2020注目の投手

村上仁将(熊本工)は球速以上に素晴らしいピッチャーだと思う

2019夏の熊本大会で2年生ながらフル回転を見せた村上仁将(読み方は「むらかみ まさゆき」)投手。

140キロを超えるストレートを武器とする本格派右腕で、将来が楽しみなピッチャーです。

夏の甲子園でも山梨学院との初戦にリリーフで素晴らしい投球を見せ、一気に知名度が高くなりましたね!

今後の成長にも期待がかかる村上仁将投手について、詳しく見ていきましょう。

 

熊本工・村上仁将は球速140キロ超のストレート

甲子園での最速更新なるか

熊本工業の村上仁将投手は身長170cm・体重73キロと、上背はないもののどっしりとした体格のピッチャーです。

最速142キロのストレートには球威があり、2019夏の甲子園での自己最速更新も十分に可能性がありますね!


腕を思いきり振って投げ込む姿が印象的な投手で、2019夏の熊本大会では4試合に登板してわずかに失点は1。

右の本格派は、安定感も抜群と言えるでしょう。

奪三振にも期待

熊本工業の村上仁将投手は球速にも注目が集まりますが、三振を奪える投手としてもチームに大きく貢献しています。

2019夏の熊本大会決勝・九州学院戦でも、6回裏の一死満塁のピンチを2者連続の見逃し三振で切り抜けましたね…!

奪三振数は熊本大会17イニングで12個と驚くような数字ではないものの、ピンチの場面で三振を奪えるあたりに強みを感じます。

甲子園の舞台でもドラフト注目の関東一・谷幸之助投手らとの投げ合いは非常に楽しみです。

参考:関東一・谷幸之助はドラフトなるか|球速150キロ目前の未完の大器

Sponsored Link

熊本工業・村上仁将の武器は球速だけじゃない

精度の高い変化球

村上仁将投手は球速140キロ超えのストレートに加え変化球の精度も高く、上手に打者のタイミングをずらせるピッチャーです。

真っ直ぐに球威があるだけに力で押したくなりそうなものですが、緩急をつけたピッチングが出来ることも魅力の1つでしょう。


ストレートにスライダーを織り交ぜた投球は安定感がありますし、ドラフト注目の野村健太選手ら強打の山梨学院打線を封じたことは何よりの自信になるでしょうね…!

参考:野村健太(山梨学院)は中学で全国制覇|ホームランの推定飛距離は異次元

抜群のマウンド度胸

2019夏の甲子園・山梨学院戦でも粘り強いピッチングで勝利を呼び込みましたが、村上仁将投手の精神力は素晴らしいものがあります。

基本的にはリリーフでの登板が多いのも、試合の途中からでも安心してマウンドを任せられるという信頼の裏返しでしょう。


得点圏にランナーを置いた場面でも際どいコースでストライクを取ることができますし、マウンド度胸はとても2年生とは思えないものがありますね!

田中亮誠選手・内田雄大選手とプロ注目の選手もいますから、熊本工業の戦いは非常に楽しみです。

参考:熊本工の注目選手を紹介|ドラフト注目の二人は甲子園でも暴れるか

Sponsored Link

熊本工業・村上仁将は将来性にも期待

落ち着いたマウンドさばきを見せる村上仁将投手ですが、2019夏に甲子園を経験したことも大きな財産になるはずです。

ドラフト注目の剛腕・浅田将汰投手を擁する有明と対戦した熊本大会の準決勝も刺激になったでしょうし、これからの伸びしろにも注目したいところですね。

出身の八代市立第三中学では目立った成績こそなかったものの、飛躍を遂げる高校野球生活になりそうですね!

熊本工業・村上仁将投手の成長にも期待して、応援していきたいと思います。

参考:浅田将汰(有明)のドラフトに注目|150キロ間近の二刀流は夏に輝く

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック