2020注目の投手

武者倫太郎(帝京)は投球術に注目|球速アップに期待のイケメンエース

東東京の強豪・帝京で1年夏から背番号20でベンチ入りしていた武者倫太郎投手。

優れた制球力を武器に、2019秋の東京大会でもエースとして活躍を見せています。

野手としての打力にも期待がかかる選手だけに、帝京が躍進するためのキーマンと言っても良いでしょう。

投打の奮闘に注目が集まる、武者倫太郎投手を特集してみました。

武者倫太郎の中学時代は目黒ピータース出身

武者倫太郎投手は渋谷区立笹塚中学校の出身で、中学時代は軟式野球チームの目黒ピータースに所属していました。

その目黒ピータースでは主力選手としての実力が評価され、中学3年時にはオール東京選抜にも選出されています。


ちなみに中学時代に帝京への進学を決めた理由は、現DeNAの山崎康晃投手に憧れており、山崎投手の母校が帝京だったからなんだとか。

日本を代表するクローザーに負けない活躍を、マウンドでは期待したいものです…!

Sponsored Link

帝京・武者倫太郎は投球術に注目

球種が増えて安定感

武者倫太郎投手の武器は抜群の制球力とキレのある変化球で、名将・前田三夫監督も制球力には太鼓判を押しています。

背番号1で臨んだ2019夏の東東京大会・堀越戦では無四球完封でチームを勝利に導くなど、安定感は素晴らしいものがありますね!

この頃にはツーシームも習得しており、投球の幅を広げたことも見逃せません。

帝京には左のエース・田代涼太投手や柳沼勇輝投手もいますし、東京屈指の投手力と言っても過言ではないでしょう。

それぞれ活躍には刺激を受けていると思いますし、切磋琢磨してどんどん帝京投手陣を強固なものに仕上げていってほしいですね!

参考:田代涼太(帝京)は将来性に期待|球速以上の大型左腕はドラフトなるか

球速アップにも期待

前チームからエースとしてマウンドを任されていた武者倫太郎投手は、球速への期待も高まっています。


身長178cm・体重73kgと体格的にも伸びしろがありますし、130キロ台の球速がこれから伸びてくると、ワンランク上の存在になれるように感じますね…!

Sponsored Link

武者倫太郎はバッティングも帝京の武器

エース右腕として実力を発揮している武者倫太郎投手は、一方でバッティングでもチームに大きく貢献しています。

マウンドに上がらないときにはファーストで出場することが多くなっていますが、先頭打者としても存在感を放っているんですよね!

2019秋の東京都大会一次予選・聖パウロ学園戦では、四回裏一死一塁からレフトへ2ランホームランを放ち、長打力のあるところを見せました。


2019秋の日大三戦では初球スクイズを見事に決めるなど、勝負強さと小技が使える器用さも証明していますね!

投打に渡り野球センスを発揮している武者倫太郎投手の、今後の活躍にも注目です。

Sponsored Link

武者倫太郎はイケメンでも帝京の顔に

投打にわたって帝京の軸となる武者倫太郎投手は、プレーだけでなくルックスでも注目を集めています。

2019秋の東京大会でのスーパープレイも話題になっていましたね。

名門のエースが注目を浴びるのは自然な流れですが、甲子園出場を果たした際には、プレーだけでなくイケメン選手としても人気を集めそうですね…!

小松涼馬選手らと共にこれから帝京を引っ張っていく存在であることは間違いありませんから、投打の奮闘に注目して追い掛けていきたいと思います。

参考:小松涼馬(帝京)は攻守で存在感|抜群の身体能力は全国トップクラス

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック