2022注目の内野手

太田和煌翔(常総学院)は俊足巧打|日本代表も経験の天才内野手に注目

中学硬式野球の強豪・千葉市シニアで活躍し、2020春からの進路を常総学院に決めてた太田和煌翔(読み方は「おおたわ きらと」)選手。

抜群の安定感を見せる守備力と巧みなバットコントロールが魅力の内野手です。

過去にはU12日本代表も経験した選手で、千葉市シニアの全国ベスト8にも大きく貢献したメンバーの一人ですね!

ハイレベルな内野手が多い常総学院でも早い時期からの活躍が期待される、太田和煌翔選手を特集していきましょう。

参考:常総学院の2020新入生は?メンバーは注目選手が揃って期待大

太田和煌翔はU12日本代表を経験の注目野手

右投げ左打ちの太田和煌翔選手は両親の影響もあり、2歳のときから野球を始めました。

中学1年時には熾烈なトライアウトを通過してU12日本代表に選出。

安定感抜群の守備力は日本代表でも買われており、アメリカ戦では八番・セカンド、韓国戦では七番・セカンドでスタメンに名を連ねるなど、多くの試合で出場を果たしました。

結果としては4位という悔しい結果に終わったものの、世界の舞台で戦った経験は今後にも生きてくるでしょうね…!

日本代表では天理に進路を決めている戸井零士選手とチームメイトでしたし、高校での激突も非常に楽しみです。

Sponsored Link

太田和煌翔の中学時代は千葉市シニアで主力

千葉市立幸町第二中学への進学後には、強豪・千葉市シニアに所属していた太田和煌翔選手。

U12日本代表でもチームに貢献していた実力は健在で、千葉市シニアでも早い時期から内野手として頭角を現していました。

中学3年時には主に二番・セカンドで出場するなど主力として、日本選手権では全国ベスト8の成績も残していましたね!

同世代には内野手で注目の鹿田優選手も常総学院に進路を決めていますし、内野陣はこの先も楽しみにしたいところ。

抜群のセンスを見せる太田和煌翔選手は、高校でもプレーが話題になってくるでしょう…!

参考:鹿田優(常総学院)の俊足巧打に注目|中学で関東選抜のイケメン野手

Sponsored Link

常総学院・太田和煌翔は抜群の守備力に注目

太田和煌翔選手の注目ポイントの1つが、日本代表でもポジションを掴んでいた守備力の高さです。

俊敏性を活かした守備範囲の広さは目を見張るものがありますし、巧みなグラブさばきも見逃せません。

守備の技術においては世代トップクラスであることは間違いないだけに、高校でも早くから出場機会を掴んでほしいですね…!

打球の速さなどは高校野球になると当然違ってきますが、ずば抜けた野球センスで対応してくるのも時間の問題でしょう。

常総学院の1学年上には早くからショートのレギュラーを獲得している三輪拓未選手がいますし、太田和煌翔選手との二遊間コンビにも期待ですね!

参考:三輪拓未(常総学院)は中学日本代表|華麗な守備は世代トップレベル

Sponsored Link

常総学院・太田和煌翔は体育会TVで打撃センスも披露

抜群の安定感を誇る守備だけでなく、太田和煌翔選手は打撃でも活躍が期待されています。

U12日本代表での活躍で注目を集め、過去には『炎の体育会TV』でテレビ出演も果たしましたね…!

体育会TVでは「ヒット・ザ・ターゲット」という的を射抜く種目にチャレンジし、結果は15枚中6枚だったもののミート力の高さも見せつけています。

千葉市シニアでは二番を打つことが多く、ミート力の高さや小技を生かした打撃で重要な役割を担っていた太田和煌翔選手。

常総学院の同世代にはリードオフマンとして期待の石川大翔選手をはじめ、楽しみな打者が揃いますから、強打の常総学院でも貴重なつなぎ役としての仕事は目が離せません。

攻守で高いポテンシャルを秘めている選手ですから、高校での成長に期待しながらこれからも応援していきたいと思います!

参考:石川大翔(常総学院)は俊足巧打|中学の江戸崎ボーイズでは関東選抜

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック