<2019ドラフト>

渡部雅也(日大山形)はドラフト期待|日本代表候補の強肩捕手

山形の強豪・日大山形で1年春の県大会からベンチ入りしていた渡部雅也(わたなべ まさや)選手。

2019春にはU18日本代表の1次候補にも選出され、同世代の中でもトップクラスの実力を誇っている捕手です。

甲子園に出場した2018春には四番も務めていますし、捕手としての強肩に加えて長打力を兼ね備えたバッティングにも定評がある選手ですね。

強肩強打のキャッチャーとして2019ドラフトにも注目が集まる、日大山形の渡部雅也選手を特集していきましょう。

日大山形・渡部雅也はドラフト注目の強肩

ドラフト候補として注目を集める渡部雅也選手の強みは、まずその強肩でしょう。

二塁送球タイムは最速で1秒87を記録。強肩捕手のひとつの指標である2秒を切っており、スローイングのレベルの高さは高校トップクラスと言えます。


遠投100メートル超えの肩の強さはもとより、安定度においても高い評価を受けている選手ですね!

高校生捕手としては智弁和歌山・東妻純平捕手や中京学院大中京・藤田健斗捕手らもプロ志望届を提出していますが、渡部雅也選手もポテンシャルの高さに期待のキャッチャーであることは間違いありません。

参考:藤田健斗(中京院中京)はドラフト注目|強肩のスローイングは高校随一

Sponsored Link

渡部雅也がドラフト注目の理由は打撃にもある

二塁送球タイムが話題になっている一方で、渡部雅也選手は長打力のあるバッティングも見逃せません。

1年秋から五番打者としてクリーンナップの一角を担い、練習試合を含めて5本のホームランを放つ活躍。日大山形を東北ベスト4に導きました。

2018春の甲子園では1回戦で敗退したものの、四番としてフェンス直撃の二塁打とセンター前へのタイムリーを放ち、バッティングでも存在感を示していますね…!


身長183cm・体重84kgの体格から放つ打球の鋭さは目を見張るものがあり、右の強打者としてもこれからが楽しみです!

Sponsored Link

日大山形・渡部雅也は日本代表合宿でも成長

2019春のU18日本代表候補として、合宿メンバーに選出された渡部雅也選手。

バッティング練習で大船渡・佐々木朗希投手が163キロを記録して話題になったときにも、捕手を務めていました。


インタビューでは「受けていても怖かった。捕るだけで精いっぱい」と語っていたものの、世代トップクラスの選手たちとの触れ合いは今後の糧になったことは間違いありません。

同じくドラフト注目の東邦・石川昂弥選手からは打席での考え方を学んだりしていましたから、プロの世界での激突にも期待したいですね!

参考:石川昂弥(東邦)のドラフトは野手で上位|中日の1位指名にも大注目

Sponsored Link

渡部雅也のドラフトに期待する声も

渡部雅也選手は甲子園出場こそ2年春の一度だけではあったものの、素質の高さはスカウトからも認められているところです。

U18日本代表候補にも選出されていますし、高校野球ファンとしてもドラフトでの指名が楽しみですね!

ドラフト前の予想では4巡目以降での指名が濃厚と見られているものの、各球団のスカウトはどんな戦略を立ててくるのか。

日大山形・渡部雅也捕手の指名にも期待して、今後の活躍を追い掛けていきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック