2022注目の内野手

米山幸汰(桐光学園)は打撃センス抜群|秦野シニア出身の注目株

神奈川の強豪・桐光学園で、1年の2020夏からベンチ入りを果たしている米山幸汰選手。

試合で見せる抜群の打撃センスには大きな注目が集まっていて、勝負強さにも定評のある右の好打者です。

小学時代は二宮大磯リトルの主軸で活躍したほか、秦野シニアでも四番を務めて全国大会出場にも大きく貢献しました。

攻守にわたり桐光学園の中心として期待されている、米山幸汰選手を特集していきましょう。

参考:桐光学園の2020新入生は?野球センス抜群のメンバーが集結!

米山幸汰は二宮大磯リトルで投打の軸

右投げ右打ちの米山幸汰選手は、硬式野球チームの二宮大磯リトルでプレーしていました。

その二宮大磯リトルでは主軸で活躍し、リトルリーグ神奈川大会での3位入賞にも貢献。

同大会では3試合連続ホームランも記録するなど、投打にわたる活躍でチームを牽引していたんですよね…!

当時から抜群の野球センスを見せていた米山幸汰選手ですが、中学に進んでも中心選手として実力は磨かれていきます。

Sponsored Link

米山幸汰の中学時代は秦野シニアで主軸

二宮大磯リトルを卒団後には、秦野シニアでプレーしていた米山幸汰選手。

秦野シニアでも四番を任されるなど持ち前の打力は光るものがあり、中学時代もチームの主軸で活躍。中学3年時には副主将も任され、全国選抜大会出場に大きく貢献しました。

リトルシニア、ボーイズ、ヤング、ポニーの4団体のチームが垣根を超えて対決する、第7回DeNAベイスターズカップでもベスト4の成績を残していましたね!

また全国大会で準優勝している静岡裾野シニアにも勝利しており、強豪チームの中心だったことがわかります。

ちなみに秦野シニアでは、東海大相模の強肩捕手・平岡大和選手や桐蔭学園の注目野手・上笹恭吾選手とチームメイトだった米山幸汰選手。

同じ神奈川の強豪に進路を決めていますから、この先の激突も見逃せません!

Sponsored Link

桐光学園・米山幸汰は打撃センスに注目

ミート力の高さ

桐光学園でも主軸での活躍が期待される米山幸汰選手ですが、ミート力の高さには注目です。

2020秋の神奈川大会からは持ち前のミート力を買われ、1年生ながら三番でスタメン出場も果たしています。

中学時代から左右に鋭い打球を飛ばしていましたが、桐光学園でいきなりクリーンナップを任されているあたりポテンシャルの高さを感じますよね…!

同世代ではリードオフマンの篁哲郎選手も早くからスタメンで活躍を見せていますし、ともに桐光学園を引っ張る活躍に期待です!

勝負強いバッティング

高いミート力だけでなく、勝負強さでもチームに貢献している米山幸汰選手。

2020秋の神奈川大会・神奈川工戦では、初回一死三塁のチャンスで先制となるセンターオーバーの三塁打を放っていましたね!

得点圏での勝負強さに加えて長打力も示しましたが、これから桐光学園打線の中核を担うことは間違いありません。

今井海翔選手をはじめ同世代にもセンス抜群の選手が揃うため、米山幸汰選手は桐光学園の中心として今後さらに注目度をアップさせるのではないでしょうか…!

参考:今井海翔(桐光学園)の俊足は全国区|中学の関東選抜はドラフト期待

Sponsored Link

米山幸汰は守備力の高さも桐光学園の戦力

高い打撃センスを随所に見せる一方で、米山幸汰選手は守備力の高さも見逃せません。

1年生ながら2020秋からは背番号6でショートのレギュラーを掴んでいて、ディフェンス面でも実力を示しているんですよね!

まず見逃せないのが投手も務めていた強肩で、三遊間の深い位置からでも矢のような送球が光ります。

またスローイングの安定感に加えてフットワークも軽快で、内野の要として桐光学園の守備を支えてくれる内野手。

高校での試合経験を積んでいくことで守備力もさらに向上してくるでしょうし、世代を代表するショートへと成長してほしいですね!

攻守にセンスを見せている選手だけに、阿部陽向選手らと共にハイレベルな内野陣を形成してくれることにも期待です。

桐光学園の中心選手として、2022ドラフト候補にも名前が挙がる選手への成長にも期待を込めて、米山幸汰選手を追いかけていきたいと思います!

参考:阿部陽向(桐光学園)は攻守の要|東京城南ボーイズ出身の俊足巧打

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック