2022ドラフト投手

平野順大(京都国際)は球速に注目|中学で兵庫選抜の次期エース候補

関メディベースボール学院のエースで活躍し、2020春からは京都国際に進路を決めた平野順大(ひらの じゅんた)投手。

球速130キロ後半のストレートを武器に、京都国際でも注目が集まっている本格派右腕です。

小学時代はオリックスバファローズジュニアのメンバーにも選ばれたほか、中学時代も倉敷国際大会の東兵庫選抜に選出されていましたね!

京都国際でも投手陣の柱を担っていくであろう好投手・平野順大投手を特集していきましょう。

参考:京都国際の2020新入生は?メンバーは投打にハイレベルで優勝期待

平野順大の小学時代はオリックスジュニア出身

右投げ右打ちの平野順大投手は小学時代、軟式野球チームの山田西リトルウルフで野球を始めました。

小学6年時には厳しいセレクションを通過し、オリックスバファローズジュニアの18人のメンバーにも選出。

千葉ロッテマリーンズジュニアとの試合で登板を果たすなど、当時から投手のポジションで注目を集めていた右腕ですね!

ちなみにオリックスバファローズジュニアでは、2020春から龍谷大平安に進路を取った辻村大我選手ともチームメイトでした。

これからは県内でライバルとして覇権争いを繰り広げることになりますから、高校での激突もぜひ注目していきましょう。

Sponsored Link

平野順大は中学の関メディでも東兵庫選抜

オリックスバファローズジュニアで活躍を見せていた平野順大投手ですが、中学進学後は関メディベースボール学院に所属していました。

中学2年時から主力を務めるなど頭角を現し、京都大会では優勝に貢献して敢闘賞も受賞しています。

また中学3年時にはエースを任され、チームの全国大会出場にも大きく貢献していましたね!

くわえて、その実力が高く評価された平野順大投手は、倉敷国際大会の東兵庫選抜の代表にも名を連ねていました。

韓国代表戦では2安打完封の好投を見せるなど、選抜でもエース級の活躍を見せていましたね…!

ヤングリーグで本格派として実力を示していただけに、進路が話題になっていたのも納得の投手です。

Sponsored Link

京都国際・平野順大は球速に注目の本格派

京都国際でも投手陣の柱への成長が楽しみな平野順大投手ですが、大きな魅力はやはりストレートです。

中学時代に球速130キロ後半を記録しているストレートは力があり、しなやかな腕の振りから投げるボールはキレも抜群で、中学時代も多くの三振を奪っていました。

特に高めのストレートはかなり伸びてきている印象で、打者が振り遅れる場面も珍しくありません。

身長175cm・体重70kgと体格的にもまだまだ伸びしろがありますし、早くに140キロ台中盤まで球速が伸びてくる可能性も十分でしょう。

森下瑠大投手をはじめ同世代には好投手が揃うだけに、平野順大投手はその中心で強力な投手陣を引っ張ってほしいですね!

2022ドラフト候補に名前が挙がるだけのポテンシャルは秘めた投手ですから、京都国際での飛躍には大いに期待しています!

参考:森下瑠大(京都国際)は投打に注目|福知山ボーイズ出身の中学関西選抜

Sponsored Link

平野順大は京都国際でも投手陣の柱となって全国区に

小学時代はオリックスジュニアで活躍し、中学では関メディベースボール学院で全国も経験した平野順大投手。

球速130キロ後半のストレートは球威も素晴らしいですし、今後もストレートを中心としたピッチングに期待の右腕です。

縦の変化球に高校で磨きがかかってくると、ますます手がつけられない投手になってきそうですね…!

北代琉晟選手をはじめ同世代には打力のある選手も多く、この先も京都国際はかなり強くなっていく印象。

平野順大投手はそのなかでも中心選手となり、全国区になるのではないでしょうか…!

京都国際の中心で活躍することを楽しみに、これからの成長を追いかけていきましょう。

参考:北代琉晟(京都国際)はホームラン期待|中学で中日本選抜のスラッガー

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック