2020注目の外野手

加田拓哉(帝京)の存在感が凄い|抜群の身体能力で攻守に魅せる

名門・帝京高校で1年夏からベンチ入りしていた加田拓哉選手。

ホームランも期待できる打撃センスと、俊足強肩が光る外野の守備でもチームを引っ張る存在です。

2019秋の新チームからは主将も任されており、活躍に一層の期待がかかりますね!

攻守の中心として帝京を牽引する、加田拓哉選手について特集していきましょう。

加田拓哉の中学時代は住吉ボーイズ出身

加田拓哉選手は大阪府堺市の出身で、小学生から熊野ライオンズで野球を始めました。

熊野ライオンズではピッチャー・キャッチャー・ショートを守るなど当時から身体能力の高さを見せており、小学6年時には投手として球速120キロのストレートを投げていたんだとか。

このエピソードからも、外野の守備での強肩も納得ですね…!

また堺市立浅香山中学に進学後には、硬式野球チームの住吉ボーイズに所属。

その住吉ボーイズでも中心選手として活躍しており、帝京で早々にベンチ入りを勝ち取ったのも不思議ではありません。

大阪出身の加田拓哉選手は、同じく大阪出身で1年夏からレギュラーを掴んだ小松涼馬選手ら地方の選手と共に近くの寮に下宿をしています。

二人は前田三夫監督からも「向こうの子はハートの強さがあるね」と評価されていますし、チームを引っ張る存在としても注目が集まりますね!

参考:小松涼馬(帝京)は攻守で存在感|抜群の身体能力でドラフトなるか

Sponsored Link

帝京・加田拓哉はホームランもある強打者

帝京の主将として活躍する加田拓哉選手の大きな魅力はバッティングで、ホームランも打てる長打力は帝京打線において大きな武器となっています。

高校入学直後にはベンチプレスで90kgを上げるなど、パワーは素晴らしいものがあるんですよね…!

2019夏の東東京大会・江戸川戦でも決勝の2ランホームランを放っていますし、秋の東京大会1回戦・法政戦でもレフトスタンドに叩き込んでいます。

武藤闘夢選手ら好打者が揃う打線においても、クリーンナップを任される加田拓哉選手の存在は相手バッテリーの脅威となるでしょうね!

身長175cm・体重77kgの体格も今後のトレーニングでさらに力強さを増すでしょうから、帝京打線の中心として大いに期待したいと思います。

参考:帝京・武藤闘夢に感じる大物の予感|中学では全国の舞台でホームランも

Sponsored Link

加田拓哉はセンス抜群の守備でも帝京を支える

強打の右打者としてバッティングに注目が集まる一方で、加田拓哉選手は外野の守備でもチームを引っ張ります。

小学時代にピッチャーを務めていた経験を活かした強肩と守備範囲の広さで、チームのピンチを何度も救っているんですよね。

2019秋の東京大会準々決勝・日大三戦でもダイビングキャッチで流れを渡さず、好守を連発してチームの勝利を手繰り寄せました…!

前方への打球処理は前チーム主将の大内智貴選手から学んだとのことで、それが見事に活きた試合になりましたね!

小松涼馬選手武藤闘夢選手のハイレベルな二遊間も含め、センターラインは鉄壁ですから、田代涼太投手ら投手陣も余裕を持ってマウンドに上がれるでしょう。

参考:田代涼太(帝京)は将来性に期待|球速以上の大型左腕はドラフトなるか

Sponsored Link

帝京・加田拓哉は主将としての働きにも注目

2019秋の新チームから主将を任されている加田拓哉選手は、声を出してチームを鼓舞するなど献身的な姿勢も光ります。

投打の柱として期待の武者倫太郎投手ら、黄金世代とも呼ばれるほど逸材揃いのチームにおいて、主将としての働きも見逃せません。


今の帝京で大事にしていることは、味方同士でも潰し合うつもりで練習からお互いにプレッシャーを掛け合うこと。

主将の加田拓哉選手も「練習で厳しく、試合で楽をしよう」と声を掛けているとのことで、帝京はこれからも強くなりそうですね…!

名門の躍進に期待して、加田拓哉選手の活躍を追い掛けていきたいと思います。

参考:武者倫太郎(帝京)は投球術に注目|球速アップに期待のイケメンエース

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック