2020ドラフト野手

長谷川優也(日本文理)は中学日本代表|攻守で光る3つの注目ポイント

新潟の強豪・日本文理で主力選手として活躍する長谷川優也選手。

入学直後の2018春から内野手としてスタメンに名を連ねている好打者ですが、2年生となった2019春には投手として最速141キロをマークするなど投打に期待がかかります。

黒埼中学時代にはU15日本代表にも選出された逸材で、将来的にも非常に楽しみな選手なんですよね…!

攻守でポテンシャルの高さを見せる長谷川優也選手について、詳しく見ていきましょう。

 

長谷川優也は中学時代にU15日本代表

出身は新潟黒埼中学

投打に注目の長谷川優也選手は小学時代には新潟市立大野小学校に通い、大野ヤンキースでプレーしていました。

黒埼中学では主に投手としてプレーしていたほか、キャプテンも務めるなどチームの主力選手として活躍。

130キロ台中盤のストレートとキレのあるスライダーを武器に、全日本少年軟式野球・新潟県大会では決勝の上山中戦を完封で締めてチームを優勝に導いています。


8回のタイブレークまでもつれた試合を一人で投げ切ったのは見事ですね!

冬のトレーニングで下半身を徹底的に鍛えた成長ぶりをしっかり結果で示すあたり、精神的な強さも持ち合わせていることが伺えます。

内山壮真選手荻原吟哉投手らがプレーしていた星稜中学にライバル心を燃やしていましたから、高校でも北信越大会や甲子園での対戦が楽しみです。

参考:内山壮真(星稜)はドラフト確定の逸材|俊足強打で小園超えなるか

侍ジャパンでは内野手でプレー

地区でも有名な選手であった長谷川優也選手は中学3年時に侍ジャパンにも選出され、「BFA U-15アジア選手権」で世界を舞台にした戦いも経験しました。

「自分が選ばれていいのか」との想いがあったことをインタビューにて語っていましたが、グラウンドでは堂々とプレーして日本代表の優勝に大きく貢献しています。

黒埼中学では主に投手を務めていたにも関わらずサード・ショートとして全5試合に出場したあたり、国際大会でも対応力の高さを見せましたね!

プレーを見ていても随所に野球センスの高さを感じさせる、今後の成長が楽しみな選手です。

Sponsored Link

日本文理・長谷川優也に注目すべき3つのポイント

勝負強いバッティング

長谷川優也選手は打撃センスに定評がある右の好打者ですが、ミート力はもちろんのこと、チャンスで打てる勝負強さが光ります。

1年生ながらレギュラーとして出場した2018春には県大会・北信越大会の7試合で23打数7安打と堂々のプレーを見せたほか、9打点をマーク。

上級生に交じっても物怖じしない強さを見せていますし、2019春から中軸を任されているのも納得ですよね。

2019夏には新潟大会決勝でレフトスタンドにホームランを叩き込みました!

身長175cm体重72kgの筋肉質な体格も今後さらにパワーが増すでしょうから、ぜひこの先も甲子園の舞台で自慢のバッティングを披露してほしいものです…!

球速140キロを超える本格派

また日本文理では主に野手として活躍する一方で、リリーフで登板する際にはマウンドでも存在感を示しています。


2019春の北越戦では7回からマウンドに上がり、3回を無失点に抑える好投。被安打もわずかに1でしたから、ほぼ完ぺきなピッチングであったと言えるでしょう。

さらに9回には自己最速となる141キロもマークしており、本格派右腕としての片鱗も見せました。

北信越大会では敦賀気比に3対8で敗れましたが、同年代の2年生エース・笠島尚樹投手との対戦ではピッチャーとしての血も騒いだのではないでしょうか…!

2019夏には甲子園でもマウンドに上がっていますし、ピッチャーとしての長谷川優也選手にも大いに期待していきましょう。

参考:敦賀気比・笠島尚樹は球のキレで勝負|自在に操る変化球の鋭さも注目

強肩を活かした内野の守備も

最後に内野手としての守備についてです。

長谷川優也選手が本格的に内野手としてプレーし始めたのは高校からのため、現時点ではやや粗削りな印象を受けるものの身体能力の高さは十分に伝わってきます。

日本代表のときと同じく1年夏にはショート、2年春にはサードと三遊間のポジションに就いているのですが、ここでも大きな可能性を感じるんですよね…!


プロ野球選手では巨人の坂本勇人選手が好きだというのも何となくわかる気がします。

ソフトバンクの今宮健太選手も明豊時代には投手兼内野手として甲子園で躍動しましたし、強肩が光る守備もぜひ注目してみてください。

近江のショート・土田龍空選手もセンス溢れるプレーを見せる内野手ですが、攻守で魅せる長谷川優也選手からは目が離せません。

参考:近江・土田龍空の守備はプロ級|好捕連発のグラブさばきを名将が絶賛

Sponsored Link

日本文理・長谷川優也の存在は精神的にも大きい

ポテンシャルの高さを随所に感じさせる長谷川優也選手は、プレー以外の面でも存在感を示しています。

県大会でも「ここでは絶対に負けられない」とマウンドに上がったり、ホームランを放った試合でも「そのあとがダメだった」と語ったり。

プレーからは強気な性格が見てとれますし、自分に厳しい言葉を投げるなど、精神的支柱としても日本文理にとっては非常に大きな存在でしょう。


国際大会の経験は誰でも出来るものではないですし、大舞台に強い選手がいるのは甲子園の大観衆を前にした際にも相当な意味を持つと思います。

2019秋以降もチームの中心選手であることは間違いありませんから、どんどんチームを引っ張っていってほしいものです!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック