2021注目の内野手

延末勧太(横浜)は中学で全国優勝の主軸|抜群の打撃センスで魅せる

全国屈指の名門・横浜高校で1年夏からベンチ入りし、2019秋の神奈川大会では1年生ながら四番を任された延末勧太(のぶすえ かんた)選手。

中学時代に所属していた世田谷西シニアでは捕手としてもチームの全国優勝に大きく貢献したほか、バッティングでも主軸を務める活躍を見せていました。

横浜高校入学後も思いきりの良さと持ち前のミート力を発揮しており、チームの中心選手としての成長に期待がかかりますね!

横浜高校の中軸として、これからの活躍・成長が期待される延末勧太選手を特集していましょう。

参考:横浜高校の2020新入生は?メンバーは注目選手がズラリで期待大!

延末勧太は出身の世田谷西シニアで中学全国優勝

東京都目黒区出身の延末勧太選手は、地元の少年野球チーム「不動パイレーツ」で小学1年から野球を始めました。

目黒区立大鳥中学に進学後は中学の強豪・世田谷西シニアに所属し、チームの主力として活躍。

キャッチャーのポジションで守備の要として全国制覇を経験しており、全国大会の決勝でもタイムリーを放つなど攻守に存在感を見せていた選手です。

全国大会の1、2回戦ではチームとしてノーヒットノーランを達成するなど、リード面においてもそのセンスを発揮。

予選の関東大会ではMVPに輝く活躍を魅せていますし、中学卒業時には進路が話題になっていた選手でもあります。

1年秋から横浜高校の四番に抜擢されているあたりも、平田徹監督の期待の高さも感じますね!

Sponsored Link

横浜・延末勧太はバッティングに注目

中学の世田谷西シニア時代から主軸を任され、高い打撃センスを持っている延末勧太選手。

バッティングの魅力の1つが、チャンスの場面でも初球からフルスイングできる思いきりの良さです。

ファーストストライクからどんどん振っていくため相手投手にプレッシャーを与えられますし、実際に2019夏の甲子園でも、優勝した履正社の桃谷惟吹選手は初球をヒットにすることでチームに勢いをもたらしていました。

延末勧太選手も思い切りの良さだけでなく、甘い球をひと振りで仕留めるミート力の高さも兼ね備えていますから、打席での期待感が非常に高いバッターですね!


リストが非常に柔らかくスイングスピードも速いため、甘い球は確実に捉えることができ、追い込まれてからの難しいボールもヒットゾーンに持っていく技術があります。

2020ドラフト注目・度会隆輝選手らと組むクリーンナップはこれからも楽しみですね!

参考:度会隆輝(横浜)がドラフト一巡目で消えてもまったく驚かないと思う

Sponsored Link

延末勧太は横浜高校で四番デビュー

中学時代からバッティングには定評があった延末勧太選手は、2019秋に横浜高校で四番デビューを果たしました。

初の四番として出場した2019秋の神奈川大会2回戦・綾瀬戦では、初回に左中間へタイムリー二塁打を放つなど2安打の活躍を見せ、見事に監督の起用に応えています。

それまでの練習試合では主に代打として出場していたものの、公式戦でのいきなりの抜擢で結果を残すあたりもさすがですね…!

ちなみに試合当日の朝に四番を告げられたそうで、試合後のインタビューでは「先輩方が気負うな、いつも通りと言ってくれた」と先輩への感謝を述べていました。

横浜高校の同世代には2021ドラフト注目の立花祥希捕手安達大和外野手らもいますから、全国トップクラスの強力打線に成長していきそうですね!

主軸として横浜高校の中心になるであろう延末勧太選手を応援して、これからも追い掛けていきたいと思います。

参考:立花祥希(横浜)は中学日本代表|ドラフト期待のキャッチャーに注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック