2020注目の内野手

山路将太郎(鶴岡東)は攻守に存在感|河南シニア出身の俊足好打

2019夏の甲子園で躍進を遂げた鶴岡東で、2年生で唯一スタメンに名を連ねていた山路将太郎(やまじ しょうたろう)選手。

2回戦では2019春の甲子園準優勝・習志野との対戦で先制タイムリーを放つなど、勝利に貢献しましたね。

新チームとなった2019秋からは一番打者を任され、チームの切り込み隊長として持ち前の打撃センスを発揮しています。

鶴岡東の中心選手として注目が集まる、山路将太郎選手について特集していきます。

参考:鶴岡東の2020メンバー|注目選手が並ぶ強力打線は全国レベル

山路将太郎の中学時代は河南シニア出身

右投げ左打ちの山路将太郎選手は中学時代を大阪で過ごし、大阪の河南シニアに所属していました。

河南シニアは強豪として有名なチームで、2年生時には全国大会も経験。卒団生は大阪桐蔭や敦賀気比など全国の強豪校に進学しています。

山路将太郎選手も山形の強豪・鶴岡東に進路を決め、地元を離れるという決断をしましたが、その覚悟がこうして結果に繋がっているのは本当に素晴らしいですね…!


ちなみに山路将太郎選手はチーム1の高校野球マニアとのことで「一番のお気に入りは創志学園(岡山)。次は関東第一、次は習志野」とインタビューでも語っていたほど。

小中学時代から野球に熱中していたことが伺えますし、今後の成長も非常に楽しみな選手です。

Sponsored Link

鶴岡東・山路将太郎はバッティングに注目

ミートの上手さ

鶴岡東でも2年生唯一のスタメンを勝ち取った山路将太郎選手の大きな武器はバッティングで、変化球にも柔軟に対応できるミート力の高さが光ります。

右足を早めに上げる独特の打撃フォームから、左右に鋭い当たりを連発していますね!


際どいコースのボールをヒットゾーンに運ぶ巧さがありますし、丸山蓮選手ら強打者が並ぶ鶴岡東打線で存在感を放っていたことが本当に見事です。

内野安打もある俊足のリードオフマンとして、今後も鶴岡東を引っ張っていくこと存在であることは間違いありません。

参考:鶴岡東の注目選手【2019夏】破壊力を見せる強力打線と大型左腕

Sponsored Link

長打も打てるパンチ力

打撃センスに注目の山路将太郎選手ですが、長打を打てるパンチ力も相手チームの脅威となっています。

2019夏の甲子園でも関東一との一戦でも右中間を完全に破る二塁打を放っており、その長打力は甲子園の大舞台でも見せつけました。


もうひと伸びあればホームランという打球でしたし、右中間が広い甲子園球場の深いところまで運ぶバッティングは素晴らしいですよね!

2019秋の山形大会初戦でも先頭打者としてチームに勢いをつける二塁打を放ち、16対0のコールド勝ちに大きく貢献。

その後の試合でも持ち前の長打力とミート力でヒットを量産し、鶴岡東を3季連続の県大会優勝に導いています。

身長173cm・体重65kgと大柄ではないものの、これからのトレーニングで身体が大きくなると長打力にも更に磨きがかかってくるでしょうね…!

仙台育英の宮本拓実選手も東北で有数の左打者ですが、脅威の一番打者として、更なる成長を遂げた山路将太郎選手の活躍を甲子園の舞台で観られることを期待しています。

参考:宮本拓実(仙台育英)は中学日本代表|抜群の身体能力でドラフトか

Sponsored Link

山路将太郎は守備でも鶴岡東の中心

打撃だけの貢献はもちろん、セカンドでの守備においてもチームの中心として存在感を示す山路将太郎選手。

足の速さを活かした広い守備範囲と、打球への反応の良さでチームのピンチを何度も救っています。

2019夏の甲子園で・関東一戦でも、ヒットになりそうなファースト後方のフライを見事にキャッチして球場を沸かせましたね!


グラブさばきが柔らかい上に捕ってからの送球も非常に速いですし、守備面でも高い野球センスを感じさせます。

シャープな打撃を見せる吉田陸人選手らと共に、鶴岡東の主力として今後も話題になるでしょうから、ぜひとも攻守に実力を見せつけて高校野球ファンを熱狂させてほしいですね!

参考:吉田陸人(鶴岡東)の打撃センスに期待|白山能美ボーイズ出身の巧打者

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック