2021注目の投手

宮田知弥(横浜)は球速に期待|野球センス抜群の二刀流は打撃も凄い

神奈川の名門・横浜高校で1年の2019秋からベンチ入りを果たしている宮田知弥(読み方は「みやた かずや」)選手。

球速以上に速さを感じるキレのあるストレートを武器にする本格派で、高い打撃センスでも注目を集めています。

中学時代は中本牧シニアのエース兼四番を任されて、2度の全国大会出場にも大きく貢献していましたね!

横浜高校でも投打にわたりチームの中心での活躍が期待される、宮田知弥選手を特集していきましょう。

参考:横浜高校の2020新入生は?メンバーは注目選手がズラリで期待大!

宮田知弥の小学は横浜ベイスターズジュニア出身

右投げ左打ちの宮田知弥選手は、軟式野球チームの夏島ヤングスターズで野球を始めました。

小学6年時には横浜DeNAベイスターズジュニアのセレクションに参加し、約690人という多くの参加者の中から、18人のメンバーの座を見事に掴み取りました。

参加したNPBジュニアトーナメントでは背番号6を背負い、投手として登板を果たすなど、中心で活躍を見せていましたね!

また、横浜ベイスターズジュニアでは、横浜高校で共にプレーしている金井慎之介投手ともチームメイト。

金井慎之介投手と宮田知弥選手は投打でチームを引っ張っていく存在ですから、高校での活躍にも期待していきましょう!

参考:金井慎之介(横浜)の球速はまだ伸びる|中学時代に完投0の理由が凄い

Sponsored Link

宮田知弥は中学時代も中本牧シニアで全国を経験

横浜DeNAベイスターズジュニアで活躍していた宮田知弥選手は、中学への進学後は硬式野球チームの中本牧シニアに入団。

中学3年時にはエースと四番を任されて、春にはリトルシニア全国選抜野球大会へ出場。夏のジャイアンツカップではチームを全国ベスト8に導く活躍を見せていました。

当時から球速130キロに迫るストレートを投げる一方で、バッティングでも抜群の長打力を発揮するなど、進路が注目されていた選手の一人でしたね!

中学時代から優れた野球センスを見せつけていた二刀流だけに、高校での飛躍が本当に楽しみです。

Sponsored Link

横浜・宮田知弥は完成度に期待の注目投手

球速以上のキレ

横浜高校でも投手陣の一角として活躍が期待されている宮田知弥投手ですが、球速以上に速さを感じるストレートの切れには注目です。

力感のないゆったりとしたフォームから投げ込むボールはキレがあり、打者が差し込まれている場面も多く見かけました。

中学時代から球速130キロに迫るストレートを投げていた宮田知弥投手ですから、横浜高校でも球速には注目したいところ。

2020秋の神奈川大会でもマウンドを任されていますし、最速140キロを超えてくると非常に楽しみな投手です!

鋭い変化球

球速以上に速さを感じるストレートだけでなく、切れ味鋭い変化球も武器になっている宮田知弥投手。

中でもスライダーは一級品で、抜群のキレで空振りを奪える決め球です。

ストレートの球速が伸びてくれば、球速が近いスライダーは打者にとってかなりの脅威になってくるでしょうね…!

変化球でカウントを整える能力も持っている投手ですから、安定感のあるピッチングに期待。

1学年下にも安藤岳投手をはじめ楽しみなピッチャーが揃うため、宮田知弥選手にも切磋琢磨して力をつけていってほしいものです。

参考:安藤岳(横浜)は球速に注目|武蔵府中シニアのエースは高校でも期待

Sponsored Link

宮田知弥は打撃センスは横浜でも中軸を打てる

投手で高い能力を見せている一方で、打者としても非凡なセンスを発揮している宮田知弥選手。

中学の中本牧シニア時代は四番を務めていた逸材ですし、ベイスターズカップの決勝では2本の長打で優勝に貢献。抜群の長打力を見せつけていました。

スイングの鋭さはもちろん、対応力が高いためレベルの高い投手が相手でも自分のスイングがしっかり出来る点は大きな魅力でしょう。

横浜高校でも2020秋の神奈川大会では三番・サードでスタメン出場を果たしていますし、打線の中軸で活躍が期待されています。

ともにクリーンナップを務める延末勧太選手立花祥希選手も、2021ドラフト候補として注目があつまる逸材ですから、横浜高校の打力の高さは今後も目が離せません!

投打に抜群のセンスを見せる宮田知弥選手の活躍に期待しつつ、全国区の選手への飛躍に期待していきましょう!

参考:立花祥希(横浜)は中学日本代表|ドラフト期待のキャッチャーに注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック