2023ドラフト野手

横田悟(近江)は野球センス抜群|中学は湖東シニアで関西選抜の注目株

2021春から近江高校の野球部に加入し、チームの中心選手への成長が楽しみな横田悟(読み方は「よこた さとる」)選手。

ずば抜けた身体能力を誇る内野手で、守備範囲の広さや鋭いスローイングをはじめグラウンドでワクワクさせてくれる注目選手です。

中学時代には湖東シニアでプレーしており、関西選抜に選出されるなど早くから野球センスは目を見張るものがありましたね…!

近江高校からドラフト候補として全国的な注目選手になるであろう、横田悟選手を特集していきましょう。

参考:近江の2021新入生は?高校野球ファン必見のメンバーは投打に充実

横田悟の中学時代は湖東シニア出身で関西選抜

横田悟選手は彦根市立中央中学の出身で、野球では湖東シニアでプレーしていました。

一番・ショートでチームを引っ張り、攻守での野球センスは当時から頭一つ抜けていた内野手です。

内野の要として活躍する一方で投手としてマウンドを任され、最速130キロ超のストレートを投げ込む強肩も兼ね備えているんですよね…!

湖東シニア時代にも実力が高く評価され、台湾遠征の関西選抜メンバーに選出されたほか、滋賀選抜にも名を連ねていました。

近江でも1年から背番号を勝ち取り2021夏の甲子園でもベンチ入りを果たしていますが、横田悟選手のポテンシャルを持ってすれば納得と言わざるを得ません。

Sponsored Link

近江・横田悟は守備力の高さに注目のショート

守備範囲の広さ

近江高校でも活躍が楽しみな横田悟選手ですが、まず注目したいのは守備力の高さです。

高校でも1年夏からスタメン出場しており、ショートのポジションで見せる守備範囲の広さは圧巻。

球際に強い守備で、三遊間に飛んだヒット性の打球も難なく処理していきますし、2021夏の甲子園・大阪桐蔭戦でもファインプレーを披露しました。

前後の動きも軽快で、身長166cm・体重69kgの体格で躍動する横田悟選手の守備は高校野球ファンを沸かせてくれるでしょう。

強肩にも注目

また横田悟選手は俊敏性に加えて、強いスローイングも魅力の内野手です。

中学時代にはピッチャーで球速130キロを上回るボールを投げ込んでいましたが、スローイングの良さは内野守備でも抜群ですね!

三遊間の深いところからもノーバウンドで一塁に送ることができますし、実際に2021夏の甲子園・日大東北戦でも自慢の強肩で沸かせました。

近江で高校ナンバーワンショートとも称された、2020ドラフト3位の土田龍空選手(中日ドラゴンズ)の名前も引き合いに出されているあたり、横田悟選手のポテンシャルの高さを感じますね…!

Sponsored Link

近江・横田悟はバッティングも見もの

横田悟選手は守備で魅せる一方で、右打席でのバッティングも見逃せません。

鋭いスイングで1年時から高校レベルの速球も力負けせずに弾き返していますが、元々ミートが上手い右打者だけに外野手の頭を超える打球も連発するようになるでしょう。

さらに小技も使える器用さも持ち合わせていて、守備でも魅せる俊足は攻撃面でも大きな武器に。横田悟選手はとにかくプレーの随所に自信がみなぎっていて、攻守で目が離せない選手なんですよね…!

2022ドラフトが期待される先輩・山田陽翔選手に続き、横田悟選手が2023ドラフトで話題になる可能性は十分でしょう。

ちなみに近江OBである横田大選手とは兄弟ですから、お兄さんの想いも背負って甲子園で躍動してくれることに期待しています!

参考:山田陽翔(近江)は中学日本代表|球速に期待の豪腕は兄も大阪桐蔭

2021ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック