2022ドラフト野手

吉開鉄朗(慶應義塾)は打撃に注目|佐倉シニアの全国優勝で優秀賞

佐倉シニアで中心選手として活躍した吉開鉄朗(読み方は「よしがい てつろう」)選手ですが、2020春からの進路を慶應義塾に決めました。

高いミート力に期待がかかる右打者で、一方の守備でも扇の要として存在感を放つ捕手ですね!

中学時代には強豪の佐倉シニアで全国優勝も果たすなど、大舞台の経験も豊富なだけに高校でも一層の進化を遂げてほしいところ。

慶應義塾でも攻守での活躍が楽しみな、吉開鉄朗選手を特集してみました。

吉開鉄朗は中学の佐倉シニアで進路が話題の注目選手

右投げ右打ちの吉開鉄朗選手は中学時代、千葉の佐倉シニアでプレーしていました。

バッティングの良さは強豪チームでも際立っており、下級生の頃からスタメンに名を連ねていた選手ですね!

中学3年時には主に一番か三番の打順を任され、2019全国選抜大会では決勝でも二塁打を放つなど、佐倉シニアの優勝に大きく貢献。

さらに日本選手権でも全国ベスト8進出の中心で活躍を見せ、攻守に渡ってポテンシャルの高さに注目が集まる選手だったことは間違いありません。

高校の進路が話題になる選手でしたから、慶應義塾に決まったときには驚きと期待の声が挙がっていましたね…!

ちなみに佐倉シニアでバッテリーを組んでいた洗平歩人投手は八戸学院光星に進学しており、高校でライバルとなっての激突も楽しみです。

Sponsored Link

慶應義塾・吉開鉄朗は打撃センス抜群で即戦力

ミート力の高さは一級品

慶應義塾でも活躍に期待がかかる吉開鉄朗選手ですが、まず注目したいのがバッティングの良さです。

ミート力に長けた右打者で、ライナー性の鋭い当たりを左右に連発する打撃センスは高校でも即戦力と言えるでしょう。

中学2年・3年と、全国選抜大会で2年連続で優秀選手賞に輝いている実力はダテではありません。

変化球にも対応できる選手ですから、高校でも早い段階で好投手のボールを打席で経験してほしいですね!

長打力も兼備

打率の高さに加えて、吉開鉄朗選手は長打にも期待です。

力任せに振らずともスイングスピードの速さは申し分なく、高校でのトレーニングにおいてパンチ力にも磨きがかかることは間違いないでしょう。

下半身もどっしりとしていますから、慶應義塾でも打線の中心で大いに暴れまわってほしいですね…!

佐倉シニアで共に主軸として活躍した吉野太陽選手とは高校でもチームメイトになるため、この先の慶應義塾打線はかなり強力になってきそうです!

参考:吉野太陽(慶應義塾)の強打に注目|中学は佐倉シニアでセンス抜群

Sponsored Link

吉開鉄朗はディフェンス面でも慶應義塾の要に

類まれな打撃センスに注目が集まる一方で、吉開鉄朗選手は捕手のポジションでの守備にも期待です。

二塁送球でもスローイングの確実性が高く、フットワークの良さも光ります。

また冷静なリードは投手だけでなく野手陣にも落ち着きを与えますから、精神的支柱としても慶應義塾にとって大きな存在になるでしょう。

同世代では中学日本代表の宮原慶太郎選手もいるため、高校での起用法にも注目したいですね…!

参考:宮原慶太郎(慶應義塾)は中学日本代表|即戦力の逸材は世界一も経験

Sponsored Link

慶應義塾・吉開鉄朗は全国区の選手になる

攻守に注目が集まる慶應義塾の吉開鉄朗選手は、打撃の良さを活かしてポジションを奪取するのも時間の問題かと思います。

それほどに優れた逸材だといえますし、神奈川県ではもちろん、甲子園出場の機会を掴めば一気にブレイクするのではないでしょうか。

慶應義塾では中学日本代表の内野手・石崎世龍選手らと共にチームの中心になるでしょうし、ドラフト候補として高校野球ファンが忘れられない名前になる可能性も十分です!

高校での成長を楽しみに、吉開鉄朗選手をこれからも追いかけていきたいと思います。

参考:石崎世龍(慶應義塾)はセンス抜群|取手シニア出身の中学日本代表

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック