2022注目の投手

勝本晴彦(大崎)は完成度に注目|中学時代は長崎選抜の大型左腕

出身の福江中学では主戦で活躍し、長崎の大崎高校でも1年の2020秋から投手陣の一角で活躍している勝本晴彦投手。

キレのあるストレートと高い制球力を武器としたピッチングは安定感があり、これからが楽しみな注目の左腕です。

2020秋の九州大会では決勝で先発のマウンドを任され、大崎の九州大会優勝に大きく貢献していましたね!

身長180cmを超える体格からも将来性に期待のかかる、大崎高校の勝本晴彦投手を特集していきましょう。

参考:県立大崎の2021メンバーは?注目選手がズラリで躍進に期待大

勝本晴彦の中学時代は福江中学で長崎県選抜

左投げ左打ちの勝本晴彦投手は五島市立福江中学校の出身で、中学時代は軟式野球部に所属していました。

当時から178cmの長身を活かした投球で相手バッターを翻弄し、主戦となって活躍。

福江中学での活躍が評価された勝本晴彦投手は長崎県選抜のメンバーにも選出され、『全国中学生都道府県対抗野球大会 in 伊豆』にも出場していましたね!

先発ピッチャーとしてマウンドに上がった神奈川選抜戦では、4回1/3を無失点に抑える好投で勝利に貢献。

県立大崎でも1年の秋から投手陣の一角で活躍を見せていますし、これからの活躍が非常に楽しみな投手ですね!

Sponsored Link

県立大崎・勝本晴彦は完成度に注目のピッチャー

優れた制球力は見もの

県立大崎でも投手陣の柱への成長が楽しみな勝本晴彦投手ですが、まず注目したいのが制球力の高さです。

どのボールも低めにしっかりコントロールされていて、四死球もほとんど与えないピッチャーなんですよね!

先発した2020秋の九州大会決勝・福岡大大濠戦では初回にホームランこそ打たれたものの、2回以降は低めを丁寧に突くピッチングで相手打線を2安打に抑えていました。

持ち前の制球力を活かして、相手打線を手球に取っていくピッチングは高校野球ファンもたまらないでしょう…!

高低はもちろん、内外角の出し入れもできるため、勝本晴彦投手のコントロールには要注目です。

変化球の精度が高い

高い制球力を武器にしている勝本晴彦投手ですが、精度の高い変化球も大きな魅力です。

球種のなかでも特に、緩いカーブとカットボールは非常に有効なボールとして機能していて、巧みな投球術で相手バッターを翻弄。

しっかりと腕を振って投げている分、打者からしても非常に打ちにくいボールになっていますね…!

2020秋の大会でも精度の高い変化球を武器に、テンポのいいピッチングで凡打の山を築いていました。

試合後半になっても的を絞らせない配球も見事ですし、バッテリーを組む調祐李選手とのコンビにも注目したいところです。

参考:調祐李(大崎)はドラフト期待|中学でも全国の強肩強打は攻守の柱

Sponsored Link

県立大崎・勝本晴彦は球速以上のキレも期待

驚くようなスピードこそないものの、球速以上に速さを感じさせるストレートも武器になっている勝本晴彦投手。

2020秋の九州大会でも、相手打者がストレートに差し込まれる場面が印象的でした。

身長181cmから長い手足をいかし、腕が遅れて出てくるようなフォームで投げている点も、攻略が難しい要因の1つではないでしょうか…!

身長181cm・体重65kgとまだまだ体格的には細身ですし、高校で身体ができてくればさらなる球速アップは間違いないでしょう。

1学年上にもドラフト期待の坂本安司投手がいますから、県立大崎のハイレベルな投手陣のなかで勝本晴彦投手にも存在感を示してほしいですね!

参考:坂本安司(大崎)はドラフト期待|球速も注目の右腕は日野中学で全国

Sponsored Link

勝本晴彦は大崎高校で九州屈指の左腕になる

2020秋の九州大会決勝でも完投を披露し、大崎高校の優勝に大きく貢献した勝本晴彦投手。

抜群の制球力を中心に安定した投球を見せていましたし、変化球の精度も見逃せません。

身長181cm・体重68kgの体格的にも大きな将来性を感じる投手ですから、九州屈指の左腕への成長を楽しみにしたいところ。

同世代にはドラフト期待の田栗慶太郎選手をはじめ野手陣もハイレベルな選手が揃うだけに、勝本晴彦投手の進化は大崎躍進の鍵を握るでしょうね…!

可能性を秘めた大型左腕に注目しつつ、全国の舞台での快投を追いかけていきたいと思います。

参考:田栗慶太郎(大崎)はドラフト期待|中学日本代表は打撃センス抜群

2021ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック