど小中学時代から野球センスは光っていましたね!

学法石川のリードオフマンとしても注目を集めている、権守玲皇選手を特集していきましょう。

参考:学法石川の2020新入生は?メンバーから注目選手をピックアップ!

権守玲皇の中学時代は水戸シニアで選抜

リードオフマンで活躍

右投げ右打ちの権守玲皇選手は小学時代、硬式野球チームの東茨城リトルに所属していました。

東茨城リトルでは主将を務めてチームを牽引し、全国大会への出場も果たしていましたね。

そして中学への進学後には水戸シニアでプレーしており、リードオフマンを務めるなどチームの中心で活躍して、関東大会へも出場していました。

権守玲皇選手は一番・センターの定位置が似合うプレイヤーですね…!

東関東選抜で台湾遠征も

水戸シニアの主力で活躍していた権守玲皇選手は高い実力が評価され、東関東選抜のメンバーにも選出されています。

東関東選抜でも主力で活躍しており、選抜メンバーとして台湾遠征を経験できたのは大きかったでしょうね…!

中学生の段階で国際試合を経験できる選手は一握りですし、権守玲皇選手の野球人生において大きなプラスになったことは間違いありません。

東関東選抜のOBでは横浜高校で活躍し、2019ドラフトで阪神から3位指名された及川雅貴投手もいますから、権守玲皇選手も今後の活躍に期待したいですね!

Sponsored Link

学法石川・権守玲皇は俊足に注目のスピードスター

水戸シニアでもリードオフマンとして活躍していた権守玲皇選手ですが、やはり持ち前の俊足には注目です。

同世代の中でも足の速さはトップクラスですし、内野安打や盗塁も大きな武器になっています。

中学時代の2018秋の南関東大会・千葉南戦では俊足をいかして三塁打を放つなど、チームの勝利にも大きく貢献していました。

また学法石川でも1年の2020秋から福島大会に一番・センターでスタメン出場していますが、権守玲皇選手の優れた野球センスを考えると納得。

学法石川の同世代には上野洸明選手をはじめ強打者がいますから、チャンスメーカーとなって打線を引っ張ってほしいものです!

参考:上野洸明(学法石川)はホームラン期待|中学で東日本選抜の長距離砲

Sponsored Link

権守玲皇の守備力の高さも学法石川の武器

優れた俊足の持ち主である権守玲皇選手ですが、攻撃だけでなく守備でもチームに大きく貢献しています。

足の速さをいかした守備範囲の広さはもちろんのこと、一歩目のスタートや打球判断も優れている外野手なんですよね…!

権守玲皇選手がいることでセンターラインも強固になってきますし、レフトやライトのカバーにも回れるため、周りの選手も思い切ったプレーが可能になってきます。

1年の2020秋から早々にセンターでスタメン出場を果たすなど期待が持てる外野手だけに、学法石川のセンターラインを担う選手として注目していきましょう!

Sponsored Link

権守玲皇は学法石川で打撃の成長にも期待

足の速さだけでなく、優れた打撃センスでヒットの量産にも期待がかかる権守玲皇選手。

巧みなバットコントロールをいかし、左右に打ち分けられる高い技術も見せています。

高校でのトレーニングで身体ができてくれば更にパワーもつくでしょうし、長打が増えてくると相手バッテリーとしてはかなり厄介なバッターです。

外野の間を抜ければ三塁打になるベースランニングも魅力ですから、打撃のさらなるレベルアップにも期待したいですね!

中学時代に全国制覇を経験している黒川凱星選手ら、学法石川の同世代には攻守でセンス溢れる選手が揃いますから、権守玲皇選手も中心となっての活躍に期待。

福島から高校野球ファンを沸かせてくれるプレイヤーだけに、今後の成長はぜひ追いかけていきましょう!

参考:黒川凱星(学法石川)はセンス抜群|京葉ボーイズ出身の鉄壁野手

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック