2020注目の内野手

松本陵雅(東海大相模)は俊足好打|攻守で光る抜群の野球センスに注目

2年生ながら東海大相模のスタメンに名を連ねる、右投げ右打ちの松本陵雅(まつもと りょうが)選手。

二遊間をこなす守備にくわえて優れた打撃センスも兼ね備え、これからの成長にも期待がかかります。

攻守にスピード感があり、活躍が楽しみな選手なんですよね!

今後もチームの中心選手として期待がかかる、東海大相模の松本陵雅選手を特集してみました。

 

松本陵雅は出身の秦野シニアでも活躍

松本陵雅は神奈川の秦野市立西中学の出身で、野球では秦野シニアに所属していました。

その秦野シニアでは1年生時から背番号6をつけて活躍していますね!

上級生に交じってレギュラーとしてプレーしていたあたり、当時から才能を発揮していたことがわかります。


走攻守にレベルの高い選手ですが、 中学時代には二度の全国大会も経験。

三拍子揃った内野手として有名な選手でしたし、東海大相模でも2年生の2019春からスタメンでの起用が多くなっています。

茂谷光選手らと共に、今後の内野陣を引っ張る存在として期待がかかりますね!

参考:東海大相模・茂谷光は全国的に注目されるべき選手だと思う

Sponsored Link

東海大相模・松本陵雅が見せる抜群の打撃センス

ミート力に長けたバッティング

2年生でスタメンに名を連ねる松本陵雅選手は、まず右打席での高いミート力に注目です。

2019夏の甲子園初戦の近江戦でも、ドラフト注目左腕・林優樹投手から貴重なタイムリーをレフト前に運びました…!

シャープなバッティングで左右にライナー性の当たりを連発する好打者なんですよね。

松本陵雅選手は2019秋からの新チームでは、上位打線に入る実力を十分に持っている選手と言えるでしょう。

参考:林優樹(近江)がドラフト候補の高校生左腕で一番気になるのはなぜか

ホームランも打てる長打力も

身長169cm・体重71kgと決して大柄ではない松本陵雅選手ですが、スタンドへ叩き込む力も十分に持っています。

2019春の神奈川大会決勝・桐光学園戦でも、見事なホームランを放ちましたね!

右の大砲・西川僚祐選手らのように積極的にホームランを狙う長距離ヒッターではないものの、油断すると一発があるのは大きな魅力と言えます。

参考:西川僚祐はドラフト確定の逸材|高校通算ホームラン記録は更新なるか

Sponsored Link

松本陵雅は東海大相模の強さを体現する選手

俊足ぶりが光る

素晴らしい打撃センスを見せる一方で、松本陵雅選手の武器として俊足ぶりも見逃せません。

神奈川大会・甲子園ともに2019夏の戦いでは盗塁を決めていますし、塁に出すと非常に厄介な選手なんですよね。

東海大相模の強さは強力打線もさることながら、その積極的な走塁にあるとも言われています。

俊足で走塁センスもある松本陵雅選手は、今後も攻撃面で大きく貢献するでしょう。

レギュラー争いをしている加藤響選手とは切磋琢磨して互いに上を目指してほしいですね!

参考:加藤響が東海大相模を選んだ理由を知って将来がもっと楽しみになった

軽快な動きを見せる守備

さらに松本陵雅選手は守備での動きも良く、軽快なフィールディングは見るからに技術の高さを感じさせます。

主にセカンドで出場する選手ですが、甲子園ではショートでスタメンに名を連ねるなど複数のポジションを守る器用さも併せ持っていますね!

守備範囲が広いうえに安定感もありますから、守りでの俊敏な動きにもぜひ注目していきましょう。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック