2021注目の内野手

繁永晟(大阪桐蔭)は俊足強打|中学は飯塚ボーイズで全国優勝の逸材

飯塚ボーイズで中心選手として活躍し、2019春から大阪桐蔭でプレーしている繁永晟選手。

ヒットを量産できる抜群の打撃センスに加えて、俊足・強肩を兼ね備えるなど身体能力の高さも光ります。

小学時代にはソフトバンクホークスジュニアに選出されたほか、中学では飯塚ボーイズで全国大会優勝にも貢献しているんですよね!

2021シーズンにかけて活躍が楽しみな、大阪桐蔭の繁永晟選手を特集していきましょう。

参考:大阪桐蔭の2020新入生は?メンバーは逸材揃いで過去最強との声も

繁永晟の小学時代はソフトバンクジュニア

繁永晟選手は小学時代、築城ライズでプレーしていました。

持ち前の野球センスは当時から光るものがあり、小学6年時にはソフトバンクホークスジュニアにも選出。

チームの主力メンバーとして上位打線を任されていて、見事にホームランも放っているんですよね…!

右投げ右打ちの走攻守揃った内野手としてショートを守るなど、背番号9をつけて12球団トーナメントの準優勝に貢献していました。

大阪桐蔭の同世代で2021ドラフト注目の関戸康介投手とはソフトバンクホークスジュニアでもチームメイトでしたから、高校でも再び全国を沸かせてほしいですね!

参考:関戸康介が大阪桐蔭を選んだ理由|ドラフト注目右腕の球速以上の武器

Sponsored Link

繁永晟の中学は飯塚ボーイズ出身で全国優勝

2年から主力で活躍

繁永晟選手は中学時代に地元の飯塚ボーイズに所属し、成長を加速させていました。

2017年には中学2年ながら三番を打つなど、早くから中心となってボーイズリーグの全国大会で優勝を果たしています…!

また神ノッカーとしてメジャーからスカウトされた春山総星監督のもと、ショートのポジションでも守備力が磨かれていました。

「技術よりも体力を付けて楽しく野球をやる」というチーム方針の飯塚ボーイズで、のびのび野球に取り組んだことも成長に繋がった要因なのではないでしょうか。

中学3年では九州選抜にも選出

繁永晟選手は全国大会の優勝に加えて、2018年の中学3年時には鶴岡一人大会で九州選抜のメンバーにも選ばれています。

選抜チームでもチームの中心となってプレーした一人で、中学トップレベルの選手であることは誰の目にも明らかだった内野手。

インタビューで高校入学後の目標を聞かれた際にも『走攻守全部』と答えるなど野球に対して貪欲な姿勢も素晴らしいですね!

2020ドラフト候補の浦和学院・美又王寿投手は飯塚ボーイズの先輩ですから、繁永晟選手も全国にその名を轟かせてくれることに期待しています!

Sponsored Link

大阪桐蔭・繁永晟は打撃センスに注目

繁永晟選手の持ち味としては、高い打率を残せる抜群の打撃センスに注目です。

コースに逆らわないシャープな打撃で、左右にヒットを量産できるポテンシャルを持つ右打者なんですよね!

優れたミート力で長打を放つことも出来ますし、大阪桐蔭でもバッティングで存在感を示してくれることに期待。

対応力が高く、簡単にアウトにならない点も相手バッテリーからすると非常に厄介でしょう。

同世代には池田陵真選手をはじめ強打者が揃いますが、大阪桐蔭打線のなかで繁永晟選手のバットも見逃せません。

参考:大阪桐蔭・池田陵真はドラフト期待|中学日本代表はホームランも注目

Sponsored Link

繁永晟の身体能力も大阪桐蔭の大きな武器

大阪桐蔭でも上位の俊足

繁永晟選手は打撃センスだけでなく、身体能力の高さも魅力的な選手です。

50メートルを6秒フラットで駆け抜ける脚力の持ち主で、チーム内でもトップレベルの俊足なんですよね!

攻撃面では積極的なベースランニングで必然的に長打が増えますし、内野守備における守備範囲の広さも光ります。

高校最後の2021シーズンにかけて、大阪桐蔭では攻守にわたって繁永晟選手のスピード感あふれるプレーが楽しみです!

内野守備で光る強肩

繁永晟選手は打撃センス・チーム随一の俊足に加えて、地肩の強さも兼ね備えた選手です。

内野守備でも強肩を活かして安定したスローイングを見せますし、大阪桐蔭の強固な守備陣のなかでも十分に活躍できるポテンシャルは秘めています。

攻守にわたりポテンシャルが高い選手ですから、キッカケ次第では一気に覚醒していく可能性も十分。

藤原夏暉選手らと共に、繁永晟選手には内野陣をガンガン引っ張ってほしいですね!

参考:藤原夏暉(大阪桐蔭)は次世代の主軸|中学日本代表の強打に大注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック