2022注目の捕手

唐川侑大(東海大札幌)は強肩強打|日本ハムジュニア出身の注目株

旭川北稜シニアの主力でプレーし、2020春から東海大札幌に進路を決めた唐川侑大(からかわ ゆうだい)選手。

中学時代には投手で最速130キロ超のストレートを投げ込む一方で、打撃でも四番を務めていた楽しみなプレイヤーです。

小学では日本ハムファイターズジュニアのメンバーにも名を連ねるなど、北海道でもトップクラスの舞台で活躍してきているんですよね…!

東海大札幌では捕手で早々にスタメンを奪取するなど成長に期待がかかる、唐川侑大選手を特集していきましょう。

唐川侑大の小学時代は日本ハムジュニア出身

ドラフト候補とチームメイト

右投げ右打ちの唐川侑大選手は小学時代、新富野球少年団でプレーしていました。

投手のポジションで活躍するなど、早くから野球センスは光るものを見せていましたね。

このときの1学年上には2021ドラフト候補の大阪桐蔭・松浦慶斗投手や旭川実業・田中楓基投手がいましたから、唐川侑大選手は小学時代からハイレベルな環境に身を置いていたことがわかります…!

日本ハムジュニアを経験

新富野球少年団で主力として活躍していた唐川侑大選手は、小学6年時に日本ハムファイターズジュニアに選出されました。

広島カープジュニアとの一戦では先発投手としてマウンドに上がったほか、ソフトバンクホークスジュニア戦ではホームランを放っているんですよね…!

背番号11をつけて投打に活躍を見せてトーナメントでのベスト4進出にも貢献しており、当時から注目を集めていた逸材。

ちなみに北海高校に進路をとった井樫太希投手は日本ハムファイターズジュニア時代のチームメイトですから、高校での激突も非常に楽しみです!

Sponsored Link

唐川侑大の中学時代は旭川北稜シニアで最速130超

中学への進学後には、旭川北稜シニアに所属していた唐川侑大選手。

3年時には全国大会も経験するなど、中学でも中心となってチームを牽引していましたね…!

中学2年時から主戦クラスの投手で活躍していて、最速135キロをマークしている本格派です。

一方で打線の四番も務めるなど、旭川北稜シニアでもまさに大黒柱だった中心選手と言えるでしょう。

Sponsored Link

唐川侑大は兄も東海大札幌の主砲で野球一家

東海大札幌に進路を決めた唐川侑大選手ですが、兄弟も同じ東海のユニフォームを着ていました。

兄の治也さん(現東海大)も東海大札幌の四番を打っており、2017夏には南北海道大会準決勝で満塁ホームランも放った左の強打者。

また父親の幸治さんも旭川実業でのプレーを経て、社会人野球の日本製紙旭川硬式野球部で活躍するなど野球一家なんですよね…!

兄の治也さんは2017夏の決勝で惜しくも北海高校に敗れていますから、唐川侑大選手の甲子園出場には大いに期待したいところです!

Sponsored Link

東海大札幌・唐川侑大はホームランも期待の強打者

1年の2020秋から公式戦でスタメンに名を連ねている唐川侑大選手ですが、右打席でのバッティングには注目です。

中学時代にもバックスクリーンにホームランを叩き込むなど、鋭いスイングからのパンチ力は見もの。

身長175cm・体重82kgと体格もどっしりしていますから、高校でのトレーニングで長打力には更に磨きがかかるでしょう。

同世代の守野銀二選手も2020秋の札幌丘珠戦でホームランを放っていますし、唐川侑大選手もぜひ今後の東海大札幌で中軸を担う打者へと成長を遂げてほしいものです!

Sponsored Link

唐川侑大は強肩捕手として東海大札幌で躍動

中学までは投手で活躍してきた唐川侑大選手ですが、東海大札幌ではまず捕手でポジションを勝ち取りました。

高校入学後の夏に本格的に捕手にチャレンジし始めて、すぐに秋の大会でマスクをかぶるあたり野球センスと対応力はさすがですよね…!

投手で最速135キロをマークしている強肩を活かし、二塁送球タイムにも注目したいところ。

同世代で本格派左腕として注目を集める門別啓人投手とは、これから北海道でも随一のバッテリーへと成長を遂げるのではないでしょうか…!

攻守で高いポテンシャルを秘めた選手だけに、唐川侑大選手の今後の活躍からは目が離せません。

参考:門別啓人(東海大札幌)は球速に注目|北海道選抜の左腕はドラフト期待

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック