2019北海道大会

2019夏・駒大苫小牧の注目選手|強打のクリーンナップと堅守の三遊間

2019春の全道大会を制し、夏の戦いにも期待がかかる駒大苫小牧。南北海道大会の1回戦では札幌大谷との対戦が決まり、全国的にも話題になっていますね。

最速144キロを誇る本格派右腕・北嶋洸太投手を中心とした守りに加え、各務泰生(かがみ たいき)選手・竹中研人選手らをはじめ打撃陣にも力が付いてきました。

充実した戦力で夏の甲子園を狙う、駒大苫小牧の注目選手を見ていきましょう。

参考:駒大苫小牧・北嶋洸太の奪三振に注目|佐々木監督が全幅の信頼を置く理由

 

チーム随一の打撃センスを見せる各務泰生

室蘭支部予選決勝で苫小牧中央の好左腕・根本悠楓投手からサヨナラタイムリーを放った、右投げ左打ちの各務泰生選手。

大会前の不振により予選では背番号18でしたが、三番・センターで出場する各務泰生選手は間違いなく2019年の駒大苫小牧を代表する好打者です。


身長171cmと長身ではないものの、体重88kgのどっしりとした体格から強いスイングで鋭い打球を連発。

長打も期待できるバッターですし、実際に春の全道大会決勝では苫小牧工業の外野手がありえないほどフェンスギリギリまで下がっていました。

センターを中心に弾き返す巧さも兼ね備えている選手ですから、南北海道大会でも駒大苫小牧打線のキーマンとなるでしょう。

 

ホームランに期待の強打者・竹中研人

各務泰生選手と主軸を務めるのが、同じく左打ちの竹中研人選手。キャッチャーとしてのリード面はもちろん、四番としての強打でもチームを引っ張ります。

身長180cm体重100kgの大柄な選手で、春の全道大会に続き、夏の室蘭支部予選でもホームランを放っていますね…!


スクワットプレスで230キロを軽く持ち上げるパワーは文句なしのチーム一で、芯でとらえた打球の速さも目を見張るものがあります。

以前と比べて低めの変化球に対する選球眼も良くなった印象を受けますね。

当然ながら相手バッテリーの警戒も強くなるでしょうが、ボール球に手を出さない冷静なバッティングが出来ると好投手相手にも十分に戦えるバッターだと思います。

Sponsored Link

攻守にセンスを見せる辻本直樹

一番・ショートで中心選手として活躍する辻本直樹選手は、前チームからもショートを任されていました。

グラブさばきの上手さはシートノックでも際立っていますし、こういった守備力の高い選手がショートにいるのは北嶋洸太投手としても非常に心強いでしょう。

また辻本直樹選手は攻撃面にも注目で、先頭打者としてもミート力の高さが光ります。


俊足を活かして果敢に次の塁を陥れる積極性もありますし、レフト線に強い打球を飛ばすなど、思い切りの良さを見てもリードオフマンに相応しい右打者です。

出塁率が高いバッターだけに、辻本直樹選手の出来もチームの得点に大きく影響を与えるでしょう…!

 

堅守と好打が光る大沼恒介

サードを守る大沼恒介選手は1年秋から内野を守るなど、早くから実力が高く評価されていた野手です。

春の全道大会決勝で右手の甲に死球を受けた影響が心配でしたが、夏には間に合って背番号5を勝ち取りました。

小学時代には日本ハムファイターズジュニアに選出されていますし、野球センスの高さはプレーを見ればすぐにわかります。


以前守っていたショートからポジションをサードに移した後も堅守は健在で、イレギュラー気味の打球も難なく捕球するなど守備の安定感は素晴らしいものがありますね!

加えて、コースに逆らわずに打ち返すシャープなバッティングも期待できる選手ですから、打席での存在感にも注目していきたいところです。

Sponsored Link

駒大苫小牧は2年生中心の投手陣も充実

クリーンナップを任されることも多い岩舘真斗選手ら、野手に能力の高い選手が揃っている駒大苫小牧ですが、北嶋洸太投手以外にも投手陣は充実しています。

柄目大作投手、綿路翔英投手らは継投も十分に考えられますし、札幌第一や北照など札幌大谷以外にも強豪がひしめく山を勝ち抜くためには北嶋洸太投手以外のピッチャーの奮起が不可欠でしょう。

個人的には良い働きを見せる福岡爽太選手にも期待しています…!

以前記事にした通り、最強のブラバンも後押しする駒大苫小牧。2019夏の戦いにも期待して応援したいと思います。

参考:駒大苫小牧の野球応援(吹奏楽)はなぜ毎年あんなにも最高なのか

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック