2022ドラフト投手

門別啓人(東海大札幌)は球速に注目|北海道選抜の左腕はドラフト期待

中学時代には北海道選抜も経験し、2020春からは東海大札幌に進路を決めた門別啓人(もんべつ けいと)投手。

左腕から繰り出すストレートは球威抜群で、恵まれた体格でも将来が楽しみな逸材です。

小学時代には日本ハムファイターズジュニアも経験しており、各世代で上の舞台を経験してきた北海道屈指のサウスポーですね!

東海大札幌でも次期エース候補として成長が楽しみな、門別啓人投手を特集していきましょう。

門別啓人は小学時代から北海道屈指のサウスポー

全道大会で圧巻の奪三振ショー

左投げ左打ちの門別啓人投手は小学時代、JBC日高ブレイヴでプレーしていました。

当時から本格派として有名な投手で、小学6年時にはエースでマウンドに上がって全道少年軟式野球大会での優勝にも大きく貢献。

またこの全道大会では、初戦の遠別ライオンズ戦で四回を零封。この試合ではなんと打者12人連続三振の衝撃的なピッチングを披露しました…!

門別啓人投手は準決勝でも完封を見せるなど、ポテンシャルの高さは群を抜いていましたね。

日本ハムファイターズジュニアでもエース格

JBC日高ブレイヴで活躍を見せていた門別啓人投手は、小学6年時には日本ハムファイターズジュニアにも選出されています。

約900人のセレクションから選ばれた18人の精鋭のなかで背番号1をつけて、エース級の活躍で日本ハムファイターズジュニアのベスト4進出の立役者となりました。

このとき左右の本格派と注目を集めていた井樫太希投手は北海高校に進路を決めており、高校での激突も楽しみですね!

参考:井樫太希(北海)は球速に期待|新琴似シニア出身右腕は日本ハムジュニア

Sponsored Link

門別啓人は富川中学でも北海道選抜のメンバーに

門別啓人投手は日高町立富川中学への進学後にも順調に成長を遂げます。

中学2年時に出場した全日本少年春季軟式野球大会では、1回戦の北見市立北中学との試合でノーヒットノーランを達成。

完成度が高いピッチングで、高校での進路が話題になっていたのも納得の投手ですよね…!

さらに門別啓人投手はU14北海道選抜にも名を連ねており、高校での一層の飛躍も楽しみで仕方がありません。

このとき共にプレーした中西俊介投手は駒大苫小牧に進路を決めていますから、高校での投げ合いにも大いに期待しています!

参考:中西俊介(駒大苫小牧)は投球術に注目|中学で北海道選抜の逸材左腕

Sponsored Link

東海大札幌・門別啓人は球速に注目の本格派

東海大札幌でも注目が集まる門別啓人投手ですが、投球の軸となるストレートは見ものです。

中学2年時に球速132キロをマークした真っ直ぐは、高校で最速140キロ台中盤から後半まで伸びても不思議ではありません。

身長183cm・体重84kgと恵まれた体格は馬力も申し分なく、球威抜群のストレートは本当に楽しみですね…!

右打者のインコースに投げ込むクロスファイヤーも精度が高く、攻略するのは至難の業でしょう。

同世代では注目右腕の唐川侑大投手らもチームメイトになりますが、門別啓人投手には東海大札幌の柱となる成長に期待しています!

Sponsored Link

東海大札幌・門別啓人は完成度の高さも見もの

変化球のキレも抜群

門別啓人投手は球速に注目が集まる一方で、完成度の高さも見逃せません。

球種としては主にスライダー・カーブなどを投げ分けていますが、特に決め球として投じるスライダーのキレは抜群。

打者の手元で鋭く変化するため、奪三振が非常に多いのも納得のボールと言えます。

高い制球力も魅力

また門別啓人投手は制球力を兼ね備えた左腕でもあります。

綺麗な投球フォームからコースを突ける投球は安定感も抜群ですし、各世代で脚光を浴びてきた実力はダテではありません。

カーブでカウントを整えるなど緩急も使えますから、東海大札幌で精度に磨きがかかると高校でも話題になるでしょうね…!

2019ドラフトでは東海大札幌から小林珠維選手がソフトバンクから4位指名を受けましたが、門別啓人投手も2022ドラフト候補に挙がるだけのポテンシャルは十分。

東海大札幌で一層の進化を遂げてくれることにも期待して、この先も応援していきましょう!

参考:小林珠維(東海大札幌)はドラフトで球速以上に評価されていいと思う

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック