2021注目の外野手

野間翔一郎(大阪桐蔭)はセンス抜群丨中学は全国準Vの藤原恭大二世

大阪の名門・大阪桐蔭で走攻守すべてにおいて高いレベルで注目を集めている野間翔一郎(のま しょういちろう)選手。

大阪桐蔭のOBである藤原恭大選手(現:千葉ロッテマリーンズ)二世と評される実力の持ち主です。

中学時代は山口東シニアのトップバッターとして攻守において活躍し、全国準優勝に大きく貢献していましたね!

将来性の高さから2021ドラフトにも期待がかかる、大阪桐蔭の野間翔一郎選手を特集していきましょう。

野間翔一郎の中学は山口東シニアで全国準優勝

左投げ左打ちの野間翔一郎選手は中学時代は、山口東シニアに所属していました。

2018年の中学3年時には全国準優勝を果たしており、走攻守すべてにおいて中学トップレベルのポテンシャルを持った有望株として当時から注目を集めていました。

中学でもホームランを量産していたほか、50メートルは6秒を切る脚力にくわえ外野守備では強肩の持ち主なんですよね…!

とくに2018年の八王子シニア戦で見せた、逆方向の左中間へ放ったホームランには度肝を抜かれました。

同じく山口東シニア出身の前田健伸選手とは、主力で高校野球ファンを沸かせてほしいですね!

参考:前田健伸(大阪桐蔭)は中学通算30発|スポーツ大将も出演の大砲に注目

Sponsored Link

大阪桐蔭・野間翔一郎はセンス抜群の打撃

大阪桐蔭・野間翔一郎選手の1つ目の魅力はセンス抜群のバッティング技術が挙げられます。

2019入学時から1年間は高校レベルの投手に苦戦したものの、持ち前のセンスを発揮して対応してきていますね!

身長180cmの恵まれた体格で、長いリーチを生かしたバッティングは広角に長打を打てる打撃センスを持っています。

『藤原二世』といわれることは野間翔一郎選手自身も光栄に思っているとのことで、目標でもありプレースタイルも意識しているそう。

目標とする打率4割を打てるようなアベレージヒッターへと着実に近づいています。

Sponsored Link

大阪桐蔭・野間翔一郎はホームランもある

大阪桐蔭・野間翔一郎選手の打撃センスはミート力だけにとどまらず、ホームランにも期待できる魅力があります。

鋭いスイングで強烈なインパクトから放たれる打球の伸びは目を見張るものがあり、角度が出れば楽にスタンドインするパワーを兼ね備えている左打者。

中学時代に通算20本ものホームランを放っていたパンチ力は高校でも健在ですし、ミート力と長打力を兼ね備えたバッティングはこの先も大阪桐蔭の核になっていくでしょう。

ドラフト期待の池田陵真選手らと共に、強力打線を引っ張っていってほしいものです!

参考:大阪桐蔭・池田陵真はドラフト期待|中学日本代表はホームランも注目

Sponsored Link

野間翔一郎は身体能力も大阪桐蔭の武器

ずば抜けた俊足

大阪桐蔭でも活躍する野間翔一郎選手は、素晴らしい打撃センスのほかに高校トップクラスの俊足が魅力として挙げられます。

50メートル6秒を切る俊足に加えてベースランニングが非常に上手く、スピード面でも見もの。

この俊足は相手チームからすればやっかいでしょうし何としても塁に出したくない選手でしょうね•••!

足を生かしてチャンスメイクできる能力も備わっていますし、状況に応じて立ち回れる走塁センスも長けています。

ずば抜けた俊足は外野守備にも生かされていますし、身体能力の高さは強豪チーム内でも際立っています。

外野守備での強肩

また野間翔一郎選手の魅力を語るうえで、もう一つ欠かせないのが外野守備での強肩ぶりです。

単に肩が強いだけでなくスローイングも正確といった部分など、全てにおいて能力が高いプレイヤーといった印象を受けます!

ランナーを刺しにいく際の送球は素晴らしいものがありますし、球筋も伸びがあってキレイです。

ドラフト期待の関戸康介投手をはじめ大阪桐蔭には好投手が揃っていますから、強固な守備においても存在感を発揮してほしいところ。

目標でもある高卒プロ入り、2021ドラフト指名に期待がかかる野間翔一郎選手の活躍から今後も目が離せません!

参考:関戸康介が大阪桐蔭を選んだ理由|ドラフト注目右腕の球速以上の武器

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック