2021注目の内野手

青木良弘(常総学院)は強打に注目|大暴れと覚醒に期待の主軸

中学では東京の稲城シニアで主力として活躍し、常総学院でも2020秋からレギュラーの座を掴んでいる青木良弘選手。

右方向へも長打が打てるバッティングを武器にする右の強打者で、チャンスでの勝負強さも大きな魅力になっています。

2020秋の大会でも四番を務め、チームの関東大会準優勝に大きく貢献していましたね!

常総学院の主軸として2021シーズンの活躍にも期待のかかる、青木良弘選手を特集していきましょう。

参考:常総学院の2021メンバーは?注目選手が投打に揃うチーム力に期待

青木良弘の中学時代は稲城シニア出身

右投げ右打ちの青木良弘選手は中学時代、硬式野球チームの稲城シニアに所属していました。

優れた打撃センスを発揮して早い時期から頭角を現し、中心選手の一人で活躍。

中学3年時にはクリーンナップを務めて稲城シニアを牽引し、全国大会出場にも大きく貢献していましたね!

強豪の常総学院でも2020秋から四番を任されていますし、ここからの成長が非常に楽しみな選手と言えるでしょう。

Sponsored Link

常総学院・青木良弘は強打に期待

パワフルなバッティング

青木良弘選手の大きな武器となっているのが、がっちりした体格をいかしたパワフルなバッティングです。

身長171cm・体重78kgの体格からの力強いスイングで、球威のあるピッチャーでも苦にしないパワーを秘めています。

また、場面に応じたバッティングができることも青木良弘選手の大きな強みで、ランナーを返すためのバッティングと長打を狙うときの切り替えにも注目ですね…!

ここからのトレーニングで更にパワーがついて、ホームランが増えてくると一層の活躍が期待できるでしょう。

右方向への長打

また豪快なスイングに加えて、逆方向へも長打が打てる技術も兼ね備えている青木良弘選手。

2020秋の新潟での招待試合では逆方向へ三塁打を放つなど、持ち前の長打力を発揮。

ライト方向にも強い打球が打てるのは青木良弘選手の大きな魅力ですし、相手バッテリーとしても警戒を強めるでしょう。

また、外角を長打にされると相手バッテリーにとっても攻めにくくなりますから、配球の面でも優位に立つことができますね!

抜群の打撃センスを誇る宮原一綺選手らと共に、常総学院打線の核になるバッターであることは間違いありません。

参考:宮原一綺(常総学院)は打撃センス抜群|強肩も期待の外野手は覚醒なるか

Sponsored Link

常総学院・青木良弘はチャンスでの勝負強さも

青木良弘選手はパワフルなバッティングだけでなく、勝負強さでもチームに大きく貢献しています。

2020秋の関東大会1回戦・前橋商との試合では初回に訪れた一死一・三塁の場面で先制タイムリーを放って流れを呼び込みました。

準決勝の東海大甲府との試合でも初回に先制タイムリーを放っており、コールド勝ちに大きく貢献していましたね!

秋本璃空投手をはじめ投手陣は力があるだけに、打線が厚みを増すと2021世代の常総学院はより強くなりそうです。

青木良弘選手はその中核を担う右打者ですから、これからもチャンスでの勝負強さには大いに注目していきましょう。

参考:秋本璃空(常総学院)はドラフト期待|球速だけじゃない右腕に大注目

Sponsored Link

青木良弘の覚醒が常総学院の躍進の鍵

2020秋から常総学院の四番を任され、2021春の選抜甲子園当確にも貢献した青木良弘選手。

逆方向へも長打を打てるバッティングは大きな魅力ですし、がっちりした体格からも将来性を感じる選手ですね。

青木良弘選手の活躍が躍進の鍵を握っていることは間違いないですから、確実性を高めてもうひと回り大きくなると手がつけられなくなるんじゃないでしょうか…!

2021ドラフト期待の三輪拓未選手をはじめ注目選手が多い常総学院でも、十分に主役になれる可能性を持っている右打者。

常総学院のさらなる躍進に注目しつつ、甲子園の舞台で暴れまわる青木良弘選手にも期待したいですね!

参考:三輪拓未(常総学院)は中学日本代表|華麗な守備でドラフト期待

2021ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック