2022注目の内野手

深谷謙志郎(東海大相模)は注目野手|中学日本代表は横浜緑シニア出身

神奈川の横浜緑シニアで主力として活躍し、2020春からは進路を東海大相模に決めた深谷謙志郎(ふかや けんしろう)選手。

軽快なフットワークと巧みなグラブさばきが光り、高い守備力で注目を集めている内野手です。

横浜緑シニアでプレーした中学時代には主将も務めてチームを全国大会出場に導いたほか、シニア日本代表にも選出された逸材ですね!

東海大相模でもレギュラー候補として注目の、深谷謙志郎選手を特集していきしょう。

参考:東海大相模の2020新入生は?メンバーは野球センス抜群で盤石か

深谷謙志郎は小学時代にベイスターズジュニア

右投げ右打ちの深谷謙志郞選手は、地元の少年野球チーム・DMファイターズで野球を始めました。

DMファイターズでも野球センスはずば抜けており、小学6年時には厳しいセレクションを通過して横浜ベイスターズジュニアに選出。

小学生の頃からすべてのポジションをこなす器用さを見せるなど、当時から優れた実力の持ち主であったことは間違いありません。

深谷謙志郞選手はNPB12球団ジュニアトーナメントでも背番号1を背負い、主に二番・サードで出場して横浜ベイスターズジュニアの優勝に貢献していますね!

東海大相模の1学年上にも横浜ベイスターズジュニア出身の小島大河選手がいますから、高校でもハイレベルなレギュラー争いに食い込んでいってほしいものです。

参考:小島大河(東海大相模)はセンス抜群|中学は相模ボーイズで主軸

Sponsored Link

深谷謙志郎は横浜緑シニアで中学日本代表も経験

中学への進学後には、硬式野球チームの横浜緑シニアでプレーした深谷謙志郞選手。

横浜緑シニアでも下級生のときからスタメンに名を連ねるなど、チームの中心で活躍を見せていました。

中学3年時には主将としてチームを牽引し、横浜緑シニアの全国大会出場にも貢献。

優れたプレーぶりが評価され、シニア日本代表として全米選手権大会にも出場しているんですよね…!

中学日本代表では背番号8をつけてプレーし、日本代表は大会6連覇を果たしました。

ちなみに同じ神奈川の川崎中央シニア出身で、進路を東海大相模に決めた求航太郎選手も日本代表ではチームメイトです。

それぞれ同世代でもトップクラスの舞台を経験しているだけに、東海大相模でどこまで存在感を示せるかには注目していきましょう!

参考:求航太郎(東海大相模)は中学日本代表|球速に注目の二刀流は家系も凄い

Sponsored Link

東海大相模・深谷謙志郎は堅守が光る内野手

攻守にセンスが光る深谷謙志郞選手ですが、守備力の高さには注目です。

身長166cm・体重60kgと大柄ではないものの、軽快なフットワークや巧みなグラブさばきは見もの。

横浜緑シニアではノックや走り込みなど、基礎練習をチームの方針として徹底して行っていたそうですが、中学時代に培われた内野の守備は素晴らしいものがあります。

中学では主にショートのポジションを任されており、俊敏性を活かした守備範囲の広さも兼ね備えていますしね…!

同世代には強肩強打の伊藤航大選手をはじめ楽しみな野手が揃い、ハイレベルな争いになることは必至。

東海大相模の内野陣は例年レベルが高いことで有名ですが、深谷謙志郞選手にはその中でも要となる選手に成長を期待したいところです!

参考:伊藤航大(東海大相模)は強打に期待|大田原ボーイズ出身の注目株

Sponsored Link

深谷謙志郎は東海大相模でも飛躍に期待

横浜ベイスターズジュニアでは上位打線に座り、中学日本代表でも巧みな守備で注目を集めていた深谷謙志郞選手。

同世代の中ではトップクラスの実力を誇る選手ですから、進路が話題になっていたのも納得です。

東海大相模の1学年上には、すでに高校ナンバーワンショートとも言われている大塚瑠晏選手をはじめ、ハイレベルな内野手が揃っています。

高校でも中心になるポテンシャルは秘めている内野手ですから、攻守ともにワンランク上の選手を目指してほしいですね!

東海大相模のアグレッシブベースボールにはすごくフィットしそうな選手だけに、深谷謙志郞選手の成長を追い掛けていきましょう。

参考:東海大相模・大塚瑠晏は中学日本代表|ドラフト期待の野球センスは必見

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック