2020注目の外野手

直井宏路(桐光学園)の俊足好打に注目|中学では東日本選抜にも選出

桐光学園で1年春からベンチ入りを果たしていた、麻生ボーイズ出身の直井宏路(読み方は「なおい こうじ」)選手。

攻守に存在感を示す左投げ左打ちの外野手で、中学時代には東日本選抜にも選出された逸材です。

1年の2018春から早々にベンチ入りを果たしており、中心選手としても注目の選手なんですよね!

これからの活躍に期待が高まる、桐光学園の直井宏路選手を特集してみました。

直井宏路の中学時代は麻生ボーイズ出身

小学生の頃に栗木ジャイアンツで野球を始めた直井宏路選手は、中学では川崎市立はるひ野中学に通いながら麻生ボーイズに所属していました。

中学1年の秋には、2年生がズラリと並ぶスタメンに下級生として唯一、ライトのポジションで名を連ねていましたね!

また中学3年時には実力が高く評価され、鶴岡一人大会の東日本ブロックに選出。

このときの選抜メンバーには常総学院・小木曽星音選手や山梨学院・小吹悠人選手らがいましたから、高校での激突にもぜひ注目していきましょう。

参考:小木曽星音(常総学院)の打撃センスに注目|広角への鋭い打球でドラフトなるか

Sponsored Link

桐光学園・直井宏路は打撃センスに注目

中学に続いて桐光学園でも下級生からレギュラーを勝ち取っていた直井宏路選手ですが、2019秋からは一番・センターで先頭打者として打線を引っ張っています。

神奈川大会準決勝・三浦学苑戦でもタイムリーを放ったほか、2回戦の強豪・横浜隼人戦では三塁打を含む2本の長打を放ち、勝利を呼び込みました…!

バットコントロールの巧い左打者で、選球眼も良いためリードオフマンにぴったりの選手だと思います。


前チームから四番に座る安達壮汰選手に注目が集まる一方で、直井宏路選手は間違いなく桐光学園打線のキーマンと言えるでしょう。

チャンスメイクはもちろんのこと、自身がチャンスをモノに出来る力も秘めている選手だけに、これからの活躍も非常に楽しみです!

参考:桐光学園・安達壮汰は日本代表の逸材|エースで四番もプロでは打者か

Sponsored Link

桐光学園・直井宏路は俊足も攻守に光る

打撃センスに加え、直井宏路選手の大きな武器となっているのがその脚力です。

攻守に光る俊足ぶりは目を見張るものがあり、塁上に出た際には相手バッテリーの驚異的な存在になるでしょうね!

警戒されながらも盗塁を決める集中力もありますし、出塁率が高いバッターだけに直井宏路選手が還ってくるパターンが確立できると、桐光学園としても得点力が格段に上がると思います。


外野の間を破った打球で1つ先の塁を陥れる走塁センスも兼ね備えているため、どんどん暴れまわってほしい選手です。

2年生ながらU18日本代表に選出された鵜沼魁斗選手をはじめ、ライバル校の東海大相模も積極的な走塁で流れを呼び込んでいますしね…!

桐光学園の甲子園出場においては直井宏路選手の活躍が不可欠だと思いますし、俊足リードオフマンの成長には今後も注目していきましょう!

参考:東海大相模・鵜沼魁斗は日本代表|ドラフト注目のずば抜けた打撃センス

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック