2020ドラフト野手

重政拓夢(関東一)はドラフト期待|ホームランも注目の俊足強打

東京の名門・関東一で1年の2018秋からレギュラーで試合に出場していた重政拓夢(しげまさ たくむ)選手。

ホームランを量産するパンチ力を秘めた関東屈指の強打者で、その打撃センスはプロのスカウト陣からも熱い視線を受けています。

中学時代は世田谷西シニアで全国優勝の輝かしい経歴を持ちますが、2020ドラフト候補としても楽しみな存在ですね…!

関東一の中心で活躍する、ドラフト期待の重政拓夢選手を特集していきましょう。

参考:関東一の2020新入生は?メンバーは投打に充実で将来にも期待!

重政拓夢の中学は世田谷西シニアで全国優勝

右投げ右打ちの重政拓夢選手は中学時代、中学野球の名門である世田谷西シニアに所属していました。

中学3年時には主力メンバーとして2度の全国大会に出場。日本選手権では全国制覇を果たすなど、当時から進路が話題の注目選手でした…!

その打撃センスは当時から注目を集めており、世田谷西シニアの一番打者を務めた中学の時点で神宮球場で柵越えホームランを放った長打力は見事のひと言でしょう。

関東一への入学後、1年からレギュラーを奪取したのも納得のプレイヤーです。

Sponsored Link

関東一・重政拓夢はホームランも注目の強打者

重政拓夢選手はパンチ力のあるバッティングが持ち味で、力強いスイングは目を見張るものがあります。

身長168cm・体重71kgの体格を目一杯使い、深いトップの位置から鋭いスイングを見せるバッティングで、ホームランも期待できる右の強打者に成長していますね!

スイングスピードが速いため懐まで呼び込んで弾き返すことができますし、しっかりと打率を残せる点もクリーンナップを任される理由の1つでしょう。

関東一を率いる米沢貴光監督は重政拓夢選手に対し「良いものはもっているがまだまだ」と話しており、将来への期待の大きさも伺えます。

すでに存在感を放っている選手ではあるものの、その真の魅力は底が知れない将来性の高さなのかもしれません…!

Sponsored Link

関東一・重政拓夢はドラフト期待の身体能力

俊足にも注目

重政拓夢選手は打撃センスが光る一方で、飛び抜けた身体能力を兼ね備えている点にも注目です。

まず挙げられるのが足の速さで、50メートルを6秒0で駆け抜ける俊足も素晴らしいんですよね…!

関東一は2019夏の甲子園でベスト8の成績を残していますが、重政拓夢選手も盗塁を決めるなど積極的な走塁を見せていました。

1学年上では高校ナンバーワンとも呼ばれた大久保翔太選手の俊足が際立っていましたが、走塁に重きを置く関東一で磨かれた重政拓夢選手のスピードも見逃せません。

強肩を活かしたスローイング

また重政拓夢選手は打撃センス・俊足に加えて、遠投100メートルを投げる強肩の持ち主でもあります。

外野の守備でランナーを刺しにいくときのスローイングは、低い弾道でグングン伸びていくためシートノックから相手にプレッシャーを与えているでしょう。

中継プレーでの返球も精度が高く、関東一で1年秋から1桁の背番号を付けていた理由がわかりますね!

2020新入生の井坪陽生選手ら、下級生にとってもドラフト期待の重政拓夢選手の存在は大きな刺激になっていることと思います!

参考:井坪陽生(関東一)は中学日本代表|八王子シニア出身の二刀流に注目

Sponsored Link

重政拓夢は関東一からドラフトに期待

関東一で攻守に存在感を放つ重政拓夢選手は、そのポテンシャルの高さから2020ドラフト指名に期待が高まります。

現時点でも素晴らしい選手ですが、もうワンランク上の選手へ覚醒してくれることも期待してしまいますね!

中学時代から常にレベルの高い環境に身を置いてきており、高校ラストシーズンでさらにアピールすることができれば、十分に2020ドラフトの可能性がある選手と言えるでしょう。

帝京・小松涼馬選手らと共にプロのスカウトから注目を浴びる逸材で、2020夏の躍動も追いかけたいところ。

速さと強さを兼ね備えた外野手で経験も豊富だけに、東東京で高校野球ファンを沸かせてくれることに期待しています!

参考:小松涼馬(帝京)はドラフト注目|抜群の身体能力は全国トップクラス

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック