2020注目の内野手

西里颯(興南)の打撃センスに注目|堅守でも魅せるイケメン三塁手

沖縄・興南で2018夏に甲子園を経験した西里颯(にしざと そう)選手。

1年生ながらスタメンで出場して5安打を放ち、全国から注目される存在になりました。

ミート力が高く打撃センスに優れる右打者で2019春からは一番を任されており、将来が非常に楽しみな選手です。

1年夏には甲子園打率6割超えを記録した好打者・西里颯選手について特集していきましょう。

 

西里颯は中学時代にも全国出場

沖縄・興南で2019春からトップバッターを務める西里颯選手について、まずは簡単なプロフィールからまいります。

名前:西里颯(にしざと そう)
身長:176cm
体重:68kg
投打:右投右打
出身:石垣市立石垣第二中学

1年生の夏から守備位置はサードを任されていますね。出身の石垣第二中学校では軟式野球部に所属し、2年生の夏には全国大会にも出場しました。

当時から同世代では野球センスに優れた存在として注目されていたとのことで、強豪・興南高校で1年生からスタメンに抜擢されたのも納得です。

身長・体重から見ると現段階では少々線が細い印象を受けますが、これからのトレーニングで打撃にパワーも付いてくると更に相手投手に脅威を与える存在になっていくと思います。

Sponsored Link

興南・西里颯の打撃は逆方向のさばきが見事

甲子園でも高打率をマーク

1年生として出場した2018夏の甲子園では、背番号18ながら七番・サードとして実質レギュラーでスタメン出場していた西里颯選手ですが、そのミート力の高さは高校野球ファンの間でも話題になっていました。

1回戦の土浦日大(茨城)戦ではシャープな打撃で4打数3安打と躍動。初の甲子園で物怖じしない精神力も素晴らしいものを持っています。


1打点も記録する活躍で6対2と勝利したチームに大きく貢献していますし、続く2回戦の木更津総合戦でもその勢いは止まりません。

チームは0対7と敗退を喫したものの、西里颯選手はこの試合でも4打数2安打と気を吐き、初めての甲子園2試合で8打数5安打と打率は6割2分5厘をマーク。

土浦日大戦では3本中2本が右方向への当たりで、変化球をしっかりと右へ持っていく技術の高さには驚かされました。

俊足ぶりにも注目

バッティングセンスに加えて木更津総合戦ではショートへのボテボテの当たりを内野安打にしており、瞬発力を絶賛する声も挙がっていますね。

右打者ですが俊足にも警戒が必要で、相手投手として非常に嫌なバッターでしょう。

1年生からレギュラーとして活躍する帝京の小松涼馬二塁手なんかもそうですが、スピードのある右打者は打席に見ごたえがあって個人的にもすごくワクワクします。

2019春からは一番に打順を移していますから、これからの興南を引っ張るリードオフマンとして目が離せません…!

参考:小松涼馬(帝京)は攻守で存在感|抜群の身体能力は全国トップクラス

Sponsored Link

興南・西里颯は守備もイケメンすぎる

抜群のボディーバランス

甲子園で躍動したバッティングに注目が集まっていますが、興南・西里颯選手の持ち味は打撃だけではありません。

俊敏性を活かした、1年生とは思えないサードでの守備に魅了された観客も少なくなかったと思います。

土浦日大戦ではエラーも記録し、タイムリーヒットの場面では「打って借りを返そうと思った」と話していましたが、この夏で一番記憶に残ったのは木更津総合戦での守備です。

5点ビハインドで迎えた9回の守備で、相手打線の先頭打者が三塁線へのセーフティーバントを試みた場面。

左打者で勢いを殺した上手なバントだったのですが、西里颯選手は素早いチャージからそのまま一塁へランニングスローでアウトにしました。

普通ならセーフだったでしょうし、バッターは1安打損した感じで気の毒にさえ感じたほど。

内野経験者ならわかるかと思いますが、サードのこの動きって身体がホーム方向に流れるため正確な送球がすごく難しいんですよね。

ゴロを処理しているので当然、身体も右肩が地面の方に傾いていますし、当たり前にやっているように見えてかなり難易度の高いプレーです。

それを1年生の夏でやってのけるあたり、見事としか言いようがありません。

ドラフト注目の宮城大弥投手も、こういった能力の高い野手がバックについているのは非常に頼もしいでしょうね!

参考:興南・宮城大弥がドラフト上位と評される理由はチェンジアップにある

イケメン選手としても大人気

またサードでの打球処理が見事だったことに加え、西里颯選手はイケメン選手としてルックスも話題になっていました。


身体能力の高さがプレーに溢れ出ている上に端正なルックスも持ち合わせているあたり、本当にこれからが楽しみな選手です。

注目の左腕エース・宮城大弥投手も2019春の九州大会で好投を見せていますし、チームとしても夏の甲子園に期待がかかります。

広陵の宗山塁内野手や智弁和歌山・細川凌平外野手らもイケメン選手として話題になっていましたが、大いに甲子園を沸かせてほしいですね…!

プレーでも観客を惹きつけるイケメン選手として、西里颯選手の今後の活躍に注目していきましょう。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック