2022注目の投手

洗平歩人(八戸学院光星)は球速に注目|父は元プロの佐倉シニア出身右腕

中学では強豪・佐倉シニアでプレーし、2020春からは八戸学院光星に進路を決めた洗平歩人(読み方は「あらいだい あると」)投手。

最速140キロに迫るストレートが武器の本格派で、高校でも成長に期待がかかる右腕です。

父親が元中日の洗平竜也さんということでも話題を呼んでいますが、佐倉シニア時代には全国大会優勝も経験しており将来が楽しみですね!

八戸学院光星でも投手陣の一角として注目が集まる、洗平歩人投手を特集していきましょう。

参考:八戸学院光星の2020新入生は?メンバーは投打に注目選手がずらり

洗平歩人は元プロ・洗平竜也の息子

洗平歩人投手について見ていくうえで、まず父親の存在は欠かせません。

特徴的な名字のため覚えがある高校野球ファンの方も多いかと思いますが、父の洗平竜也さんは八戸学院光星のOBで、1年時からマウンドを任されていた左腕でした。

青森大会決勝に3年連続で敗れるなど苦杯をなめたものの、洗平竜也さんは東北福祉大を経て2000ドラフト2位で中日ドラゴンズに入団していますね!

高校3年間で球速を20キロアップさせるなど本格派左腕として活躍しましたから、洗平歩人投手も追いつけ追い越せで父親の背中を追ってほしいものです…!

Sponsored Link

洗平歩人の中学時代は佐倉シニア出身で全国制覇

洗平歩人投手は船橋市立御滝中学の出身で、中学時代には強豪・佐倉シニアに所属していました。

中学2年の2018秋には同じく中学屈指の強豪・世田谷西シニアとの一戦に先発し、4回を2失点の好投。秋季関東大会での佐倉シニアの優勝に大きく貢献しています。

さらに中学3年時には全国選抜大会で優勝も経験しており、本格派右腕として進路が注目されていましたね。

ちなみに中学時代のチームメイトで、共にマウンドを守った堀内友輔投手は青森山田高校に進路を決めていますから、高校ではライバルとしての投げ合いにも注目です!

Sponsored Link

八戸学院光星・洗平歩人は球速に注目の本格派

最速140キロに迫るストレート

八戸学院光星でも活躍に期待がかかる洗平歩人投手ですが、ピッチングの軸となるのは力のあるストレートです。

中学時代に最速138キロをマークしており、佐倉シニアで投手陣の一角を担った実力はダテではありません。

身長180cm・体重72kgと体格的にはまだまだ伸びしろがあり、球速140キロを超えてくるのも時間の問題ではないかと見られていますね!

ノビにも注目

球速に注目が集まる洗平歩人投手は、ボールの質の高さも見逃せません。

仲井宗基監督も質の高い真っ直ぐを評価しており、球速以上のスピードを感じさせるノビも見ものです。

さらに変化球もスライダーをはじめ3種類の球種を持ち合わせているだけに、精度が高くなってくると高校でも十分に戦力になるでしょう。

2019夏の甲子園を沸かせた山田怜卓投手も然り、八戸学院光星は力のある投手を輩出していますから、洗平歩人投手も右腕から繰り出すストレートには期待したいところ。

同世代では小学時代に世界一を経験している冨井翼投手らハイレベルなメンバーが揃いますが、熾烈な争いのなかで切磋琢磨して高校でも飛躍を遂げてほしいですね!

Sponsored Link

八戸学院光星・洗平歩人は父に続いてドラフトなるか

八戸学院光星でも本格派としての成長が楽しみな洗平歩人投手。

入学早々の2020年5月の練習試合でも早速マウンドに上がるなど、高校でも強力な投手陣の一角を担うだけのポテンシャルを秘めていることは間違いありません。

時期尚早とは思いつつ、父親の竜也さんに続くドラフトにも期待してしまいますね…!

一部では父親以上とも称されており、身体が一回り大きくなってくるとさらに球速も乗ってくるでしょう。

中学時代にバッテリーを組んだ強打者、慶應義塾の吉開鉄朗選手らとは、ぜひ全国の舞台で激突してほしいですね!

同世代の生田目隼人選手をはじめ八戸学院光星の強力打線は今後も健在ですから、守備面を支えるメンバーとして洗平歩人投手の台頭には大いに注目していきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック